どうする連合

民進党最大の支持勢力として、"安倍一強"体制を崩す野党共闘の鍵が連合だ。巷では「野党協力に反対」「原発は推進」などと言われるが本当なのか? 一方で、非正規労働者が4割に達する中、安倍政権が「働き方改革」を喧伝し、労組の存在意義自体さえ問われかねない状況も。「春闘」本番のいま、閉塞した日本社会を変えるために、連合はどうするのか?

  • 神津里季生・連合会長に中野晃一・上智大学教授が問う
    共産党との関係をどう考えていますか? 
  • 参院選1人区の当選激増や新潟県知事選の経験生かせ
    民進党と共産党の握手で野党共闘は前進
    横田一

    「民進は共産と握手するな」と銘打った『文藝春秋』(1月号)は、神津里季生連合会長の共産党との連携批判を過度に強調して民進党との分断を図り、野党共闘を後退させる狙いが透けて見える。だが、連合を含めた野党共闘の流れは、一歩ずつ着実に前進しつつある。

  • 実践の中で戦力を育成すれば、不安定雇用に対抗できる
    「働き方改革」で何が起きるのか
    古山修

    労働運動の現場で、日夜、組合の組織活動を行なっている立場からみた、現在の連合の意義や課題は何か。連合ユニオン東京などで組織化を推進し、また、非正規問題などにも取り組む古山修さんに聞いた。

  • 「民主主義の危機」の今こそ労組の出番
    「企業別組合からの脱却」ができるか
    水谷研次

    労働戦線を統一すべく発足して約30年の連合だが、今、政策・制度要求実現という目的が必ずしも果たされていないようにみえるのはなぜか。総評・連合を経て、東京都労働委員会労働者委員などを務めた水谷研次氏が問題の本質を指摘する。

  • 女たちが労働運動を“叱咤激励”する
    「非正規を組織化するのはだれのためなのか」
    座談会 中島由美子・鴨桃代・松元千枝

    女性労働者の約6割が非正規(男性は約2割)という現実の中、連合を含めて、女性たちの声はどこまで届いているのか。最前線で活躍する女たちが、今、労働運動に“喝”を入れる。

  • 見積書もなく口頭とメモだけで博報堂に業務を発注
    裁量は内閣府次第、政府広報費の杜撰な使い道 黒薮哲哉
  • 奈良県警の留置場で起きた「医師変死事件」で深まる謎 柳原三佳
  • 「米中の接近」は日本にとり有益 田岡俊次
  • パナマ「侵攻」から82年目の真実
    米軍パナマ大虐殺と日本人の罪 文・写真 三宅勝久
  • 浮躁中国 98
    トランプ政権に向けられる中台の期待と不安 本田善彦
  • 朝鮮学校に通うリャンさん「私たちが何か罪を犯したというのですか」
    学費補助を打ち切られた15歳の訴え 成田俊一
  • 柳原病院事件の不可解(上)
    「わいせつ行為」は本当にあったのか? 片岡伸行

次号予告:2017年3月3日号(第1126号)

【ババを引かされた日本】●へつらい外交“ポチ政権”の末路|金子勝インタビュー●「独立国として、米国に主張すべきを主張してゆけ」|榊原英資インタビュー●日米新時代にのぞむ霞ヶ関|野中大樹
【日米】●「対米従属」の次の時代|対談 鳩山友紀夫×中島岳志
【事件】●「安倍晋三記念小学校」をめぐり噴出する疑惑を追う
【将棋】●日本将棋連盟で棋士ら28人が前代未聞の反乱決起!将棋ソフト不正問題の“元凶”“魔太郎”渡辺明竜王の問題はどうなる!|平井康嗣
【医療】●柳原病院事件の不可解(下)アミラーゼ反応とDNA型で立証できるのか?|片岡伸行
【国際】●パレスチナ・イスラエル「2国家共存」の幻想と現実 カギを握るのはヨルダン川西岸の「C地区」|土井敏邦
【アウトドア】●新連載 アロハで猟師してみました 第1回 銃猟免許をとりに「捧げ筒!」の巻 グラ・サンマン
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|北村肇●新・政経外科|佐高信●初めて老いった!?|石坂啓●メディア一撃|岩本太郎●犬が王様を見て、何が悪い?|四方田犬彦●俺と写真|本多勝一●中高年派遣社員物語|森川海守●世界一下世話なラブレター|佃野デボラ●満腹の情景 星に願いを|写真・文 木村聡●無責任架空対談|松崎菊也●新・買ってはいけない たかが“粉”とあなどるなかれ。「から揚げ粉」にだって添加物いっぱい|沢木みずほ

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る