おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

4月の投書テーマは「出会いと別れ」です

「 会うは別れの始め」。白居易の詩にも、仏教の経典にも出てくる言葉です。別れといえば、「人生足別離」を、「『サヨナラ』ダケガ人生ダ」と訳したのは、井伏鱒二でした。名訳ですね。

さて、春は、出会いと別れの季節です。

読者のみなさんは、これまでどのような出会いがあり、別れがあったでしょうか。さまざまな「物語」をお寄せください。

【締め切り】 4月19日(郵送の方は当日必着)
採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

ご投稿をお待ちしております。 (さらに…)

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(3月末締切)と
4月末締切の投句募集について

●投句一覧(2021年3月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」(毎月最終週号に掲載)は、原則としてすべての投句をネット上で公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』4月30日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「夏シャツ」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4532
兼題「柏餅」   http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4534

●4月末締切の投句募集について

兼題「掛香」「避暑地」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4536

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(2月末締切)と
3月末締切の投句募集について

●投句一覧(2021年2月28日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」(毎月最終週号に掲載)は、原則としてすべての投句をネット上で公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』3月26日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「牡丹」   http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4522
兼題「麦の秋」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4525

●3月末締切の投句募集について

兼題「柏餅」「夏シャツ」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4527

「北村肇さんを偲ぶ会」オンライン配信のお知らせ

一昨年12月に亡くなった北村肇さん。「毎日新聞労働組合」や「新聞労連」の委員長を務め、『週刊金曜日』発行人としても活躍されました。本来ならば昨年、多くの方にお集まりいただき追悼する会を実施する予定でしたが、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響を受け叶わず、そのまま延期となっておりました。こうしたなか、政権はますます劣化し、その責任は私たちメディアの責任も問われています。北村さんは「新聞労連」委員長時代、「新聞人の良心宣言」を確立しました。20年以上前のものになりますが、そこに目を通すと、いまでも色あせていないことがわかります。そして権力者への批判は容赦なく、弱者への眼差しを忘れない、何よりも命を大切にするジャーナリストでした。

今回「新聞労連」「毎日新聞労働組合」「金曜日」は北村さんの功績を偲び、これからのジャーナリズムを考えるために「北村肇さんを偲ぶ会」を下記の通り執り行います。

コロナ禍による開催のため「ツイキャス」によるオンライン配信となりご不便をおかけしますが、どうぞご参加くださるようよろしくお願いいたします。

 

発起人

日本新聞労働組合連合(新聞労連)委員長   吉永 磨美

毎日新聞労働組合委員長            大久保 渉

『週刊金曜日』発行人            植村 隆

 

「北村肇さんを偲ぶ会」

日 時 2021年4月4日(日)14:00~

https://ssl.twitcasting.tv/syukan_kinyobi/shopcart/62167

参加費(チケット) 300円

※「ツイキャス」によるオンライン配信です。上記URLにアクセスしてください。

※別途システム使用料100円がかかります。

※アーカイブ視聴期間 2021年4月18日(日)23:59まで

※お手数ではありますが、「ツイキャス」にアカウントを登録し、ログインのうえチケットを購入してください。

 

  • 式次第(予定)

・送る言葉

・ご生前の動画上映

・座談会シンポジウム

「北村肇が遺したもの――これからのジャーナリズムを考える」

司会 南彰(前新聞労連委員長)

片岡 伸行(記者)

朴 慶南(作家、エッセイスト)

明珍 美紀(元新聞労連委員長)

豊 秀一(『朝日新聞』編集委員)

・ご遺族から

 

【問い合わせ】

金曜日業務部 03-3221-8521    book@kinyobi.co.jp

 

以上

岩手県花巻市の「風人堂」で『週刊金曜日』を販売します

『週刊金曜日』2月19日号から月1連載「花巻の風」が始まります。岩手県の花巻市が舞台です。

筆者の北山公路さんは「一人ひとりが回す小さな歯車が一つまた一つと増え、いま花巻は変わりはじめている」と言います。あなたの街の元気を取り戻すヒントが詰まった連載になると思います。毎月第3週掲載です。

そんな北山さんは昨年の2020年11月、花巻市内に「Books & Theater Cafe 風人堂」を開店させました。

Books & Theater Cafe 風人堂さんの外観。(撮影/北山公路)

〈本棚を月2200円で貸し出し、借り主の好きな本を並べて販売する形。活字離れが懸念される中、「大型書店では出合わない本と人を結ぶ場を目指したい」と意気込む〉

風人堂さんの店内。(撮影/北山公路)

〈カフェはテーブルとカウンターの計17席。温かみのある照明がともり、落ち着いた空間で読書を楽しめる。同市石鳥谷町の障害者支援施設「松風園」で焙煎(ばいせん)したコーヒーや同市東和町の「なんぶ平野農園」のりんごジュースのほか、ビールや地酒などを味わえる〉(岩手日日新聞)お店です。

そこで、弊社では、「花巻の風」連載開始を記念して「風人堂」さんの「レンタルシェルフ」(本棚)を契約。『週刊金曜日』や弊社発行の単行本を販売することとなりました。

金曜日発行の単行本や『週刊金曜日』が並ぶ風人堂さんの本棚。(撮影/北山公路)

現在は、連載掲載の『週刊金曜日』2月19日号や『香害』や『買ってはいけない』、『貧困なる精神』(本多勝一著)、『のんではいけない薬大辞典』、『はじめてのマルクス』(鎌倉孝夫×佐藤優著)、『蟹工船』(小林多喜二著)、『私の1960年代』(山本義隆著)を置いています。

お近くにお出かけの際にはぜひ、お立ち寄りいただけるとうれしいです。

(電子メディア部 伊田浩之)

 

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(1月末締切)と
2月末締切の投句募集について

●投句一覧(2021年1月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」(毎月最終週号に掲載)は、原則としてすべての投句をネット上で公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2月26日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「桜漬」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4508
兼題「桜餅」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4513

●2月末締切の投句募集について

兼題「牡丹」「麦の秋」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4515

【訂正】1月22日号56ページ「本箱」

1月22日号56ページ「本箱」の『隣町珈琲の本』の「ISBN978-4-9911378-0-5」は「ISBN978-4-9911378-0-8」の誤りでした。お詫びして訂正します。

『隣町珈琲の本』の特設ページは下記です。
http://tonarimachicafe.jp/contents/books.html

2月の投書テーマは「この1冊」です

現在、太田愛さんの小説にハマっております。昨年12月11日号の山下暁子さんの「論考」に触発されたためです。こうした「本との出会い」は、「人との出会い」に比すほどの大切さを持っているような気がします。

また、フランスの哲学者ルネ・デカルトはこう述べています。「良き書物を読むことは、過去の最も優れた人たちと会話をかわすようなものである」。昨年の1年間で、みなさんが出会った素晴らしい本をご紹介ください。

【締め切り】 2月15日(郵送の方は当日必着)です。お待ちしています!

採用させていただいた方には、掲載誌1部と図書カード(500円)をお送りいたします。

投書フォームはこちらです→https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=ht

(さらに…)

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(1月5日締切)と
1月末締切の投句募集について

●投句一覧(2021年1月5日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」(毎月最終週号に掲載)は、原則としてすべての投句をネット上で公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』1月29日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「針供養」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4499
兼題「鮪」    http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4502

●1月末締切の投句募集について

兼題「桜餅」「桜漬」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4504

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(11月30日締切)と
12月末締切の投句募集について

●投句一覧(2020年11月30日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」(毎月最終週号に掲載)は、原則としてすべての投句をネット上で公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける、まったく新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』12月25日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「枯芭蕉」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4494
兼題「湯豆腐」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4496

●12月末締切の投句募集について

兼題「鮪(まぐろ)」「針供養」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4492