天皇制と憲法

10月22日は「即位礼正殿の儀の行われる日」として、今年に限り「国民の祝日」となる。5月1日の「天皇の即位の日」前後のように、またメディア含めてお祝いムード一色となることが予想されるが、祝意を示すことへの強要や天皇の政治利用など、問題はどこにあるのか。今回は憲法の観点から考えたい。まずは教育現場から。

  • 東京・八王子市
    「日の丸」振らせるため小学生を動員
    永尾俊彦
  • 大阪市立小学校
    朝礼で天皇賛美の歌 皇国史観押しつけ
    平野次郎
  • 歯止めなき天皇の「公的行為」
    生身の人間を「象徴」とする怖さ
    植野妙実子

    日本国憲法は個人の尊重と法の下の平等を謳いながら、それと矛盾する存在の天皇を置く。私たち主権者はこの矛盾と向き合いつつ「象徴」をどう捉えるか、そこから何を引き出し何を引き出してはならないかを、常に考え続けなければならない。

  • 日米共同の謀議
    田中利幸

    戦争犯罪の隠蔽が日本の民主主義を歪めた日本国憲法の1条から8条は国家原理でできており、前文と9条は普遍原理と絶対平和主義でできている。まったく異なるものがひとつの憲法に入っているのはなぜか。元広島市立大学教授で歴史家の筆者が、日本社会の問題の根っこを問う。

  • 株主総会で関西電力と対決した河合弘之弁護士が怒りの告発
    毒まんじゅうを食らった岩根茂樹社長らを強制捜査せよ
  • 〈シリーズ〉 どうしてこうなった?日韓関係
    歴史に学ぶ韓国人・学ばない日本人 白石 孝
  • 「神国」の残影 海外神社跡地写真記録 写真・文/稲宮康人
  • 対談 想田和弘×小島慶子
    全体主義のベースは私たちの中にある
  • 改修された多摩障害者スポーツセンターを視察
    大久保さん「バリアフリー」提言 片岡伸行
  • 続き読み物「この男イヤだ」
    第7回 タツミ 石坂 啓
  • 自由と創造のためのレッスン(87)
    貿易戦争と所得不平等 廣瀬 純
  • ロスジェネ 死線からの生還(3)
    ブラック会社 小林エリコ

次号予告:2019年10月25日号(第1254号)

【曺国辞めても検察改革続く】●韓国、民主化の仕上げに成功するか?|文聖姫
【第1特集】●台風19号 防げなかった被害●栃木県 逃げるのが精一杯だった|文・写真 冨田きよむ●福島県 孤立した町 物資も届かず不安は募るばかり|藍原寛子●東京都 台風で野宿者対応に大きな格差|田沢竜次●5ミリの減災と言われていた長野県・浅川ダム|まさのあつこ
【第2特集】●東電刑事訴訟 「無知」の永渕健一判決●「絶対的な安全性は求められていなかった」とよく言えたものですね|海渡雄一、武藤類子、吉田千亜、司会・明石昇二郎●福島原発告訴団の叫び|石丸小四郎、地脇聖孝、山内尚子、吉田優生●原発を止めた元裁判官2人が徹底批判|井戸謙一、樋口英明
【ぶんか】●自由と創造のためのレッスン87 貿易戦争と所得不平等|廣瀬純
【人】ぶれない・あきらめない・おそれない 「生前契約」の生みの親、護憲の大切さを熱弁する 松島如戒|斉藤円華
【インタビュー】映画『少女は夜明けに夢をみる』メヘルナード・オスコウイ監督|中村富美子
【メディア】●金曜ジャーナリズム塾(第4講) デジタルでも「深さ」は重要|古田大輔
【健康】●レオナルド・トラサンデ教授来日 アメリカで環境ホルモン問題が再燃|植田武智
【国際】●利用され捨てられたクルド人|田岡俊次
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|田中優子●本多勝一の俺と写真●ロスジェネ 死線からの生還|小林エリコ●経済私考|浜矩子●政治時評|阿部岳●さらん日記●肯わぬ者からの手紙 (第6信)|山口泉●辛淑玉のどたばたドイツ日記●STOP!9条改憲|高田健●無責任架空対談|松崎菊也●ヒラ社長が行く|植村隆

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る