特集 アイヌ民族

  • 北海道大学返還遺骨の再埋葬儀式
    アイヌコタンの再生
    写真・木村聡 /文・平田剛士

    北海道内外の墓地から研究資料として掘り出されたまま、長らく札幌市の北海道大学構内に留め置かれている大量のアイヌ人骨の一部が7月、八十数年ぶりに故郷に帰還した。先住民族への遺骨返還は、国連が提唱する「先住権」のひとつ。その回復につながる歴史的な一歩になった。

  • 祖父から父、そして息子へ
    「アイヌ」を引き継ぐ・受け継ぐ
    平田剛士

    返還遺骨を受け入れる「カムイノミ」の会場で、それぞれ儀式の進行に尽くす父子の姿があった。非日常的なシーンの中、かけがえのない何かが確かに伝わった。

  • アイヌを学ぶ アイヌ文化編
    川村カ子トアイヌ記念館/萱野茂二風谷アイヌ資料館/北海道博物館
    平田剛士

    アイヌに興味が湧いてきたら、各地の博物館施設を訪ねてみよう。アイヌの歴史や文化を伝える、ユニークな3施設をご紹介する。

  • アイヌを学ぶ 政策編
    「民族の権利」を無視し続ける日本政府/森林認証に見る 先住権って何?
    平田剛士

    これまで辿ってきた歴史や、現在行なわれている政策抜きに、アイヌ問題は語れない。主なものを解説。

  • 『ゴールデンカムイ』『シュマリ』『天下御免』――
    エンタメ作品でアイヌ民族を知る
    木村元彦

    マンガやドラマ脚本の中にも、アイヌ民族を題材にした力強い作品があるのをご存知だろうか。手塚治虫に早坂暁、そして『週刊ヤングジャンプ』に大ヒット連載中のマンガ『ゴールデンカムイ』だ。

  • 安倍首相の「非常識人事」の極みか
    稲田朋美防衛大臣の怖さと危うさ 成澤宗男
  • 米オバマ政権「核先制不使用」に抵抗する外務省 野中大樹
  • 築地移転問題で試される小池百合子都知事の胆力 横田 一
  • 「相模原障がい者施設殺傷事件」が突きつけること
  • 検証 匿名報道でよかったのか 粟野仁雄
  • 追悼集会を呼びかけた熊谷晋一郎氏に聞く 桒原和久
  • 助け合う力、人を信じる社会を衰退させないために 海老原宏美
  • 相模原殺傷事件と平成ネオ・ナショナリズム 中島岳志
  • 裁判員裁判初の少年死刑判決が確定
    石巻3人殺傷事件 黙殺された「事実誤認」 片岡 健
  • 茨城のチルドレンズ・ホームに二度目の改善勧告
    児童養護施設でまた性虐待 小宮純一
  • 浮躁中国 94
    立法会選挙を控える香港の憂鬱 本田善彦
  • モンゴル国の新政権は金権政治を浄化できるか 佐々木健悦
  • 役に立たなかった「ミサイル防衛」 田岡俊次
  • 「環境省には対処能力がないから無理」と学者も黙認?
    除染・帰還政策にお墨付きを与える「環境放射能除染学会」 まさのあつこ

次号予告:2016年9月2日号(第1102号)

【天皇と憲法】●「国民統合の象徴」とは何か●平成の人間宣言に青ざめた安倍首相●私たちは「生前退位」にどう向き合うべきか|内田樹●生前退位と「近代天皇制」という桎梏|八柏龍紀●象徴天皇制と天皇の基本的人権|高作正博●「天皇・護憲派」論の虚構|伊藤晃
【沖縄】●伊江島でひそかに進む米軍基地大幅拡張工事|新藤健一
【領海】●南シナ海裁定と岸田外相の無知蒙昧発言|矢吹晋
【現地ルポ】●先住民族への迫害が止まないコロンビア~半世紀を超える内戦の和平交渉の陰で|柴田大輔
【金曜日で逢いましょう】●犯罪をなくすため塀の中と外をつなぎたい 受刑者のアイドル Paix2(ペペ)|浅野健一
【論壇】●いま、津村喬が注目される理由|酒井隆史/平井玄
【教育】●日本人学校とバンコクの特別支援教育事情|真野きみえ
【食ルポ】●満腹の情景 第55回 氏より育ちの美味|木村聡
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|佐高信●初めて老いった!?|石坂啓●メディア一撃|岩本太郎●犬が王様を見て、何が悪い?|四方田犬彦●世界一下世話なラブレター|佃野デボラ●俺と写真|本多勝一●高須芸能|高須基仁●無責任架空対談|松崎菊也

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る