おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

8月の投書テーマは「戦争について考える」

今年も8月15日が近づいてきました。戦後74年となる「敗戦記念日」を前に、皆さんと一緒に戦争について考えてみたいと思います。

改憲の動きがにわかになり、再び軍靴の音が聞こえてきそうな気配を感じます。戦争と平和、私の戦争体験、戦争論・・・・・・。なんでも結構です。どしどしお寄せください。

締切りは7月26日(郵送の方は当日消印有効)。応募先・応募規定・注意事項は一般の投書と同じです。

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

投書フォームはこちらです→https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht

【重要】6月28日(1238)号の郵便配達が遅れるかもしれません

日本郵便はG20大阪サミットの開催に伴い、6月27日(木)~6月30(日)の期間、大規模な交通規制が実施されるため、郵便物の配達に1~2日程度の遅れが見込まれると発表しました。
 https://www.post.japanpost.jp/notification/productinformation/2019/0606_01.html

つきましては6月28日号の近畿地区以西 へのお届けが、通常より遅れることが予測されます。読者のみなさまには大変ご 迷惑をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

株式会社金曜日
業務部

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(5月31日締切)と
6月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年5月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年6月28日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「沙羅の花」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4353
兼題「青蔦」   http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4355

●6月末締切の投句募集について

兼題「バナナ」「噴水」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4350

『週刊金曜日』新生活応援キャンペーン

大好評『週刊金曜日』新生活応援キャンペーン

離れて暮らすお子さん・お孫さんなどに『週刊金曜日』を贈りませんか

活字離れの若者にこそ『週刊金曜日』で知識と教養を身につけ、社会問題を考えてもらいたい。今という時代を見抜き、生き抜くために。

購読料金
半年購読 24冊 = 12,200円
1年購読 48冊 = 23,900円
※延長される場合はその都度のお申し込みになります。自動継続ではありません。

※現在のご自身の契約とは別途の定期購読になります。

○請求先はお申し込みをされた方へ、『週刊金曜日』の送付先はご指定のお子さん・お孫さんなどのご住所になります。

○初回号にメッセージを付けてお送りいたします(メッセージなしも可)。

キャンペーン特典
図書カード500円分プレゼント!
※ご入金を確認次第、贈呈先にお送りします。

お申し込み方法
「金曜日」業務部までお電話をください。申込書をお送りいたします。

<申込み・問合せ>
「金曜日」業務部
TEL 0120-00-4634
FAX 0120-55-4634
2019年3月29日号同封の申込書をお持ちの方は、ご自分の名前・住所・電話番号・プレゼントされる方の名前・住所を明記の上、FAX、または封書で下記までお送りください。
(メッセージのある方はメッセージも添えて)

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
『週刊金曜日』新生活応援キャンペーン係

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(5月6日締切)と
5月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年4月6日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年5月31日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「紫陽花」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4339
兼題「麦秋」   http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4343

●5月末締切の投句募集について

兼題「青蔦」「沙羅の花」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4345

『週刊金曜日』読者拡大キャンペーン

●『週刊金曜日』読者拡大キャンペーン

定期購読を薦めたいお知り合いの方に見本誌をお送りします!

読者のみなさまにお願いがあります。新しい読者をご紹介していただけないでしょうか。憲法改悪が現実味を帯びるなか、本誌の部数が伸びれば「壊憲阻止」の大きな力になると確信しております。どうか『週刊金曜日』に力を与えてください。

ご紹介の方法

(1)インターネット活用の場合
下記のフォームにご記入ください。
https://fs224.formasp.jp/u543/form8/

(2)ファクス、封書の場合
ご自分の氏名、契約番号(定期購読者のみ)、住所、電話番号、ご紹介くださる方の氏名、住所を明記の上、下記までお送り下さい。

ご紹介いただいた方には、紹介者のお名前を記入した挨拶状と見本誌・申込み手続き用紙を送らせていただきます。ご紹介いただいた方が定期購読された場合、些小ではございますが、紹介者と被紹介者の方それぞれにオリジナル図書カードと「日本国憲法」ポストカードを進呈させていただきます。

『週刊金曜日』読者拡大キャンペーン係行
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町 2-23 アセンド神保町3階
FAX 0120-55-4634

【販売終了】オリジナル9条Tシャツ 新色ワインレッド 注文限定発売!

 

【ご注意】ワインレッドの販売は終了しました。

橋本勝さんのイラストレーションによるワインレッドのオリジナル9条Tシャツを下記オンラインショップにて限定発売いたします。

申込み方法をお読みのうえ5月31日までにご注文ください。

6月下旬の発送になります。

ワインレッドは今回のみの販売になります。根強い人気のブラックは継続して発売中です。

1枚 3000円(税・送料込)

サイズ:M・L・XL

綿100%

【申込み期限】2019年5月31日(金)

【商品の発送】2019年6月下旬

 

『週刊金曜日』3月1日号「ヒラ社長が行く」では植村社長が橋本さんにTシャツへの思いをインタビューしています。
動画も配信中です。https://www.youtube.com/watch?v=dh7H_sdFtIM

ご注文はこちらからどうぞ。

オンラインショップ
https://kinyobi.official.ec

 

※入金後のキャンセルはできません。あらかじめサイズやカラーをご確認のうえご注文ください。

※写真と実際の商品の色味が若干異なる場合がございます。ご了承ください。

 

 

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(3月31日締切)と
4月末締切の投句募集について

●投句一覧(2019年3月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2019年4月26日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「春の虹」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4334
兼題「猫の子」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4336

●4月末締切の投句募集について

兼題「紫陽花」「麦秋」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4331

4月の投書テーマは「部活動・クラブ活動と私」

新年度が4月からはじまりました。この時期、新しく部活動・クラブ活動に入った新入生も多いのではないでしょうか。迷っている方も多いでしょう。

ところで、皆さんは部活動・クラブ活動の思い出はありますか。私は中学生の時は美術部でした。と言っても部員は私一人。学校に美術部がなかったので、私が立ち上げたのですが、結局3年間誰も参加せずでした。トホホ。地味なクラブでしたからね~。

昔の自分の思い出、子どもの部活動・クラブ活動のエピソード、いま頑張っている部活動・クラブ活動について、なんでも結構です。ふるって送って下さい。

締切りは5月10日(郵送の方は当日必着)。応募先・応募規定・注意事項は一般の投書と同じです。

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

(投書担当/文聖姫)

投書フォームはこちらです→https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht

 

新編集委員体制と編集委員制度について

1.新編集委員体制について

3月末をもって石坂啓、落合恵子両氏が本誌編集委員を退任され、4月1日、想田和弘、崔善愛両氏が編集委員に就任されました。
これにより本誌の編集委員は、雨宮処凛、宇都宮健児、想田和弘、田中優子、崔善愛、中島岳志、本多勝一各氏の7人になります。
また、この機会に、編集委員の権限と責任を見直しましたので(2.「編集委員制度について」)、あわせてご覧下さい。
スタッフ一同、新しい風を感じながら、読者の方々、編集委員とともに、これからも質の高い誌面づくりに励むつもりです。お力添えをよろしくお願いいたします。

株式会社金曜日

2.編集委員制度について

本誌は1993年11月、6人の編集委員と読者が集い創刊されました。編集委員制度は創刊の精神を引き継ぐものです。

1.編集委員と編集部は人権の尊重、平和の希求、地球環境保護などの理念を共有しています。
2.編集委員は編集部に常駐しませんが、毎週開かれる編集会議に直接参加したり、担当編集者を通じて誌面への意見を出したり、企画の提案などをすることができます。
3.編集委員はみずからの責任のもとで特集を誌面化する「責任編集」記事をつくることができます。ただし、その内容について編集部は意見を述べたり、助言したりすることができます。
4.編集委員は原則、それぞれの担当コラムを執筆し、また持ち回りで「風速計」を書きます。
5.編集委員が執筆などをした場合は、これまでと同様に他の執筆者らと同等の原稿料・謝礼を支払います。
6.編集委員の原稿について、編集部は他の執筆者の原稿と同様に必要な意見を言い、編集作業を行ないます。意見が折り合わない場合は、他の編集委員に意見を求めることができます。
7.編集委員と編集部が議論を深める拡大編集会議を、年に一〜二度開きます。編集委員、編集部、いずれかから開催の要求があった場合は、臨時に拡大編集会議を開くことができます。
8.誌面で重大な事態が発生した場合は、編集部は編集委員にすみやかにその事実を知らせます。
9.編集委員は自分の執筆記事や「責任編集」記事以外で編集責任を問われることはありません。毎号の具体的な誌面づくりは編集部が行ない、誌面全体の最終的な編集責任は編集長が負います。
10.編集委員は『週刊金曜日』を発行する㈱金曜日の経営には参画しません。すべての経営責任は㈱金曜日が負います。したがって、編集委員には経営責任はありません。

(2019年4月1日)

 

編集委員のページはこちらです。