編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

幻の企画

 自分の祖母に長い間、参政権がなかったなんて想像がつかない。1946年の衆院選で当選し、初の女性国会議員の1人となった佐藤きよ子さん(1919~2019年)に本誌に登場していただこうと粘ったことがあった。

 佐藤さんの近くにたまたまお住まいだったジャーナリストのIさんから佐藤さんのことを聞きつけ、市民を置き去りにした当時の安倍政権に対して佐藤さんが「どう感じているのか」「当時の状況は」と取材を進めてもらった。

 佐藤さんは当時90代半ば、なかなか質問には答えていただけない。坂の上のお宅にIさんは足繁く通ったが、結局、企画は幻に終わった。

 しかし、当時関わっていらした路上生活者支援のために毛布を集めることについては多弁で、「他者に献身する姿は当時から変わらないのだろう」とIさんと話したことを思い出す。

 最近は権力欲ばかりの議員の露出が多くてうんざりだ。「爪の垢でも煎じて飲ませたい」とIさんだったら手厳しいだろう。お二人とも、今はいない。

お詫びします

 自民党総裁選が本誌発売日の9月17日に告示され、29日に開票されます。この時期の表紙選定の難しさなどについて、9月10日号の本欄で言及しました。さらに同号の表紙写真について「同性婚訴訟」の記事から取ったと書きましたが、それは誤りでした。

 表紙写真は、同号「今週の表紙」説明にあるように、性的マイノリティへの差別に対して、東京・永田町の自民党本部前で5月30、31日に実施された抗議アクションを撮影したものです。

 同アクションは「婚姻の自由」を求めているものではないので、「すべての人に『婚姻の自由』を」のタイトルや、同性パートナーシップ制度に関する16~20頁の記事内容と、直接関係があるものではありませんでした。

 誤解を招く事態となってしまったことを、深くお詫び申し上げます。

 本誌ではより多様な社会に軸足を置いた誌面づくりを進めております。今回のような事態を再び招かないよう、部内での理解を深め、正確な報道を心がける所存です。

別世界

 9月は自民党総裁選にメディアが乗っ取られる。もちろん本誌には「自民党劇場」を実況中継する使命もないし、そのつもりもない。そもそも、ドロドロの派閥抗争や騙しと裏切りの末のどんでん返しに深い意味があるのだろうか。

 野党が求める臨時国会の開催のほうが私たちの生活にとっては重要だろう。やりたいところはドーゾ。しかし、とはいっても、総裁選の行方が世の中を左右することは間違いない。だから違う視点で取りあげようと試みる。そうすると悩むのが表紙選定だ。

 他のメディアに高頻度で露出するのは、派閥首領と候補者の顔顔顔。人の顔はアイキャッチだから……。かりに本誌に候補者の顔をでかでかと載せようものなら、クレームが殺到するだろう。「見たくないものを見せられて苦痛」「恥ずかしくて外で本誌を開けない」「趣味が悪い」等々。

 悩みに悩んで、今号の表紙は同性婚訴訟の記事から取った。レインボーカラーのマスクをした方々が自民党本部を背景に訴える。ドロドロ総裁選とは別世界。

出口見えない闘い

 東京は残暑が厳しい。通勤途中、会社近くで張り紙を見かけた。パラリンピックマラソンのために9月5日(日)は早朝から午前中にかけて通行止めとのこと。

 この気候ではマラソンはもちろんのこと、他競技でも過酷だ。体温調整の難しい選手が、身体を冷やすために苦労されていることをきいた。無事に終わることを祈るだけだ。

 オリパラは最終盤だが、当初、言われていたように菅義偉政権の支持率は回復するどころか、下降の一途を辿っている。雨宮処凛編集委員の「風速計」、保坂展人世田谷区長のインタビュー記事のなかではいずれも、政府のコロナ対策が「機能不全」と批判されている。

 そもそもPCR検査にしても、政府は途中から検査数を増やすと言っていたはずなのに、結局欧米のように検査態勢は整わなかった。保坂区長のいう「誰でも、いつでも、何度でも」の「世田谷モデル」は頼もしかった。その世田谷モデルも9月末でお終いになるとのこと。コロナ感染との闘い、どうなっていくのだろうか。

岡田元編集長を悼む

 本誌元編集長の岡田幹治さんが、7月21日に心不全で急逝されました。80歳でした。新潟県高田市(現上越市)出身で朝日新聞社に入社後、ワシントン特派員、論説委員などを務めて定年退社。本誌2002年7月5日号~04年1月30日号で編集長を務められました。

その後、フリーランスのジャーナリストとして本誌でも環境・健康問題を取材・執筆されました。金曜日刊の『香害』はつい最近増刷したばかりでした。

 私は1990年代後半、市民団体主催のエネルギー円卓会議でお会いしたのが最初でした。大手企業や官僚に対してだけでなく、市民に対しても言うべきことは言うという姿勢に徹しておられ、編集長時代もその姿勢は変わりませんでした。

そうかといえば、同行取材後、「この辺にうまい和菓子の店があるんだよ」と言われて一緒に探したことも。労いに持たせてくれようとしたようです。店は休みでしたが、心遣いが嬉しかったです。

 葬儀はご家族で済まされたとのことです。心から哀悼の意を表します。

爆発的感染

 各地で大雨による被害が出ている。被災された方々にお見舞いを申し上げます。コロナ感染の不安もある中、たいへんな状況です。

 コロナは「爆発的感染」を起こしているように思える。重症者は連日最多を更新。今週号では山岡淳一郎さんが現状をルポし、問題点を指摘している。

 私の住まう区は他2区と合同ワクチン接種を東京ドームで16日から行なっている。ドームが場所を無償提供しているというが、会場ではジャイアンツのマスコットの着ぐるみが白衣を着て迎え、医師や看護師は揃いのユニフォーム姿。「ジャイアンツ祭」と見紛う様子がテレビニュースで流れる。こっそり伺うと、医師「ほぼ強制です」。看護師「びっくりしました。おかしいと思う」。

ワクチン接種の有効性とリスクについては参考になるデータはいろいろ出ているが、最終的には本人の希望次第。健康状態によっては医師が止める場合もある。接種をしていないということで不利益な扱いをすることだけはやめてもらいたい。

Society 5.0

 米国では東京五輪のテレビ視聴率が想定より低く、局がスポンサーと補償について話し合うと報じられた。身体の極限を競うことで人々に“夢”を与える祭典が、一部の企業や五輪ファミリーの利権の装置に堕しており、巨額の税金が投入されていることが今大会で可視化された。

 たまたま日本経済団体連合会の出している『経団連』のここ数年の目次に目を通す機会があった。五輪については驚くほど取りあげられていない。

 話題はSociety 5.0についてばかり。Society 5.0とは「サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」。こちらはデジタル革新のもたらす“科学の夢”というところか。

 気になるのは、巨額の税金が当てにされていること。お腹をすかせている人をそのままにしておいて“夢”もないだろう。皮切りは来月のデジタル庁創設。

 最後に訂正とお詫びを。先週号の本欄で取りあげた「ケ・セラ」は「ケ・サラ」の間違いです。

自由な風の歌

 東京五輪は強行突破で開催されたが、東京はいまもさまざまな行事が緊急事態宣言下で開催困難な状況だ。

 今週号「言葉の広場」欄に投稿された安並真智さんは、「愛と平和を歌う」神奈川・川崎の合唱団で活動をされてきた。この7月、1年半ぶりに無観客ながらマスクをつけて舞台に立った喜びを綴られていた。

 本誌で毎年紹介している、「君が代」の伴奏や斉唱を拒否した都立高校の教員を支援するための「コンサート・自由な風の歌」。1年ぶりの今年は9月17日18時~、杉並公会堂大ホールで開催される予定だ。恒例の「自由な風の歌合唱団」も結成された。

 緊急事態宣言により練習を中止しながらも、最後の4週間の追い込みで歌えるようにチャレンジするようだ。崔善愛編集委員のピアノや飯村孝夫さんのバリトンなどが聞ける。飯村さんが前回歌われた「ケ・セラ」などのメドレーは観客席で聞いた。あのしみじみとした味わい、今も胸に残っている。
http://jiyunakazenouta.blog.fc2.com/

スペシャル

 今週は、東京五輪開催にあわせて祝日が移動したために、13日(火)と16日(金)がそれぞれ7月16日号、23日号の本誌校了日となり、編集部はおおわらわだ。結局、30日号もあわせた3号分の原稿やら校正刷りやらが、変則的な進行で同時に動くので、頭の中がこんがらがってくるのだ。

 いつも頭の中が整理されている同僚のYさんまでそんなことをぼやいているのを聞くと、常に頭の中がこんがらがっている私などは、「おおっYさんも遂に?」と聞き返してしまう。単純にお仲間増えて嬉しがっている場合じゃないのですが(へへ)。無事にこの号がみなさまのお手元に届くことを願っています。

 今週号はそんなことでスペシャルな号になったと自画自賛している(へへ)。講談特集は月刊誌のようにじっくりつくった。作家の赤川次郎さんインタビューは逆に緊急の対応となった(赤川さん、ありがとうございました)。植村裁判の総括は、提訴の前から事件を追ってきたので7年にわたる報道の総決算だ。

サバイバルゲーム

〈政府が行っているオリンピックやパラリンピックの水際対策をザルやザルや言うておる奴がいるが、ええ加減にせえよ!〉
〈ザルに失礼や〉
〈1本たりともそうめん通してへんぞ〉。

 せやろがいおじさんもSNSでそう酷評する政府の水際対策。故意に穴あけにしているとしか思えない杜撰さ。東京には四度目の緊急事態宣言が発令中だが、市中感染対策も不十分。要請に従わぬ飲食業者を懲らしめることには積極的で、取引先の金融機関に働きかけを求めた。撤回はしたものの、政府の品性下劣さを曝け出すだけだった。

 このままいくと、“ぼったくり男爵”や“ピンハネ××”らにいいようにされた五輪として歴史に名をとどめることになるのだろうか(五輪自体の問題が露呈してるのだが)。それでもいい。新しい変異株が発生して、多数の犠牲者が出なければ。酷暑による熱中症も心配。これではサバイバルゲームじゃないか。

 このおかしな騒ぎの一方、「風速計」が報じるように、命を危機にさらす別の事態が生じている。