編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

憲法21条を体現

 少し汗ばむ季節になった。肌寒いころからの私の日課は湯船で内山宙さんの『未来ダイアリー』を眺めること。別に仕事先に義理立てしているわけでなく、末尾の現行憲法と自民党憲法改正草案の対照表が使い勝手がいいのだ。

 21条の「集会・結社・表現の自由」に目がとまる。私なんぞ小賢しく「表現の自由」ばかりがついつい口をついて出るが、集会・結社の自由と並び立つと立体感というか奥行きが出てくる。「集会・結社の自由」は、共謀罪の新設が審議されている今だからこそ、その意味をかみしめる。

 最近感動した集会は東京都内で開かれた「2・19総がかり行動――格差・貧困にノー!! みんなが尊重される社会を!」だ。(参加できなかったので後でユーチューブで見たのだが)教育学者の本田由紀さんが腹の底からわき起こる怒りを全身で表し、文字通り、吠えていた。ちょっと涙が出るくらい、真剣で、まっとうで、堂々としていた。21条をかっこよく体現している。その場にいなかったのが実に残念だった。

アジアの一員として

 通勤途中、近くにある保育園の子どもたちのお散歩にでくわした。天気の良い日はあちこちで子どもたちの姿をみかける。そういえば4月になってからは初めてだ。手をつなぎ、なんだか楽しそう。新しいクラスのお友達や先生にようやく馴れてきたのかな。

 ほんわか気分で会社にくると、米国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との関係が緊迫しているということで緊張が走る。外部のライターさんと逢っても話題はきな臭い話ばかり。在日米軍基地の近隣に住んでいる人から「湾岸戦争の時を思い出した」とか、国内の××が危ないとか。

 今週号、ジャーナリストの田岡俊次氏は、米国による「先制攻撃は困難」「威嚇の域を出ない」とみている。ひとまずほっとする。が、日本はなぜ狙われる? 日米安全保障条約に由来するわけだ。たとえば日本がアジアの一員としてできることはないのだろうかと考える。周りを振り回すことがお好きのトランプ大統領に追随して、自らを危険に晒す。今後もそれでいいのだろうか。

国鉄民営化30年

 打ち合わせから戻ると、シリアのアサド政権軍の基地を米国が攻撃したというニュースが飛び込んできた。米国・共和党のなかにも異論はあるようだ。“オルタナ・ファクト”を唱えるトランプ大統領だが、今回はどんな事実にもとづき行動を起こしたのだろう。

 日本では、先のイラク戦争の検証もすんでいない。情報公開訴訟が一昨年に提起され、次の弁論が6月13日、東京地裁で予定されている。

 今週の特集は国鉄の分割民営化からの30年を検証した。

 国労といえば、昨年末に東京南部読者会で講演された福田玲三さんを思い出さずにはいられない。1949年から国労に在籍され、メーデー事件、松川事件、三鷹事件などの裁判にも関わられた。戦後労働運動の生き字引のような方だ。

 いずれも権力によるでっちあげだが、松川事件を共に闘った友人が晩年口にしたという「日米帝国主義と闘って勝ったんだからなあ」という言葉が印象的だった。それにしても、労働者はどうしていつも理不尽な闘いを強いられるのだろう。

あわただしい

 年度変わりは何かと慌ただしい。国会は安倍首相をはじめ、有力な政治家、官僚の関与が疑われる森友学園問題がまだ解明にはほど遠いにもかかわらず、共謀罪が審議いりということだ。また、教育勅語をめぐり「憲法や教育基本法等に反しない」形で教材として使用を認める閣議決定がされたとのこと。「憲法や教育基本法に反しない」って何なの?

 3月17日号で佐高信編集委員が取り上げた住井すゑさんの「水平社宣言で読み破」るという使い方が念頭にあるはずもなく、不安が募る。

 個人的にも、せわしなく、東京の桜は今が見頃ではあるが、花見もままならない。大っぴらに言えないが、この季節にやるべきことの一つにベランダにあるすずめの巣箱の掃除がある。新しい“住居人”が5月には入り、子育てに励む。3世帯続けてご入居されるので、その前の準備というところだ。

 そうそう、この週末に家を離れた息子が置いていった“ぬか床”のお世話も待っている。かびさせないように、きょう、キュウリを1本漬けてみた。

怖くはないのだろうか

 読者の方々からこの間共謀罪をめぐる投書を多数いただいた。3月17日号の「論争」では、髙野ゆう子さんが実体験にもとづき「警察に与える新たな点数稼ぎの道具でしか、ない」と喝破している。

 今週号、秋山健司弁護士によるQ&Aの記事のなかで、「ええっ!」と驚く記述があった。脱税も国会議員等の候補者による買収も、当初の法案ではどちらも対象になるはずだったが、今回の絞り込みでは、「脱税にはその共謀罪があるのに対して、買収にはその共謀罪がないとされている」とのこと。

“自分たち議員には甘く、市民には厳しい”。というよりも、買収は外れても、今でさえも冤罪が絶えないのに、フリーハンドに近い捜査権を警察権力に与えてしまうこの法案が、与党議員は怖くはないのだろうか。

 2月10日号で既報の『母 小林多喜二の母の物語』は評判がいいらしい。2015年4月24日号で福田文昭さんが紹介してくれた秋田県・御成座では、5月からロングランになるとのこと。多喜二の生誕地です。

解放

 長かった。沖縄平和運動センターの山城博治議長がようやく解放された。沖縄の米軍北部訓練場のオスプレイパッド建設の抗議行動に関連して山城さんが逮捕されたのが昨年10月。接見禁止を伴う長期勾留のなか、本誌編集委員をはじめ多くの人が声をあげた。保釈が決まり、拘置所前に集まった支援者から「沖縄 今こそ立ち上がろう」の大合唱が起こったという。公判は17日に始まったが、いろんな問題を考えてしまう。

 一つは閣議決定された共謀罪法案絡みだ。今週号で山下幸夫さんが書かれている。山城さんの逮捕容疑の一つに「威力業務妨害罪」があるが、今回の共謀罪の対象犯罪に「組織的な威力業務妨害罪」が含まれているからだ。共謀罪ができれば、「山城議長が『威力業務妨害』を行なう前に、警察が『それを誰かと共謀した』という容疑で逮捕できる」というのだ。山城さんの逮捕・勾留の異常さは明らかだ。しかし、それさえ権力の闇の中で見えなくなってしまう。この流れをどこかで押し戻したい。

頭を悩ます

 森友学園問題では学園側からの小学校認可申請取り下げ、そして籠池泰典理事長の退任、さらに朴槿恵韓国大統領の罷免、南スーダンからの自衛隊撤収など、目まぐるしい動きがあった。共謀罪法案の閣議決定は持ち越しになったが、取り組むべき案件が多くて、誌面作りに頭を悩ます。

 読者の方からは「森友学園問題を、蜥蜴のしっぽ切りで終わらせるな。しっかりと追及を」と激励の電話やメールをいただいた。安倍晋三首相が政治生命をかけて実現するとしていた“教育再生”の実態が、利権の構造も含めてあらわになってきたと言える。安倍政権を倒すため、編集部もいろんな角度からこの問題に取り組んでいる。

 山口泉さんの連作掌篇小説の連載が始まった。山口さんにはこれまで、本誌ではテレビ批評や評論などで健筆をふるっていただいていたが、小説は初めてだ。山口さんにとっても、ほぼ7年ぶりの小説発表であり、「3・11」以降、初めての小説にあたるという。第3週の月1掲載予定だ。

抗議活動

 都立高校の卒業式に保護者として出席した。正門の前で、ビラを貰った。はなむけの言葉とともに、「誰にも立たない、歌わない自由があります」とあった。起立斉唱を職員に強制する「10・23通達」から14年。刃向かう者は処分を受け、異論は封じ込められて今は何事もなかったかのようだが、抗議活動は続いている。

 豊洲市場移転問題で石原慎太郎元都知事の百条委員会への喚問が注目されているが、彼が教育の場で行なった数々の圧政と支離滅裂な行為はどうなるのか。「僕、国歌歌わないもん。国歌を歌うときにはね、僕は自分の文句で歌うんです。『わがひのもとは』って歌うの」という発言が知事退任後、文芸誌に載ったときは、さすがにのけぞった。

 教育勅語を暗唱させる幼稚園がいま、批判を受けている。もちろん違いはあるが、「君が代」だって本質的に同じじゃないかと思う。息子はこのビラを受け取っていない。理由を問うと、業者のビラかと思ったという。若い世代にこそ考えてほしいのに……。

お金の感覚

 確定申告の期限が15日に迫る。私自身は、経理に年末調整をしてもらっているのでその大変さはわからない。だから会社員は税金の重みがわからないと言われることも多い。たしかにそうだろう。

 だが、個人的には家計の大変さが年々増加。そこで「週刊金曜日友の会・大宮」による「老後の貧困リスクに備える」というイベントに参加した。ファイナンシャルプランナー・近江佳美さんの丁寧な説明に、参加して得した気分。

 その時にある方から、ちょっと驚く話をきいた。大手企業では、自分が給与をいくらもらっているかわからない人が少なくないというのだ。会社が給与支給明細書を配付せず、サーバー上におき、それに個々アクセスする仕組みに変わったからだという。

 忙しさにかまけて見ない人もいるだろう。紙代の節約にもなるし、経理が配付する手間も省ける。だが、これではお金に対する感覚がますます薄れてしまう。政府の政策の是非についての実感もわきにくくなる。ここでも……とため息。

労働3権

「労働3権が憲法に定められているような国はほかにない」と今週号で水谷研次さんが言及しているが、そのことをうらやましく感じたことがある。駐日某大使館で働いていたときのことだ。休日を減らされたり、労働時間が延ばされるなど労働条件がいきなり下げられても文句がいえない。今から思えば何らかの手立てがあったのかもしれないが、結局不満を抱えたままみんな辞めていった。

 雨宮処凛編集委員の『一億総貧困時代』(集英社インターナショナル)を最近読んだが、あのときの私と同じ治外法権下? としか思えないような実態が取り上げられていて驚いた。労働問題に対する引越社のこじらせ具合ははんぱじゃない。働きやすい職場をつくろうなんて意識は会社にみじんも感じられない。社員は結局、ユニオンの協力を得て裁判で闘うことになる。

 私の場合は同じ職種の4人全員で意見のすりあわせをして大使に談判することに。当日は1人脱落、でも幸運にも要求は聞き入れられた。