編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

けっして忘れまい

 きょうは8月6日。広島に原爆が投下された74年前のこの朝を思い、静かに手を合わせる。ちりちりと太陽は照りつけ、気温はぐんぐんあがる。今日も東京は暑い1日になりそうだ。

 この1週間、敗戦特集の追い込みのなか、大きな動きがつづいた。8月1日、臨時国会が開会。2日、日韓関係が悪化する中で、韓国のホワイト国除外を閣議決定。3日、始まったばかりのあいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」が展示中止に。

「表現の~」については、今週号で経過を報告しているが、次号できちんとした検証を予定している。何よりも、テロ予告という卑劣な手段で美術展を中止させたその行為と、その呼び水になった河村たかし名古屋市長らの憲法21条を蔑ろにした発言に、強く抗議をしたい。

 展示室にあった「表現の不自由をめぐる年表」に《2019・8 あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」中止事件》の1行が加えられたことを、けっして忘れまい。

改めてほしい

 8月1日の臨時国会でお二人の新人議員を迎えるにあたっての、国会の改修が進む。大型車椅子を使用されている舩後靖彦さんと木村英子さんのことだ。

 この号が出るころは、二人が晴れて初登院されたというニュースが、メディアで流れていることを願う。ここにきて、就労中の重度障がい者にヘルパー派遣が認められないという問題で躓いているからだ。これまでも繰り返し指摘されてきた制度上の矛盾ではないか。これを契機に制度自体を改めてほしい。

 先週の本欄で舩後さんらの応援演説をした海老原宏美さんに言及したが、海老原さんはALSではなく、脊髄性筋萎縮症(SMA)の患者さんだ。お詫びして訂正する。一昨年の本誌記念講演会で最後にスピーチされた、あの方だ。

 海老原さんは最近『わたしが障害者じゃなくなる日』(旬報社)を出された。なんといっても韓国での「サバイバルホームステイ」の話が(前作にも書かれていたが)、破天荒で凄い! ルビつきなので、小学生の姪にプレゼントしようと思う。