編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

許しませんぞ

 緊急事態宣言が解除された東京。わが町で一番人気のイタリア料理店の前に、工事の車が横付けされていた。角材が運び込まれている。宣言が出る少し前から休業を余儀なくされていた。改装開店をめざすのか、それとも……。

 並びにはコロナ禍の直前に閉店した和食屋。入り口には閉店を告げる紙が貼られたまま。そこから100メートル離れたカフェは今日から再開。ピカピカに磨かれたガラスに光が反射してまぶしい

 賑わいが戻ってきたのは嬉しい。だが、東京五輪の延期合意の3月24日まで、小池百合子都知事が感染拡大阻止にむけて何をやったのか、やっていないのか、覚えておきたい。

 一方、独自の休業再要請指標「大阪モデル」をつくり人気をあげた吉村洋文大阪府知事。だが、ここにきて山中伸弥京都大学教授に、基準を政治的に緩めたと批判を受けた。何より大切なのは事実の把握のはず。権力者が都合で歪めるなんて、許しませんぞ(あっちもこっちも、もう)。

歴史に残る珍答弁

 もりまさこ歌
「専制、専制、それは専制」
#週明けの強行採決に反対します(buuさん)。

 こういうツイートが検察庁法改正案の今国会での採決見送りを引き出したとすれば感慨深いものがある(ただ廃案ではないから安心は禁物!)。

「逃げた」発言に象徴される森雅子法務大臣のこの間の迷走ぶりはすごかった。私は死刑制度に反対の立場だが、法相といえば死刑執行の命令を下す立場にある。

 その人間が「口頭決裁した。口頭でも正式な決裁だ」と発言したというのはいまだ信じがたい。「日本政治史上に残すべき珍答弁」(三宅勝久氏、本誌13頁)に違いない(どれほど追い込まれたか!)。

 だが、その森法相の答弁よりも、法案批判をした俳優の小泉今日子さんのツイートへの批判のほうが、世間的には激しかったように思う(所詮そういうもの?訳わからん)。

 最後に一言付け加えると、“ド昭和”の替え歌なら、本号で刷新した投書欄も負けてない。密かなブームのようだ(by担当部員)。

怒りの可視化

 いよいよ市民の怒りが可視化されてきたということか。

「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートが、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(後に削除)、俳優の浅野忠信さんらも巻き込んで世界トレンド入り。しかも途中で意味不明のツイート数減少で情報操作? との疑いも出て、火に油を注いだ。

 本誌では、官邸に近いとされる黒川弘務東京高検検事長の任期延長について「政権腐敗を暴かせない究極の指揮権発動」(海渡雄一、2月14日号)とまず批判。そして今度の検察官の定年を段階的に65歳に引き上げる検察庁法改正案については、「後付けの理屈が破綻したから法律に明記して正当化しようという企み」(望月衣塑子、5月1・8日号)と喝破した。

 それにしても、日本で4月に開催予定だった国連犯罪防止刑事司法会議がコロナ感染拡大のために延期になってよかったね。法務省は「日本における法の支配の浸透」などを「国内外にアピール」する場としているからだ。一連の事態、どう説明する?

安倍首相にこそ

「赤ペンのインクがなくなった」。でも、角の文房具店は閉まっているんだっけ。文庫本を求めようとしたが、一部の書店しか開いていない。いまは非常時だということを思い起こす。この生活は当分つづきそう。

 緊急事態宣言下で迎える憲法記念日。今年は憲法の大切さを特に身近に感じる日になりそうだ。メディアの使命もひしひしと感ずる。

 今週号は合併号。来週は刊行はありません。取りあげたいことはたくさんある。沖縄の普天間基地から発がん性が疑われる有機フッ素化合物を含む泡消火剤が漏出した事件のこと、予定されていたNHK「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~第1部」の再放送が差し替えになったことなど。

 後者は弊誌連載陣の松崎菊也さんと石倉直樹さんも出演していて、「桜を見る会」をめぐる安倍晋三首相の説明不足をチクッとする場面には笑った。いずれの世論調査でも首相の説明に満足している人は少なかったものね。小さな声も丁寧に紹介するこの番組、安倍首相にこそみてほしい。

溜息

雨脚が強くなってきた。ここのところ、雨天と晴天が交互にやってくる。月曜日の今日はあいにくの雨。雨ガッパを着込み、自転車で会社に向かう。ちょっと気持ちがすさむなあ。私の場合、多少濡れようが、持参したタオルで拭えばいい。だけど……。

 最前線で患者の治療にあたる医療従事者のマスクも防護服も足りていないという。その防護服の代わりに「雨ガッパ送って下さい」と、どこぞの市長が呼びかけたというニュースが頭をよぎるのだ。

 この1月から政府は何をやってきたのだろう。旗色が悪くなってきたいま、市民を懐柔するための策を講じ始めたようにみえる(無論いいことはどんどんやって下さい。マイナンバー活用はなしね)。

 現在、1日の感染者が1桁台と伝えられる韓国の報告を取りあげてほしいという意見をいただいた。私も知りたい。今回の総選挙に与党が圧勝したのは、コロナ対策が効を奏したことも一因という。

 民度のことは言っても仕方ない。溜息が漏れるだけ。

解決策は

 読者の方からいろんなお便りをいただく。最近のコロナ記事について、興味深いがかえって謎が増えたという率直な感想、感染の動向で自分の出張の可否を見きわめていることなどの近況報告、水道水の水質基準が変わる話を取りあげてほしいという要望などなど。じっくり読んで意見を下さるのが嬉しい。

 コロナの影響は出版業界の雑誌分野、本誌にももちろん及んでいる。緊急事態宣言を受けて休業や営業時間を短縮する書店が多く、長期低落傾向に追い打ちをかける。本誌も書店での売り上げは激減。ここはじっと堪えるしかないだろう。

「報道ステーション」の富川悠太アナウンサーの感染確認が報道されていた。現場は大変だろう。CT検査で肺の画像確認後、PCR検査をして発覚したそうだ。なぜ簡便な検査を先にしないのか、できないのか。そもそもの制度設計が根本的に誤っているのではないか。まったくおかしなことばかり。行き着く解決策は──政権のすげ替えしかない。

テレワーク

 緊急事態宣言の発令いかんにかかわらず、新型コロナウイルス感染のリスクを下げるために、「金曜日」でもテレワークを始めることになった。事務所での電話対応などが限られてくるので、読者の方々にご迷惑をおかけすることもでてくるかもしれない。ご理解をいただきたい。

 取材も対面で行なうもの、集会ものはリスクが高いので、なるべくIT機材で、となった。といっても、そううまくいくことばかりではないだろう。すべてが試行錯誤。雑誌が無事に刷り上がらないなんて事態は考えるのも恐ろしい。組版所、印刷所と連携しながら進めていきたい。

 最近は人と2メートル離れ、互いにマスクをしたまま話をするので、聞き返すことが俄然増えたように感ずる。窓も開け放しているので騒音もプラスされる。声が届かないだけでなく、表情がマスクで隠れて読めないせいもあるのだろうか。不便でしかたない。

 おまけに、今朝からぎっくり腰気味。肩の腱板損傷が少しよくなったと思ったら。なんてこと……。

政治家の仕事

 新型コロナ対策として人が家にこもることで発生する需要を「巣ごもり需要」というのだと、今週号の特集で知った。

 そういうときでも、必要物資を運んでくれるのがドライバーさんたちだ。想像はしていたが、かなりきつい職場であることがわかった。今回の需要急増でさらに大変だ。

 コロナ対策についての安倍晋三首相による3月28日の会見は、具体策を期限を切って打つという姿勢がみられなかった。たとえば貯蓄が十分でない単身世帯で、働き口が今回の騒動によって失われた場合、どうしたらいいのか。ほかにも、奨学金をもらいバイトをして大学に通っている学生もいる。バイト先の居酒屋が自粛で閑古鳥。自宅待機では生活が成り立たない。

 食べられない人を1人でも出さないのが政治家の仕事とすれば、所得制限などと悠長なことを言ってる場合ではない。まず全員に現金支給をして、あとで調整をする方法があってもいいのではないか。経済的弱者に負担がより重い消費税の減税は有効だと思うのだが。

壊れてしまう

 通勤の途中、お散歩カーに乗る保育園の子どもたちに出くわした。自転車を止めて手を振る。手を振り返してくれる。

 この3月が終われば、ひとつ上のクラスに進級かな。付き添いの保育士さんはみなマスクをしているが、いつもと同じのどかな春の一コマ。

 だが、会社に着いて新聞を広げると、ため息ばかり。

 安倍晋三首相の考えていることがわからない。やってる感を出すために学校に一斉休校を要請し、卒業式とか中止にさせておいて、自分は防衛大学校の卒業式で「自衛隊明記に改めて意欲」って。「俺様ルール」で絶好調じゃないか。

 それにしても壇上の方々、混み合ってるのにマスクもつけずにいいのでしょうか。

 発表された政府の新型コロナ対策案の中身にたまげる。「外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討」(共同通信)。不要不急の外出は控えることになっていたはずなのに──。消費税減税については「見送られる公算が大きい」って、ガーン。

 このままでは、世の中が壊れてしまう。

見倣いたい

 先週後半は私用で関西に。新幹線の車両は空いていたが、同じ車両にくしゃみを20回くらいする乗客の方がいてハラハラした。私もそのうちつづけて「ハクション」。周りのピリピリが伝わってくる。思わず身震い。

 14日の安倍晋三首相の記者会見はまたまた「お気持ちの表明」で具体策が示されず。本誌連載執筆者のお一人、阿部岳『沖縄タイムス』記者が会見打ち切りのそのときに、安倍首相にむかって「総理、これが記者会見と呼べるんですか」と食い下がったのはよかった。それにしてもNHKの政府広報化は完成段階か。

 今週号、韓国の盧泰孟医師による「韓国で最も感染者が多い大邱の一日」は現場の緊張と苦悩が漂う。障害者本人が陽性判定を受けた話は切実だ。

 事前に予測可能だが、〈社会はその予測可能なことに対して何の準備もしていなかった〉〈すべての医療労働者たちの献身が支配者側の倫理によって美化されないことを願う〉。絶望の淵にあっても内省的で怜悧。及ぶべくもないが見倣いたい。