編集長コラム「金曜日から」 編集長のコラムを公開しています。

ウクライナ侵攻2年

 ロシアがウクライナに侵攻してから明日で2年が経つ。今号では「終わりの見えないウクライナ戦争」を特集した。筆者の一人、丸山美和さんはポーランド在住の大学教員でジャーナリスト。先日、一時帰国中の丸山さんが弊社を訪ねてきた。彼女が持参したたくさんのおみやげの中には珈琲豆もあった。この豆には深い意味がある。ウクライナ南部黒海沿岸の都市ミコライフ在住の女性が、輸入した豆を自宅で焙煎しネットで販売しているのだという。「ミコライフはかなり危険な地域」と丸山さん。それでも彼女の夢は自分のカフェを持つことだという。ゆったりした気分で珈琲を飲めることの幸せを噛みしめた。

 特集のもう一人の筆者、『朝日新聞』論説委員の駒木明義さんも指摘するとおり、停戦の見通しは立たない。国外に逃れた人々も少なくないが、国に残って戦う兵士だけでなく、戦禍の中で日常生活を送る人々も大勢いる。でも、その日常生活は私などが決して想像できない、常に危険と隣り合わせのものだ。(文聖姫)

魔の2月

 今週は年に数回ある魔の週。校了日が月曜日と金曜日の二度あったからだ。

 普段の校了日は月曜日だけだが、11日(月曜日)が休日なので、2月16日号の校了日が前倒しされて、9日(金曜日)となったわけだ。さらに、来週も金曜日が校了日となる。23日(金曜日)が休日なので、23日号の校了日が、これまた前倒しされて16日(金曜日)になった。というわけで、この「編集長後記」も今週は2回書いた。ちなみにこの原稿を書いている今日は2月9日だ。

 読者のみなさんにとってはなんのことやら、と思われるだろうが、まぁ、とにかくしっちゃかめっちゃかな日々が続いたと思っていただければ。この号がみなさんのお手元に届く頃には、だいぶ落ち着いているはずだ。

 ということで、まだ2月が20日も残っているのに、もう月末の号を作っている。ついこの前、新年を迎えたと思ったのに、あっという間だ。なんだか慌ただしい2月も過ぎれば3月。春ももうそこまで来ている。(文聖姫)

和歌山読者会

 2月3日、和歌山に読者会が発足した。発行人・社長の植村隆と共に、第1回の会に参加した。驚いた。なんと参加者は県外の人と私たち2人を含め29人。編集長になってから、できるだけ各地の読者会にお邪魔するようにしているが、これまで参加した中では最高の人数だ。

 会やその後の懇親会で、たくさんの人と話した。本誌への期待をひしひしと感じた。課題となる話も聞いた。ある方は、「ちょっと難しい。もう少しわかりやすく」。「一つのテーマをもっと深掘りしてほしい」という意見もいただいた。どちらも実践していかなければならない。わかりやすい内容で、かつ一つの問題を深掘りすること。

「いつも本誌の読者会欄を読みながら、和歌山にもできたらええなーと思っていたから、とてもうれしかった」という元教員の方もいた。いろいろと大変なことも多い毎日だが、読者から力をもらった。『週刊金曜日』がみなさんをつなげる一つのツールになってくれれば、こんなにうれしいことはない。(文聖姫)

復興支援

 あっという間に2月だ。今年は元日に能登半島地震が起き、1月2日には被災地に向かうため羽田空港の滑走路で待機していた海上保安庁の飛行機と日航機が衝突する事故が起きた。お祝いの雰囲気は完全に吹っ飛んだ。能登半島ではいまだに安否不明者がおり、テレビ画面では倒壊したままの家屋が映し出される。被災している方々の大変さを、私はメディアを通してしか知ることができない。少しでも助けになればと、ささやかながら寄付をした。

 一方で、前に向かって進もうとする人々の姿に感動を覚える。あるテレビ番組で、被災地の現場をルポしていた。寒ブリ漁が最盛期ということだが、金沢経由で全国に発送されるという。家族と離れて被災地に残るカキの養殖業を営む若い男性、復興に少しでも役立てればと、やはり家族と離れて被災地に残る大工……。能登産の食材を購入したり、こういう時だからこそぜひ金沢の旅行を楽しんでほしい、それが復興支援につながる、というリポーターの言葉が心に響いた。(文聖姫)

ラジオに出たい

 本欄でもお伝えしたとおり、1月18日にFMクマガヤの番組「Dr.ゴールドのキラキラ元氣の処方箋」にゲストとして出演した。『週刊金曜日』について1時間たっぷり話してきた。楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまった感じだ。

 パーソナリティーの根岸智子さんがうまくリードしてくださったおかげで、本誌の成り立ちから内容、編集委員制度や読者会、サポーターズ制度などについて、リラックスして話すことができた。Dr.ゴールドこと、ゆうあい内科・脳神経クリニックの金三雄院長も隣で付け足してくださったこともあって、リスナーの方々に本誌のことを知っていただけるよい機会になったと思う。お二人をはじめFMクマガヤのみなさんに感謝。

 番組の後半では、リスナーの方々から感想や質問などがメールで続々届いた。リスナーのみなさんと直接つながれているようで、うれしかった。

 またどこかのラジオ番組に出られるといいな~と、密かに野望をめぐらしている(笑)。(文聖姫)

福田玲三さん

 年末の12月22日、東京南部読者会に参加しました。会のメンバー、福田玲三さんが100歳を迎えたので、懇親会が開かれたのです。読者会メンバーらによる福田さんへの質疑応答という形式で進みましたが、記憶力もすごく、理路整然とした受け答えに感嘆しました。私には『週刊金曜日』への注文も。本誌12月22日・1月5日合併号の金時鐘さんインタビューのタイトルに「約600万人が虐殺されたユダヤ人の国が、なぜあれほどむごいことができるのでしょう」とあるのに、「その回答がない」。羊頭狗肉だというわけです。確かにそうです。反省しました。

 福田さんはウォーキング用ポールを持ちながらですが、階段の上り下りも御自身でされていました。近くの中国料理店で開かれた2次会にも参加。本誌編集委員と松元ヒロさん、発行人、編集長らが書いた「おめでとう色紙」が手渡されました。

 長生きの秘訣は「歩くこと」。夜もよく眠れるし、ごはんもおいしいそうです。見習わねば。(文聖姫)

新しい年に思う

 元日ののどかな雰囲気を一変させてしまった能登半島地震。5日現在、石川県でなくなった方は92人にのぼる。謹んでお悔やみ申し上げる。突然家族を失った悲しみはいかばかりか。5日午前の段階で、石川県の安否不明者は242人にのぼるとされる。日ごとに被害が増えていることに胸が痛む。また、被災された方々にお見舞い申し上げる。今後寒さも増すなか、避難生活が長引くと、疲れも増していくだろう。被災者のためにできることをしたい。

 こんな時に万博などやっている場合なのか。即刻中止すべきだろう。そんなお金があるなら、まずは被災地の復興に使うべきだ。自民党の裏金問題もすっかり報じられなくなった。だが、決してうやむやにしてはならない。今年も『週刊金曜日』が報じるべき問題はたくさんあると改めて感じる。

 私事ですが、1月18日(木)21~22時、FMクマガヤの「Dr.ゴールドのキラキラ元氣の処方箋」に出演します。『週刊金曜日』のことなど話す予定です。(文聖姫)

金時鐘さん

 金時鐘さんに話を聞いた目的は当初、ごく私的なものだった。本欄でも一度書いたが、私はいまライフワークとして家族の歴史を調査している。社会主義者だった祖父は「済州島4・3事件」の前に日本に来たが、残った家族は殺されたり、日本に行くことを余儀なくされたりした。そんなこともあって、4・3当時済州島にいた金時鐘さんに、当時のお話を聞きたかったのだ。10月、ご自宅にお邪魔して話をうかがった。昼から夕方まで3~4時間、話は多岐にわたった。この話は私一人が聞いただけではもったいない、と思い、後日了承を得てインタビューとして掲載させていただいた。

 ガザやウクライナで多くの人命が失われている。自民党安倍派の裏金問題は許しがたい。世界も日本も混沌としている。来年はどんな年になるのか。

 今年は今号が最後となりました。来年も読者のみなさまにより良いコンテンツをお届けできるよう、スタッフ一同頑張ってまいります。よいお年を。(文聖姫)

慈泰雄さん

 神戸在住の『週刊金曜日』読者、慈泰雄さん(87歳)はお坊さんである(いまは引退してお寺は息子さんの代になっている)。趣味人でもある。特にジャズに関する知識が豊富だ。これまでご自宅に二度お邪魔したが、ジャズのレコードやCDが書棚にずらっと並んでいる。“お宝級”のジャズギターも壁に陳列されていて、さながらジャズバーのようだ。今年10月初旬に訪れた際には、フランク・シナトラのボーカルを聴かせてくださった。伴奏はネルソン・リドル楽団である。シナトラといえば、「マイ・ウェイ」ぐらいしか知らなかった私だが、耳にとても心地よかった。

 慈さんは季刊誌『TRAD JAZZ NEWS FROM KOBE』も刊行している。先日№183が送られてきた。すべてお一人で作製している手作りの冊子だ。創刊は1990年なので、33周年。今年創刊30周年を迎えた本誌より3歳も年上だ。ジャズに関してだけでなく、社会問題や小説、ご自身が感じたことなどテーマもさまざま。時折本誌のことも紹介してくれる。(文聖姫)

出会い

 週刊金曜日に勤め始めてから5年半が過ぎた。新聞記者時代も含めると、この業界で記者・編集者として仕事をして25年以上がたったことになる。ここまで続けてこられたのは、何よりこの仕事が好きだからだ。なぜ好きなのか。いろいろ理由はあるが、何といっても、名刺1枚でさまざまな人に会い話を聞くことができるのが、私にとっては醍醐味である。

 先週末もある方を取材するため札幌に行ってきた。近々編集長インタビューとして掲載する予定なので、それまでは秘密だが、弱い立場の人たちのためなら労力を惜しまないすばらしい方だ。昼食時も入れるとたっぷり3時間話を聞いたのだが、まだもっと話を聞きたいと思った。飛行機の時間さえなければと、後ろ髪をひかれる思いで札幌をあとにした。

 振り返れば今年も多くの方たちにインタビューした。その方たちの言葉や人となりをできるだけ伝えたつもりだが、判断は読者に委ねたい。来年も多くの出会いを目指そうと思う。(文聖姫)