おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

【訂正】東京・銀座ニコンサロンでの記念トーク日程について

『週刊金曜日』9月20日号37ページで写真展「赤い帽子」 (高橋健太郎さん)を紹介しました。
高橋健太郎さんと太田愛さんの記念トークは10月ではなく、9月21日16時から東京・銀座ニコンサロンで開催されます。
訂正いたします。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(8月31日締切)と
9月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年8月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年9月27日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「貝割菜」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4374
兼題「秋の蝶」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4376

●9月末締切の投句募集について

兼題「赤のまんま」「サフラン」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4378

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(7月31日締切)と
8月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年7月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年8月30日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「月光」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4367
兼題「とろろ汁」http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4365

●8月末締切の投句募集について

兼題「秋の蝶」「貝割菜」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4371

9月の投書テーマは「秋と旅行」

投書コーナー9月のテーマは「秋と旅行」です。

秋と言えば、読書、食欲、旅行などが思い浮かびます。旅行は日常と異なる場所に身を置くことで、新たな発見や出会いがあったりするものです。旅行でこんな風情溢れる場所に出合った、さまざまな人に巡り合い、心温まる経験をしたなど、これまでの旅行体験を聞かせてください。こんな楽しみを求めて旅行するという予定でもかまいません。

締切りは9月6日(郵送の方は当日消印有効)です。

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

投書フォームはこちらです→https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht

〔必要事項〕
●住所・氏名・年齢・職業・電話(ファクス)番号を原稿に明記してください。
緊急に連絡を取る場合がありますので、昼間の連絡先も必ず明記してください。
ご自宅以外に連絡するときは『週刊金曜日』と名乗りません。

●「投書」は13字詰め50行程度、「論争」は16字詰め72行、仮見出しをつけて
ください。「金曜川柳」、イラストレーションもどしどしお送りください。

●写真コーナー「私の撮っておき」は、写真(1MB以下)とともに50 文字程度
の写真説明をつけてください。

〔注意事項〕
●趣旨を変えないで手を入れることがあります。

●投稿後1カ月間は他紙・誌・ネットメディアとの二重投稿をご遠慮ください。

●とくに事情がない限り匿名は避けてください。

●電子版(アプリ有料配信)に掲載されます。あらかじめご了承ください。

●原稿の返却はいたしません。採用の可否に関するお問い合わせには応じかねます。

〔送付先〕
〒101- 0051
東京都千代田区神田神保町2-23
アセンド神保町3階 週刊金曜日「投書」係

ファクスの送り先は 03-3221-8532

メールは tosho★kinyobi.co.jp (★を@に替えてください)

「れいわ新選組」に対するご意見ご感想を募集します

『週刊金曜日』8月30日号の「れいわ新選組」特集に掲載する、みなさまからの投稿を募集します。

前参議院議員・山本太郎氏が代表を務めるれいわ新選組が、この7月の参議院選挙で約230万票もの得票を集めて2議席を獲得、政党要件を満たしました。重い障がいを持つ舩後靖彦氏と木村英子氏のお二人が参議院議員になったことで、国会のバリアフリー化が一気に進展するなど、突破力のある行動が注目されています。

一方、〈消費税は廃止〉〈奨学金チャラ〉〈全国一律!最低賃金1500円「政府が補償」〉などの政策には、実現性への疑問やポピュリズム批判も起きています。

れいわ新選組や山本太郎代表をあなたはどうみますか。熱い賛同や期待から疑問、厳しい批判まで自由にお寄せください。

字数は13字詰め50行程度。締切りは8月21日(郵送の方は当日消印有効)です。

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カードをお送りいたします。

【送付先】
・郵送    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
週刊金曜日「れいわ投書」係
・ファクス  03-3221-8532
・公式サイト https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht

【必要事項】
・住所・氏名・年齢・職業・電話(ファクス)番号を原稿に明記してください。緊急に連絡を取る場合がありますので、昼間の連絡先も必ず明記してください。ご自宅以外に連絡するときは『週刊金曜日』とは名乗りません。

【注意事項】
・趣旨を変えないで手を入れることがあります。
・投稿後、1カ月間は他紙・他誌・ネットメディアとの二重投稿をご遠慮ください。
・とくに事情がない限り匿名は避けてください。
・電子版にも掲載されます。あらかじめご了承ください。
・原稿の返却はいたしません。採用の可否に関するお問い合わせには応じかねます。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(6月30日締切)と
7月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年6月30日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年7月26日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「バナナ」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4358
兼題「噴水」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4360

●7月末締切の投句募集について

兼題「月光」「とろろ汁」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4362

【8月3日、大分】『週刊金曜日』創刊25周年記念講演会

小社発行人の植村隆が「ジャーナリズムへの期待」と題して講演します。ぜひ、お越し下さい。

【日時】8月3日(土)13時半~(開場13時)
【場所】大分市コンパルホール400会議室(JR大分駅5分)
http://www.compalhall.jp/
【参加費】1000円(前売り800円)
【問い合わせ】080-1709-7769(諫山)
【主催】「週刊金曜日」大分読者会
【協賛】『週刊金曜日』

満員御礼!【8月9日、東京】想田和弘監督作品上映会とトークイベントのお知らせ

★8月9日(金)19時からの上映会とトークイベントは満員となりました

当日券のご用意はございません。ご了承下さい。★

 

編集委員就任記念
想田和弘監督作品上映会とトークイベント

4月から編集委員に就任された想田和弘監督の作品上映会を開催します。
ゲストに小島慶子さんをお迎えし、想田監督と映画のこと、現在の日本社会の状況やメディアに求められていることなど幅広く語り合っていただきます。ぜひ、ご参加下さい。

日時:8月9日(金)19時~21時半(開場18時半)
上映:19時~、トーク:20時半~、想田和弘×小島慶子
司会:植村隆(本誌発行人)
場所:東京都千代田区 日比谷コンベンションホール
(地下鉄「霞ヶ関駅」C4・B2出口より5分)
参加費:1000円(当日受付精算)、要申込み:定員200人(先着順)
主催・問合せ:『週刊金曜日』TEL 03-3221-8521 FAX 03-3221-8522 book★kinyobi.co.jp ★は@に変換してください。

申込み方法
book★kinyobi.co.jp(★は@に変換してください)またはFAX 03-3221-8522でお名前、必要枚数をお知らせください。件名を「想田監督上映会」とし、参加者名を明記してください。FAX の場合、必ずご自身のFAX 番号を添えてください。メールの場合は@kinyobi.co.jpからのメールを受信できるように設定願います。

上映作品:『Peace』(2010年作品/75分)
平和へのヒントは、野良猫たちから教わった。戦争と平和、生と死、ユーモアと切なさが同居する「生の時間」のドキュメンタリー。

東京フィルメックス・観客賞,香港国際映画祭・最優秀ドキュメンタリー賞,ニヨン国際映画祭・ブイエン&シャゴール賞受賞.韓国・非武装地帯ドキュメンタリー映画祭・オープニング作品

映画『Peace』より
(c)2010 Laboratory X, Inc.

 

 

 

 

 

 

小島慶子
TBSアナウンサーを経て、エッセイスト・タレントとして活躍中。東京大学大学院情報学環客員研究員としてメディアやジャーナリズムに関するシンポジウムの開催なども行なっている。

想田和弘
映画作家。台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。

オリジナル9条Tシャツ第3弾 新色ナチュラル 期間限定発売!

橋本勝さんのイラストレーションによるオリジナル9条Tシャツ、限定カラーのナチュラル(薄クリーム色)を下記オンラインショップにて期間限定発売いたします。

申込み方法をお読みのうえ7月31日までにご注文ください。

ナチュラルは今回のみの販売になります。根強い人気のブラックは継続して発売中です。

1枚 3000円(税・送料込)

サイズ:M・L・XL

綿100%

【申込み期限】2019年7月31日(水)

【商品の発送】ご入金確認後2週間程度で発送

 

『週刊金曜日』3月1日号「ヒラ社長が行く」では植村社長が橋本さんにTシャツへの思いをインタビューしています。
動画も配信中です。https://www.youtube.com/watch?v=dh7H_sdFtIM

ご注文はこちらからどうぞ。

オンラインショップ
https://kinyobi.official.ec

 

※入金後のキャンセルはできません。あらかじめサイズやカラーをご確認のうえご注文ください。

※写真と実際の商品の色味が若干異なる場合がございます。ご了承ください。

 

 

8月の投書テーマは「戦争について考える」

今年も8月15日が近づいてきました。戦後74年となる「敗戦記念日」を前に、皆さんと一緒に戦争について考えてみたいと思います。

改憲の動きがにわかになり、再び軍靴の音が聞こえてきそうな気配を感じます。戦争と平和、私の戦争体験、戦争論・・・・・・。なんでも結構です。どしどしお寄せください。

締切りは7月26日(郵送の方は当日消印有効)。応募先・応募規定・注意事項は一般の投書と同じです。

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

投書フォームはこちらです→https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht