近現代史を見つめる
人類史の最先端をゆく日本国憲法

  • 無自覚なファシズムに抗う
    対談 鎌田 慧×保阪正康

    いまの日本の政治社会状況はきわめて危うい――互いに敬意を持ちつつも、思想信条の違いから深く交わってこなかった二人がいま、熱く語り合う。

  • 刑法改正から考える「同意」のこと。
    なぜ男は「合意」があったと思い込むの?

    著名人を相手に性暴力を告発する動きが、日本のみならず世界中で拡がっている。日本では昨年、110年ぶりに刑法性犯罪規定が大幅改正された。ようやく声を上げられるようになった被害者たち。しかし、いまだに被害者にも非があったかのような「強姦神話」に基づく社会の眼差しは変わらない。法が変わっても、私たち社会の意識が変わらなければ、被害者は救われない。「刑法改正はスタートにすぎない」――。

  • なぜ110年も改正できなかったのか
    刑法177条は家父長制の産物
    角田由紀子
  • 「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」呼びかけ人・神本みえ子議員(民進党)に聞く
    警察・法務省は真相を「明らかにしたくない」ということが明らかになった

    伊藤詩織さんに対する元TBS記者の「準強姦事件逮捕状執行停止問題」を検証する超党派の会が発足した。呼びかけ人の一人、民進党の神本みえ子議員に話を聞いた。

  • 誌面ワークショップ みんなで一緒に考えたい
    「同意」ってなんだろう?
    大澤祥子

    性行為にはお互いの「同意」が必要。当たり前のことなのに、なんとな~くそんな雰囲気だから大丈夫って、そう思い込んでいませんか? 今回、用意した三つのシナリオには「同意」はあるのか? どこが問題なのか? もし、自分だったら? とぜひ、考えてみてください。

  • 日本でも #MeToo
    多く人々が「私も」と声を上げ続けることの大切さ
    鎌田華乃子

    セクシュアルハラスメントや性暴力の被害を告発する「#MeToo」(私も)ムーブメントが世界中に拡散中だ。日本でも人気ブロガーの告発をきっかけに声を上げる動きが拡がっている。

  • 米軍ヘリから子どもの命を守るために
    「なんでおそらからおちてくるの?」 高瀬 毅
  • 阪神・淡路大震災から23年
    戦後最大の都市災害被災地で憲法は守られたのか 粟野仁雄
  • ルポ 越冬炊き出しに延べ5600人余
    寿町16時 居場所と尊厳とぬくもりと 本誌取材班
  • ナイキ、アディダス、リーボック――
    北朝鮮労働者が作る「メイド・イン・チャイナ」 金承在
  • 対談 雨宮処凛 × 小池 晃「共産党は筋金入りの『リベラル政党』です」(下)
    暮らし・経済の深刻な現状への対応が、もう一つの課題
  • 明治に遡る大日本帝国の暴虐の系譜
    旅順大虐殺と南京大虐殺の現場を訪ねて 乗松聡子
  • 連載 自由と創造のためのレッスン 67
    ウォール・ストリートとラナ・プラザ 廣瀬 純

次号予告:2018年1月26日号(第1169号)

【安倍官邸と自民が沖縄に襲いかかる】●発言|山城博治●新基地建設という最大の争点を隠す自民党と公明党●稲嶺進・名護市長インタビュー●石垣市長選 自衛隊配備めぐり保守分裂か●基地建設進む宮古島 住民が不安視する計画の危険性
【震災とデマ】●阪神大震災 疑われた性暴力被害|林美子
【差別】●ダブル・マイノリティ 先住民族女性たちが告発する複合差別|平田剛士●ベアトリス事務局長来日に見るICANの驚異的な突破力“秘密兵器”は、希望とエネルギーとソーシャルメディア|藍原寛子
【社会】● タクシー業界最大手「第一交通産業グループ」の実態「国はこれを放置するのか!」労働組合側が怒りの告発|片岡伸行
【ぶんか】●米国・貧困地図 フリント市の陥落|マット・ブラック
【冤罪】●袴田事件 西嶋勝彦・弁護団に聞く 東京高裁が再審開始の可否を判断へ●映画『やんばるの森』(製作中)監督・古賀加奈子さんに聞く
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|中島岳志●犬の遠吠え 花に風|落合恵子●憲法を求める人びと|佐高信●初めて老いった!?|石坂啓●俺と写真|本多勝一●STOP! 9条改憲|高田健●金曜俳句|櫂未知子●新宿2丁目ブルボンヌママの「虹の向こうへ」●話の特集|矢崎泰久、中山千夏、松元ヒロ、小室等●こせがれ、農に生きる|宮治勇輔

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る