編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

さらに読みやすく

 先週号から目次を2頁にしました。詰め込みすぎとのご批判をいただくことが多いので、読みやすさ、見やすさを優先して写真も入れてゆったりと組んでみました。昨秋から本誌の特集は文字を大きくしましたが、一般記事はまだ変更をしておりません。一般記事も、文字の大きさや頁当たりの分量など変更をかけていく予定です。

 記事の中身についても「読みにくい」というご批判をいただきました。硬いテーマは、インタビュアーを立てるなどして話言葉で整理し直したり、グラフや表を入れるなどして理解を補えるよう工夫を心がけてはおります。しかし、まだまだ努力が足りないようです。読者の方からのご指摘は社内で共有しておりますので、具体的な解決案を誌面で示していくつもりです。

 今週号の表紙となっている弁護士の亀石倫子さんは、小誌とは人権課題について考え方が違う部分もありますが、これまでの活動に注目して登場いただきました。今後も、是々非々で議論していきたいと思います。

改元の政治利用

 今週号は合併号明けで10連休を挟み、しかも作業日が1日少ない。そんななかで迎えた今日の校了日。編集部はいつにもまして慌ただしい。独自の印刷所をもっているわけではなく、世界は動いているのにその動きをほとんど反映できないもどかしさを抱く。

 10連休が終わってみると、改元の政治利用ばかりが印象に残った。メディアはそれを批判するどころか、便乗するだけでうんざり。そんななか、『沖縄タイムス』が5月1日~3日付けで載せた批判的論考に目がとまった。目取真俊、新川明、川満信一各氏による「代替わりを問う 天皇制と沖縄」。掘り下げるべき論点が明快で、メディアに関わるものとして身が引き締まる思いがした。

 この夏の参院選挙は、衆参同時選挙も囁かれている。選挙に向けたこの間の自民党による雰囲気づくりは、一定程度成功したのかもしれない。後半国会の野党の論戦とメディアの政権チェックが重要になる。本誌もそのことを肝に銘じ、今日からの誌面作りにあたりたい。