沖縄・高江 いま、何が起きているのか

参院選直後から、沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設工事が、反対する市民を力で排除して強行されている。沖縄の負担軽減を名目とした日米合意に基づくが、辺野古新基地建設とともにさらなる痛みを強いるものだ。しかし地元首長がヘリパッド建設を容認していることもあり焦点になりにくい。政府はそこにつけこみ違法行為を繰り返している。

  • ヘリパッド建設めぐり続く睨み合い
    住民の暮らしの間で“国境”に遮られたふたつの沖縄
    写真・島崎ろでぃー 文・野中大樹
  • 「負担軽減」のはずが、基地機能強化に
    日本マネーで建設される最新鋭の米軍ヘリパッド
    福元大輔

    「北部訓練場」の返還条件として出てきた高江のヘリパッド建設。米軍はこれを口実に、日本政府の予算で時代に合った新施設を手に入れようとしている。

  • 陸自ヘリ投入は「自衛隊法を逸脱」
    山村清二
  • 政府の追認機関に成り下がった裁判所
    「国の勝訴ありき」で進んだ沖縄「辺野古違法確認訴訟」
    渡辺豪

    沖縄県名護市辺野古への新基地建設をめぐり、国が沖縄県の翁長雄志知事を訴えた違法確認訴訟。国側の主張を丸呑みした福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)の判決を不服とし、県側は9月23日、最高裁に上告した。「司法の権威」を貶めているのはいったい誰なのか。

  • 不躾で失礼します! 原一男の根掘り葉掘りホンネ掘りインタビュー
    「三宅洋平さん、あなたは安倍昭恵さんに取り込まれたの?」

    7月の参院選に立候補し、25万票を獲得した三宅洋平さん。しかし、安倍晋三首相の妻、安倍昭恵さんとの“密会”、沖縄・高江への昭恵さんを連れての訪問は方々で議論を巻き起こした。三宅さんを応援する運動内での分裂も招いた。三宅さんの本音を知るべく、原一男監督が根掘り葉掘り聞いた。

  • テレビは「時代の潮流」に抗えるのか
    選挙報道に見るメディアの危機 岩崎貞明
  • 暴発する高齢者(上)
    感情を抑制できない高齢者が増えている  松井 計
  • ナイスキャッチ、中村さん!
    「武蔵野プリティープリンセス」奮戦記 写真・文 橋本 昇
  • 開発好明が問いかけるもの
    3・11後、出現した新世界で、ピクニックしよう。 桑原和久
  • 「9・11」から15年
    米国は「テロリスト」と組んでいる  成澤宗男
  • フィリピン反米政権に外務省は困惑か 田岡俊次
  • マスコミタブー 大手広告会社・博報堂 3
    化粧品通販アスカを欺いた博報堂の"手口" 黒薮哲哉
  • 連載 チェルノブイリと福島 4
    軍人として作業に駆り出された男たち 片山夏子
  • 第27回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」結果発表 雨宮処凛/中島岳志/佐高 信/平井康嗣

次号予告:2016年10月7日号(第1107号)

【これからどうなる!? 税金&年金】●“消費税野放し”への法改正と控除廃止という名の増税|浦野広明●年金に5兆円の損失をもたらした安倍政権|成澤宗男●年金財政は破綻寸前!怒りを自衛に向けよ|稲毛由佳
【沖縄】米国・国防総省の環境基準に反する沖縄高江ヘリパッド建設 伊波洋一参院議員(元宜野湾市長)
【自衛隊・安保法制】●南スーダンでの非現実的な駆け付け警護は日本人の命を危険にさらす|谷山博史
【二重国籍バッシング】●Q&Aで考える「二重国籍」バッシングの?|遠藤正敬
【高齢化社会】●暴発する高齢者(下)格差と孤立……新たなコミュニティの創造を|松井計
【原発事故】●チェルノブイリと福島(5) いまも名誉が回復しない原発運転員|片山夏子
【シベリア】●「記憶」に耳を傾ける孫世代、久保田桂子監督が撮った「シベリア抑留」 「私が戦争の直接体験を聞ける最後の世代かも!?」
【写真ルポ】●満腹の情景第56回 休耕田のひまわり|木村聡
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|田中優子●初めて老いった!?|石坂啓●新・政経外科|佐高信●メディア一撃|岩本太郎●ペンと剣|マイケル・ペン●犬が王様を見て、何が悪い?|四方田犬彦●俺と写真|本多勝一●話の特集|矢崎泰久、中山千夏、松元ヒロ、小室等、飯村昭子

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る