編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

増ページ

「ええっ? それは……」

 厳しい要請が進行担当の文聖姫から発せられる。そして姉御は、情け容赦なく私たちのお尻を叩く(気がする)。1年に一度だが、今週がまさにその時。通常、発売の週の火曜日にその号の編集作業を終えるのだが(=校了)、今週に限っては月火がお休みなので、前週の金曜日までに作業を終えなければならないのだ。

 前週の火曜日には前週号の校了があるわけで、私など頭がこんがらがってしまう。校閲、デザイナー、組版所らとの連係プレーが特に重要だ。

 今週号から月2回ほど、ぶんか欄の「書評」を増ページする予定だ。出版社はもちろん著者の方、読者の方からもさまざまな本を送って戴く。これがいずれも良書ばかり。スペースの関係でごくごく一部しか紹介できないことに、いつも胸が痛んでいた。

 だから増ページを私自身、素直に喜ぶ。といっても、取りあげる本が月4週とすると、12冊だったのが18冊に変わるだけだが。「書評」に取りあげられなくても、企画の参考にさせていただきます。

終わらない

 菅義偉氏が次期首相に就任する。菅氏というと私は、望月衣塑子記者の質問に苛立つ姿と選挙の応援演説で見せる笑みとの落差、そして「ふるさと納税」を思い浮かべる。

 2006年に西川一誠福井県知事(当時)が提案した「故郷寄付金控除」に着想を得て、総務相だった菅氏が主導し、制度化した。返礼品の特典がつくので過熱気味だった。高価な返礼品を咎められた大阪・泉佐野市が国を訴えて勝訴するという事態まで起きた。

 負担なき寄付といわれる一方、寄付者の居住自治体と国庫(地方交付税交付団体の場合は税収減の多くが国の交付税で補填されるので)が実質的な負担をしているという事実が顧みられない点などを本誌では16年、問題にした。

 その取材で関係者から伺った話が本当だったと9月12日付『朝日新聞』で知った。ふるさと納税に異を唱えた官僚が左遷されたという話だ。当該の平嶋彰英さんがインタビューに応えていた。菅氏は「政策反対なら(官僚は)異動」と発言している。アベ政治は終わらない。

悪い予想

 やっぱりそうか。悪い予想は当たる――。次期首相に菅義偉官房長官が選任される可能性が高くなったということではない。「東京五輪、開催経費は史上最大 英オックスフォード大の研究」という共同通信が4日に発したニュースについてだ。

 大会経費だけで約1兆6800億円にのぼり、これには延期の費用が入っていないという。一つの試算にすぎないのだが、「世界一コンパクトな大会」という宣伝文句で勝ち取った大会のツケが回ってくる日は近いということか。

 大会の実施自体疑問だが、コーツIOC副会長はやると語っている。コロナ禍でダメージを受けた社会がさらに巨額の負債を抱え込む。

 たしかに安倍政権下で株価は上がったが、実体経済は違う。「スタート直後は『ロケットスタート』と評されるほど好調だったが、半年後には早くも失速しはじめた」と、今週号「経済私考」で高橋伸彰氏は書く。総裁選の3候補、いずれが首相になってもこの苦境は改善しそうもない。

 この予想、外れてくれたらいいのだが。

「悪夢狩り」

 安倍晋三首相が、辞任を表明。今週号は当初予定していた記事を差し替えて関係記事で特集とした。その後共同通信によると、首相は在任中に敵基地攻撃能力保有の方向性を示す意向を固めたと与党幹部に伝えたとのこと。

 は~?先の会見でも首相はやり残したこととして憲法改正、北方領土、拉致問題を挙げたが、福島原発事故や沖縄の新基地建設に言及していない。拉致問題はともかく、実現せずとも責められない「大いなる課題」に夢中で、目前の危機的課題は終始眼中になかった。

 本誌は懲りもせず、ずっと批判を続けてきた。第一次政権のときは「イデオロギーでなんでもかんでも批判するのはどうか」と言われ、第二次政権当初も「考えすぎ」と言われたが、特定秘密保護法あたりから「安倍さん、ちょっと怖いね」に変わってきた。

 今週号、雨宮編集委員の「悪夢狩り」の被害は、この政権の異様さを如実に表していて心底ぞっとした。トップが変わっても“アベ政治”が変わらなければ、社会の分断と荒廃は進むだけだ。

問題のありか

「あなた、147日間休まず働いてみたことありますか?」(今週号「無責任架空対談」)。連続執務の安倍晋三首相に休息が必要だと主張する麻生太郎副総理が今月17日、いつもの上から目線で発した台詞だ。

“おまえら、口出しするんじゃねえぞ”と言いたげだ。「芸人なら普通にあるんじゃないの」「主婦は365日休みなし」「首相動静で休みだらけなのはバレバレなんだが」とか、議論はおおいに盛り上がった。

 もちろん休養は誰にも必要なものだから、取るなとは言わない。大事なのは執務の中身。憲法に規定された臨時国会の早期召集を野党が求めても、コロナ対策についての会見を求めても、応じない。一義的な責任を果たさないことが問題なのだ。

 またまた今週号からで恐縮ですが、「健康不安説拡大する安倍首相の引き際」で南彰さんが重要な指摘をされている。(体調ばかりに焦点が当たって)「報道のフェーズ(位相)が変わったのは事実です」

 え? まんまと乗せられちゃったわけ?

正直驚いた

 慶應義塾大学病院への検査入院が発表されて、この間くすぶっていた安倍晋三首相の健康不安説が信憑性を増した。ポスト安倍をめぐる動きも一気に活発化するのだろう。

 などと書きながら、一方で、一個人の健康状態にさまざまな思惑が交差し、それがニュースにされてしまう政治家という仕事はつらいものだなあと感じたりする。このタイミングでただの「入院」はありえないということでしょう。

 もっとも安倍さんの場合は、これまで投げかけられたさまざまな疑惑が、自身の降板で一気に解明されてしまうという別種の不安がお強いのかもしれませんが。お察しします。

 モリカケからはじまる一連の疑惑は安倍長期政権のおごりとも言われる。今週号で取り上げた産業遺産情報センターの特集をみると、安倍政権の体質そのものにしか思えない。

 今回“おともだち疑惑”が投げかけられているのは加藤康子センター長だ。加藤氏の月刊誌への執筆記事には正直驚いた。何に驚いたのか──まず、今週号の特集を読んでいただきたい。

心底言いたい

 安倍晋三首相は巣ごもり中? コロナ感染拡大で政府の対応が求められているのに、野党が要求する臨時国会を開く気配もないし(今週号で53条違反をめぐる裁判を取りあげている)、政府の方針を説明する記者会見もしない。

“舎弟”議員からさえも、「政府は広報を至急改善を」と批判が出ていてちょっと驚いた。「さよなら!アベ政治」と心底言いたい!

 市民生活はコロナ禍に加えて日照不足と多雨のために、野菜が不作で高騰。契約している宅配では2週にわたってジャガイモが欠品。盤石な“ジャガイモネットワーク”が綻びを見せるなんて、よほどのこと。

 コロナが心配でお盆には実家にも行けない。時間ができたのでこの機会に読みたいと思っていた本を読もう。D・エルズバーグの『世界滅亡マシン 核戦争計画者の告白』(岩波書店)をはじめ、法律、詩、さまざまな会報も。

 今週号はこの夏二度目の合併号になるので、来週の刊行はありません。21日号でお会いしましょう。

大先輩のこと

 コロナ禍について、ずっと意見を聞いてみたいと思っていた人がいた。ジャーナリストの伊豆百合子さんだ。本誌では医療過誤や新薬の問題を取材・執筆されてきた。昨年暮れから入院されていたが、6月20日に亡くなったという知らせを先週いただき、正直、力が抜けてしまった。

 読売テレビにアナウンサーとして入社、途中から報道部に異動し、ディレクターとして活躍された。退社後は本も書かれた。731部隊にも詳しく、自身の情報源の一人、医学界の重鎮が隊員だったことを知り、衝撃をうけていた。自分自身そのことにどうけじめをつけるか、拘られていた。

 私が知り合ったのは二十数年前。電話で延々と話し続けてきたが、事情があってお会いしたことがない。「(あなたが)夢の中に出てきたのよ、でも後ろを向いてた」と楽しそうに話されたことも。女が働き続けるのが困難な時代に道を切り拓いた大先輩。ディレクターへの転身はたいへんだったはず。もっと話を聞きたかった。一度でいいからお会いしたかった。

バレバレ

 住んでいる区内の保育園でコロナウイルスのクラスター発生というニュースがあった。以前自分の子どもたちもお世話になっていた施設だから気になる。私の周りでもメールが行き交った。それにしても親密な空間が必要な保育園で、「3密」回避とは、何をどうしたらいいのだろう。

 リーダーズノート編集長の木村浩一郎さんが『PCR検査を巡る攻防』(リーダーズノート出版)という本を緊急発売された。「(PCR)検査拡大派」と「検査拡大に反対派」の主な認識、たとえば検査の精度の問題、医療崩壊の問題などで大きな食い違いはないのに、なぜ大論争になったのかを追っていて、興味深い。そこで行き当たるのは医療界の内部事情とメディアの問題だった。

 ステイホームの次はGo Toって、犬じゃあるまいし、というツイッターに苦笑。私たちは従順な犬になる必要はない(いや、お犬様に失礼!)。Go Toキャンペーンを前倒しする政府の下心、バレバレだものねえ。

他人ごとではない

 まずい。会社に向かう途中、乗っている自転車が突然の強風に煽られた。雨もポツポツ降り出してきた。鈍く光る雨雲を見上げる。

 九州を襲った豪雨は多数の方々の命を奪い、多大な被害を出した。自然災害の破壊力をニュース映像などで見せつけられた。亡くなられた方々にはお悔やみ申し上げ、被災された方々にはお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧を願ってやみません。

 元通りの生活を取り戻すのがどれだけたいへんか、去年、関東を襲った台風で被災した千葉にお住まいの読者の方から、定期的にメールをもらい、教えていただいている。自治体の支援を受けるにしても申請の手続きだけで時間がかかる。一人暮らしのお年寄りの方はきっと歯がゆい思いをされているに違いない。

 しかも、いまはコロナ禍の異常事態。そうでなくとも消耗する避難所生活はたいへんだろう。もともと劣悪な日本の基準をこの機会に見直して予算をつけてほしい。都知事選挙が終わった東京も、他人ごとではない。