5Gの夢と現実

「5G」(第5世代移動通信システム)と呼ばれる新しい通信方式が日本でも運用されるようになる。すでに新サービスの試験運用が始まり、ラグビーワールドカップではパブリックビューイングで高精細な映像を体験、来年春には料金を払う商業運用が始まる。広い分野での社会問題解消のため5Gの利用が検討されているが、この通信技術は私たちに何をもたらすのか。

  • 隠されている三つのカベ
    岡田幹治
  • 米国がファーウエイつぶし
    岡田幹治
  • 実験
    交通事故減っても歩行者は危険
    加藤やすこ

    5Gは、医療、交通・輸送などさまざまな分野で導入される見込みだ。各通信会社をはじめ、実証実験やアンテナの開発などが本格化しているが、乗客が負傷する車両事故も起きている。

  • 健康
    失明や発達障害が増える?
    加藤やすこ

    5Gは生活を大きく変える可能性がある。しかし5Gの電磁波の安全性は未確認で、健康に深刻な影響を与えることや、人体だけでなく生態系にも影響を及ぼす可能性が指摘されている。

  • 海外
    「モルモットではない」と拒否
    加藤やすこ

    5G技術の安全性はまだまだ立証されていないので、海外では導入の一時停止を議決したり、条例で規制する動きもある。その一方で5G導入による周波数帯の入札で、国庫にカネが入る国も。

  • 福島第一原発事故から8年8カ月、福島県大熊町のいま
    山手線内側の4分の1が中間貯蔵施設に 写真・文/新藤健一、鍵和田良輔
  • 『未来への大分岐』で新しい社会の展望を示した斎藤幸平さんに聞く
    左派ポピュリズムの突破力
  • 監視社会ニッポン 狙われるDNA編02
    「拒んでいい」との説明もなく流れ作業でDNAを採取 ワセダクロニクル
  • 歴史研究家・山崎雅弘さんに聞く
    「反・大日本帝国」が「反日」なのか
  • 「安倍9条改憲NO!」 京都・左京の署名活動
    高校生らの心つかみ5000筆「おれ、人生観変わったわ」 土岐直彦
  • STOP! 9条改憲(48)
    緊迫する憲法審査会めぐる攻防 高田 健
  • 不謹慎な旅(18)かにた婦人の村
    急坂の上のユートピア 写真・文/木村 聡
  • 続き読み物「この男イヤだ」(10)
    タシロ 石坂 啓
  • 自由と創造のためのレッスン(88)
    熱い十月(1)情報編 廣瀬 純
  • ロスジェネ 死線からの生還(7)
    生活保護の絶望 小林エリコ

次号予告:2019年11月22日号(第1258号)

【誰のための教育なのか】●元文部科学事務次官の前川喜平さんインタビュー 「格差容認する“身の丈”発言は文科大臣として失格」|池添徳明●人の「こころ」を縛る道徳教育に未来はあるのか 道徳教科 「極右」主催の研究会で教師が研修!?|平舘英明●《コラム》まず教師自身が考え議論を 大東文化大学・渡辺雅之教授に聞く●障害のある子どもがなぜ定員内不合格に? 北海道 教育委員会|加藤やすこ●東京 桜丘中学校 西郷校長、校則撤廃で何が変わりましたか?|木村元彦
【国際】●安倍首相にとって都合の悪いローマ教皇との対話|中島岳志
【災害】●堤防決壊防ぐ安価な工法を封印した国交省の大罪|岡田幹治
【不定期連載】●徘徊団「24時間営業」の東京をさまよう 第3回上野〈秋葉原・神田〉|粉川哲夫 イラストレーション/沖野雅明
【連載】●ヴィパッサナー瞑想体験記(3)|想田和弘
【探査ジャーナリズム】● 監視社会ニッポン 狙われるDNA編03|ワセダクロニクル
【健康】●妊娠中の「アセトアミノフェン」服用で子どもの発達障害のリスクが増大する|植田武智
【続き読み物】●「この男イヤだ」|石坂啓
【メディア】●金曜ジャーナリズム塾 古谷浩一 日本人である前に記者でありたい
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|崔善愛●ジェンダー情報●ロスジェネ 死線からの生還|小林エリコ●経済私考|浜矩子●政治時評|阿部岳●さらん日記●本多勝一の俺と写真●ヒラ社長が行く|植村隆

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る