おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

開沼博氏への質問状を公開します

『週刊金曜日』は4月7日号・4月14日号で、社会学者の開沼博氏を取り上げました。

筆者の明石昇二郞さんが4月14日号の後編に記しているように、明石さんは『週刊金曜日』編集部を通じて3月27日、6項目にわたる質問を開沼氏のオフィシャルサイトから送りましたが、回答期限までに返答はありませんでした。

読者の理解を深めていただく参考になればと願い、以下に質問を公開します。

//////////////////////
開沼博様

※弊誌担当者名やメールアドレスを
含む連絡先などは省略します

ご多忙中、突然このようなご連絡を差し上げることをお許しください。現在、『週刊金曜日』では開沼さんのこれまでのご著書などについて検証する企画をルポライターの明石昇二郞氏と進めております。
つきましては下記の項目について4月3日(月)午後5時までにご回答いただきたく、質問項目をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

質問事項

1、開沼さんは2011年4月10日に東京・高円寺で行なわれた「反原発デモ」について、たびたび批判されています。この「反原発デモ」をどのようにして取材したのでしょうか。
・デモの当日、高円寺で取材したのでしょうか。
・新聞など報道を参考にしたのでしょうか。
・インターネットの情報を参考にしたのでしょうか。

2、開沼さんのご著書『漂白される社会』に掲載されている「過激派」ルポ冒頭の「脱原発デモ」の記述の中で、過激派らしき人々の描写があります。この人々は、そのすぐ後に登場する過激派「A」の人々でしょうか。
・過激派「A」アジトの取材は、いつ行なわれたのでしょうか。
・過激派「A」アジトの描写では「脱原発デモ」の話題が一切ありません。「脱原発デモ」の取材と「アジト」の取材は、どちらが先に行なわれたのでしょうか。

3、2016年4月21日付『WEDGE REPORT』において開沼さんは、次のような発言をされています。
「甲状腺がんの問題もよく話題になりますが、『福島で甲状腺がんが多発している』と論文にしている専門家は、岡山大学の津田敏秀さん以外に目立つ人はいない。その論文も出た瞬間、専門家コミュニティーからフルボッコで瞬殺されています」
・岡山大学の津田敏秀さんは医学雑誌『エピデミオロジー』誌上で「フルボッコで瞬殺され」たのでしょうか。
・いつ、どの機会に津田さんは「フルボッコで瞬殺され」たのでしょうか。
・津田さんを「フルボッコで瞬殺」した「専門家」とは誰のことでしょうか。
・「専門家コミュニティー」とは何のことでしょうか。どんな「専門家」たちのコミュニティーなのか、名前と肩書を教えて下さい。

4、開沼さんのご著書『はじめての福島学』の冒頭の「クイズ」で、震災後、福島県から県外に避難した人の割合の正解は「2%」とのことですが、震災後、避難した人には「県外」だけでなく「県内避難」した人もいます。今年1月時点の「県外避難者」「県内避難者」はほぼ同数ですが、あえて「県内避難者」を入れずにクイズにしている意図をご説明下さい。

5、『北海道新聞』2017年1月14日付紙面で開沼さんは、地震や津波による1次被害の死者数より2次被害による死者数のほうが多いことを指摘した上で、次のように書かれています。
「この理由の一つとして考えられるのは、福島の惨事に便乗して過剰に不安をあおる人が現れ、『過剰避難』が生じたことです」
福島第一原発事故後の反原発運動が被災者の死者数を増やし、いじめや差別の原因にもなっているとの指摘ですが、「過剰避難」の規模を人数等のデータで示すことは可能なのでしょうか。
・「過剰避難」による死者数は何人なのでしょうか。
・「過剰」とは、避難する必要がないのに避難したことを意味するのでしょうか。
・「避難する必要がない」かどうかは、どのような立場の者がどのような基準で判定するのでしょうか。その基準は、福島県等の行政機関も認めているものなのでしょうか。

6、『琉球新報』2016年11月10日付紙面で開沼さんは、沖縄県で起きた大阪府警機動隊員による「土人」発言を論じた際、
「今、インターネットで『福島』『子ども』と検索すると『奇形』『健康被害』という関連ワードが自動的に出てくる」
「このようなワードを関連させて検索しているのは反原発の立場で福島を応援したいという人々である」
と書かれています。「このようなワードを関連させて検索しているのは反原発の立場で福島を応援したいという人々である」と断定されていますが、どのようにして事実であると確認したのでしょうか。

 

追記)質問項目6に2カ所〈反原発の立場で福島を応援したいという人々〉とありますが、『琉球新報』記事では〈反原発の立場で福島を応援したいと願う人々〉でした。(2017年4月17日)

第18回「金曜日文庫」(4月20日開催)は満席になりました

『週刊金曜日』4月14日(1132)号66頁「お知らせ」欄掲載の第18回「金曜日」文庫(2017年4月20日開催)は会場の定員を上回る多数のお申込みをいただいたため受付を終了しました。誠に申し訳ございません。参加をご検討いただいた方には大変心苦しく思いますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。
金曜日文庫は月1回から隔月のペースで実施しております。次回の開催は未定です
が、詳細が確定次第、ホームページでご案内いたします。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(3月31日締切)と
4月末締切の投句募集について

●投句一覧(3月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年4月28日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「荷風忌」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4117

兼題「葱坊主」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4119

●4月末締切の投句募集について

兼題「トマト」「誘蛾灯」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4121

正社員募集(4月14日締切)

一緒に『週刊金曜日』をつくりませんか!

政権によるメディア支配が進む中、
広告収入に依存しない『週刊金曜日』の
役割はますます増しています。

さらに充実した誌面をつくるために
社員を募ります。

下記宛てに応募書類を郵送してください(4月14日消印有効)。

書類選考の上、面接日をお知らせします。
応募の秘密は厳守します。応募書類は返却しません。

□職種:編集記者
□資格:経験者
□人数:若干名
□待遇:当社規定・社保完・交通費支給

□応募書類:履歴書(写真貼)と
作文「週刊金曜日でやりたいこと」(800字以内)

【送付先】
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-23
アセンド神保町ビル3階
(株)金曜日・採用係

『日本会議の研究』の著者・菅野完氏によるカンパ金着服の経緯が明らかに

『日本会議の研究』の著者・菅野完氏が、2013年に自身が関わる市民運動へのカンパ金のほぼすべてを着服し、運動をパージされていたことが明らかになった。(本誌取材班)

本誌は昨年12月27日付でホームページの「おしらせブログ」に〈性的「暴行」事件を起こした『日本会議の研究』の著者・菅野完氏をめぐる「運動体」の対応〉(http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3692)と題する記事を掲載した。同記事では、菅野氏が当時所属していた差別・排外主義に抗する「しばき隊」を抜けるに至った背景には、〈反レイシズムの広報活動のために集められ、「差別撤廃 東京大行進」のデモの制作費に充てるよう考えられていたカンパ金の一部を着服し、使い込んでいたことが発覚したためという〉とし、〈菅野氏は界隈の運動に関わらないとの旨の誓約書を書き、運動からパージされた〉との経緯を複数の関係者の証言として載せた。

口座管理人の立場で着服

すると記事を発表した同日夜、かつて存在した反人種差別運動団体「People’s Front Of Anti-Racism」(以下『PFAR』、14年9月30日活動終了)の運営メンバーであった木野寿紀氏がネット上に、カンパ金着服に関する事実を公表した(リンクはここから)。これによると、PFARによる「反レイシズム・メッセージ・プロジェクト」(人種差別団体のデモ行進に対して、新大久保駅近くの大型街頭ビジョンで反レイシズムのメッセージを放映するなど)のために寄せられたカンパ金106万7601円のうち、90万470円(口座からの出金手数料を含む)を菅野氏は着服。同団体の銀行口座の管理人であるという立場を利用し、13年5月7日から9月9日までに同額を出金した。10月初頭にPFAR内で着服の事実が発覚したが、菅野氏に確認を求めようとしても連絡が取れなかったという。11月3日になって、菅野氏から着服した全額が同口座に返還された。

返還されたカンパ金はその後、「国際人種差別撤廃デー記念デモとシンポジウム(14年 3月21日)」「東京レインボープライドパレード(同年4月27日)への参加」「東京大行進2014(同年11月2日)の開催費用の一部」に使用されたという。木野氏は、〈PFARの口座へお寄せいただいた募金全額が正しく本来の使途に使われたことは間違いない〉と強調している。

保守速報が削除

一方、昨年12月27日付の本誌記事は、まとめサイト「保守速報」に〈しばき隊が『差別撤廃 東京大行進』デモのカンパ金の一部を着服し、使い込んでいたことが発覚〉とのタイトルで記事の一部が拡散された。しかし、着服したのは菅野氏であることや記事の引用の範囲を超えていることから、今年1月30日に本誌は保守速報に抗議。すると同日中に保守速報から謝罪とともに該当記事を削除したとの連絡があった。

コメントの「捏造」という嘘

当の菅野氏は自身のツイッター(@noiehoie)で1月28日、〈週刊金曜日の報道そのものが、僕のコメントを改変しとるしね。それも「僕が一切言ってないことを書いた」レベルでね〉(https://twitter.com/noiehoie/status/825157681853837313)とつぶやきをしている。29日にはコメントを「捏造」した(https://twitter.com/noiehoie/status/825494834693574656)とも発言した。

だが、菅野氏のコメントはすべて本人のコメントであり、菅野氏自身または菅野氏の弁護士に発言内容の確認も取った上で掲載したものである。同氏は12年初夏に性的「暴行」事件を起こし、自身が事件を「事実」と認める謝罪文も書いている。しかし被害者は、「謝罪は形式的なものでしかなく、とても反省しているとは思えない事件後の菅野氏の対応や、ツイッターなどでの発言によってPTSDが悪化し、心療内科への通院を余儀なくされている」として15年に民事訴訟を提起。現在も係争中だ。さらに、昨年6月に被害届を受理した警察の捜査も現在並行して続いているのだ。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(2月28日締切)と
3月末締切の投句募集について

●投句一覧(2月28日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年3月31日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「春闘」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4110

兼題「雛市」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4112

●3月末締切の投句募集について

兼題「荷風忌」「葱坊主」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4114

■有料メールマガジン、発行200号を記念して読者プレゼントキャンペーン実施!

■有料メールマガジン、発行200号記念キャンペーン!
「きんようメルマガ」(月額800円 税別)の発行200号を記念しまして、読者プレゼントキャンペーンを実施します。
有料メ-ルマガジン登録者の方を対象に、ご応募いただいた方から抽選で5名様に弊社発行の単行本(下記、5冊のうちから好きなもの1冊)、もしくは『週刊金曜日』電子版、2017年4月発行号(4冊分)をプレゼントします。

対象者は、3月31日までに有料メールマガジンをご購読いただいた方です。

応募要項は、3月9日発行を皮切りに有料メールマガジンでお知らせします。ぜひご購読ください。

『現代日本を読み解く200冊』、『たいまつ 遺稿集』、『実名告発 創価学会』、『日本会議と神社本庁』、『私の1960年代』

 

■購読方法は弊社公式サイト「有料メルマガ」ページ http://www.kinyobi.co.jp/mailmagazine.php をご覧ください。

本誌主催講演会・第17回「金曜日文庫」

■タイトル:本誌主催講演会・第17回「金曜日文庫」
■講演タイトル:電通の正体

■日時:2017年3月16日(木)開場18時、18時30分~20時
■場所:寺島文庫(東京都千代田区九段北1-9-17 寺島文庫ビル1階)
地下鉄九段下駅(5番出口)徒歩3分

■登壇者:佐高信(評論家)、平井康嗣(本誌編集主幹)

■参加費:1000円(1ドリンク付)、要申し込み、先着30人

■申し込み先:book@kinyobi.co.jpまたはFAX 03-3221-8522
※申し込み件名に必ず「金曜日文庫17回目申し込み」とご明記ください。※FAX で申し込みの場合、必ずご自身のFAX 番号をご明記ください。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(1月31日締切)と
2月末締切の投句募集について

●投句一覧(1月31日締切)
『週刊金曜日』の月一連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年2月24日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「鶏合」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4100

兼題「流氷」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4104

●2月末締切の投句募集について

兼題「雛市」「春闘」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4106

2月21日★協賛イベント 「戦争の加害」パネル展 -知ることで未来が見える-

「戦争の加害」パネル展
-知ることで未来が見える-

日時:2月21日(火)~28日(火)10時~20時半
場所:神奈川県民センター1階展示室(横浜駅西口5分)
入場料:無料/問合せ:090-7405-4276
主催:記憶の継承を進める神奈川の会

協賛:『週刊金曜日』