「歴史戦」に負けた
『産経新聞』

安倍政権を批判すると「反日」呼ばわりし、日本軍「慰安婦」や南京大虐殺等の問題で歴史を直視せず、それを批判する国や個人を攻撃している『産経新聞』。近年、この国を蔽っている右傾化と隣国に対する憎悪感情を考える上で、『産経』が果たしている役割を無視することはできない。その紙面や関連雑誌に溢れているのは、事実の歪曲と自分たちの意見に従わない人々への執拗な攻撃だ。しかし実際には誤報も多く、自ら仕掛けた「歴史戦」の敗者となっていることは間違いない。

  • 氾濫する「反日」という言葉の暴力性
    山崎雅弘
  • どうなってんの? 続出する産経流「捏造記事」
    成澤宗男

    2014年の『朝日新聞』の「『慰安婦』誤報問題」で、猛烈な「朝日バッシング」を加えた『産経』。だが、『産経』の悪質な捏造記事の例は事欠かない。ここ数年分の主な誤報・捏造記事を、挙げてみた。

  • 懲りない「南京虐殺」否定派の常套手段
    植松青児

    1937年12月に、日本軍が中国・南京攻略時に引き起こした、無差別虐殺事件。これに対する否定派は、おしなべて事件を証明する一次史料を故意に無視するという、致命的欠陥を抱えている。

  • 「吉田証言」は何だったのか
    吉方べき

    『産経新聞』は、『朝日新聞』が「吉田証言」のウソをばらまいたため、「慰安婦」が「強制連行されたと世界で誤報された」と批判している。だが、このような批判こそ捏造そのものなのだ。

  • 「慰安婦」問題での「強制連行」と「性奴隷」の
    無理解

    川上詩朗
  • 対談 高嶋伸欣×能川元一
    誤報にまみれた「歴史修正主義新聞」の末路
  • 東京裁判=「勝者の裁き論」の落とし穴
    本庄十喜

    「東京裁判史観」なる用語を使い、日本を断罪したとして東京裁判の判決を非難し続けているのが『産経』だ。だが、どこまでこの裁判のことを知っているのか。

  • 風前の灯火の「慰安婦」日韓合意
    安倍首相の「おわび」を石碑にして、記憶の継承を 植村 隆
  • 「おいしい水源を守れ」と住民団体が署名運動
    川上ダムからの利水で揺れる伊賀市 吉竹幸則
  • 大日本帝国の侵略と軍国主義の煽動者
    福澤諭吉を一万円札から追放せよ 雁屋 哲
  • 日朝関係史における福澤諭吉の差別・侵略の妄言録 編集部
  • ヤクザは憲法に守られてないのか?
    対談 川口和秀 × 佐高 信
  • 知られざるカナダ兵日本軍捕虜の歴史(下)
    屈辱だった日本の「謝罪」 乗松聡子
  • 医療事故調査制度利用はまだ見込みの5分の1 渋井哲也
  • 連載 自由と創造のためのレッスン 56
    琉球復国(2)琉球人はたんなる山羊ではない。 廣瀬 純

次号予告:2017年2月24日号(第1125号)

【どうする連合 野党共闘、共産党、働き方改革、原発、春闘】●共産党との関係をどう考えていますか? 神津里季生連合会長に中野晃一上智大学教授が問う●民進党と共産党の握手で野党共闘は前進|横田一●「働き方改革」で何が起きるのか|古山修●企業別組合を脱却せよ|水谷研次●女たちが労働運動を“叱咤激励”する 座談会 鴨桃代×中島由美子×松元千枝
【広告】●見積書もなく口頭とメモだけで博報堂に業務を発注 裁量は内閣府次第、政府広報費の杜撰な使い道|黒薮哲哉
【国際】●米軍パナマ大虐殺と日本人の罪 パナマ侵攻から27年目の真実|文・写真/三宅勝久
【医療】●奈良県警の留置場で起きた「意思変死事件」で深まる謎|柳原三佳●「わいせつ行為」は本当にあったのか? 逮捕時から一貫して否認する外科医|片岡伸行
【軍事】●日米首脳会談の空虚|田岡俊次
【教育】●朝鮮学校に通う子どもたちの自宅宛てに神奈川県が出した手紙|野中大樹
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|佐高信●初めて老いった!?|石坂啓●新宿2丁目ブルボンヌママの「虹の向こうへ」●メディア一撃|岩本太郎●金曜俳句|櫂未知子●俺と写真|本多勝一●中高年派遣社員物語|森川海守●浮躁中国|本田善彦●話の特集 矢崎泰久、中山千夏、松元ヒロ、小室等

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る