編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

参院選

 今も多くの人が繰り返しその映像を見ている6月10日参院決算委員会での小池晃議員(共産党)と安倍晋三首相のやりとり。年金の財源をめぐり、小池議員から裏付けのある代替案が示されたにもかかわらず、安倍首相は切って捨てたばかりか、「ちなみに民主党政権下の3年間は(経済成長が)1回もプラスになっていない」とトンチンカンな付け足しをし、「民主党じゃないですから、私は」「無意味な反論をしないでくださいよ」と小池議員からいなされていた。

 自民党が下野した時代の「悪夢の民主党」が安倍首相はお気に入り。参院選のまっただ中、今度は立憲民主党の枝野幸男代表のことを「民主党の枝野さん」と故意に言い間違いをして聴衆から笑いをとっているという。党名が「ころころ変わっ」ていることを揶揄しているようだ。その幼児性、驚くばかりではないか。寒気がする。参院選は政権交代選挙ではないが、この政権にレッドカードを突きつけるのは私たちしかいないことを肝に銘じたい。

ドタバタ

 九州地方が大雨に見舞われ、避難指示や避難勧告が出されていると聞きます。すでに土砂崩れなどの被害が出ているそうです。被災された方々にはお見舞いを申し上げます。1日も早く日常生活に戻れるよう、祈っております。

 G20が終わったと思ったら、板門店でまさかの米朝会談。軽々と攻撃を仕掛けるのは厳禁だが、軽々と境界を越えることは歓迎だ、たとえパフォーマンスであっても。自分を大きく見せることだけに長けていて、実質が伴わない外交自慢のどこかの国のトップは、歯がみしてこのニュースを聞いたのだろう。五カ国協議? 進めてください。

 という次第で、月曜日の編集部はドタバタ。原稿を書く人、写真を選んでレイアウトを発注する人、目次を変更する人……。今回は記事の入れ替えが多いな。ミスはないか。えっ、校閲のIさんから、奥付の印刷者のお名前が変更になっているはず、と指摘を受ける。業務の町田に確認。本当だ。グッドジョブ、Iさん。

 いよいよ参院選の公示だ。