おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(9月30日締切)と
10月末締切の投句募集について

●投句一覧(9月30日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年10月27日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「九月尽」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4170

兼題「胡桃」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4172

●10月末締切の投句募集について

兼題「菊人形」「初冬」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4174

~日中戦争80年共同キャンペーン~ 10月学習会

「戦場体験」を受け継ぐということ
~ビルマルートの拉孟全滅戦の生存者を尋ね歩いて~

日時:10月28日(土)18 時15 分〜
場所:文京区民センター2-A 室
講師:遠藤美幸さん(神田外語大学非常勤講師)
参加費:800円

1944 年、日本軍は「ビルマルート」(英米軍から中国国民党軍への物資ルート)を遮断するために中国・雲南省に侵攻するも、中国軍の反攻を受け1300 人の部隊は全滅します。奇跡的に生き残った30人の元兵士に対し、遠藤さんは10 年以上をかけて聞き取りを続けています。日本軍が住民にスパイ容疑をかけて住民虐殺した事実なども含め、戦場体験を受け継ぐことの意味について自問を続けておられます。

主催:日中戦争80 年共同キャンペーン実行委員会
参加団体(順不同)
市民の意見30 の会・東京/週刊金曜日/日中戦争80 年市民フォーラム/日本中国友好協会/日本戦没学生記念会(わだつみ会)/撫順の奇蹟を受け継ぐ会/不戦兵士・市民の会/日中友好「8.15」の会(日中友好元軍人の会)/平和の棚の会

~日中戦争80年共同キャンペーン~ 9月学習会

毒ガス製造企業の加害責任
〜隠蔽された大牟田爆発赤痢事件〜
日時:9月24日(日)13 時30 分〜
場所:文京区民センター3-A 室
講師:北宏一朗さん(化学兵器被害解決ネットワーク)
参加費:800円

日本軍の毒ガス兵器製造については広島県大久野島の毒ガス工場が有名ですが、実際はさまざまな化学企業が中間工程まで請け負い、最終工程を陸軍(大久野島)海軍(神奈川県寒川)の工場が担うという生産構造がありました。北さんは多くの化学企業の社史を細かく読み込み、どのような企業が毒ガス兵器製造に関わり、工場の事故を隠蔽し、戦後まったく反省せず現在に至っているかを調査し続けています。

主催:日中戦争80 年共同キャンペーン実行委員会
参加団体(順不同)
市民の意見30 の会・東京/週刊金曜日/日中戦争80 年市民フォーラム/日本中国友好協会/日本戦没学生記念会(わだつみ会)/撫順の奇蹟を受け継ぐ会/不戦兵士・市民の会/日中友好「8.15」の会(日中友好元軍人の会)/平和の棚の会

第21回「金曜日文庫」(9月22日開催)は満席になりました

『週刊金曜日』9月8日(1151)号66頁「お知らせ」欄掲載の第21回「金曜日文
庫」(2017年9月22日開催)は会場の定員を上回る多数のお申込みをいただいたため
受付を終了しました。誠に申し訳ございません。参加をご検討いただいた方には
大変心苦しく思いますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(8月31日締切)と
9月末締切の投句募集について

●投句一覧(8月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年9月29日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「柘榴」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4162

兼題「夜なべ」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4165

●9月末締切の投句募集について

兼題「九月尽」「胡桃」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4167

【9月23日開催】唖蝉坊と沖縄~『軟骨的抵抗者──演歌の祖・添田唖蝉坊を語る』発刊記念イベントのお知らせ

演歌師・添田唖蝉坊(1872―1944年)は明治から昭和初期にかけて活躍した近代流行歌の祖です。風刺やユーモアに満ちた唖蝉坊の歌は貧困が拡大する現代の世相に響き合い、いまも人々の心にしみいります。「ストライキ節」「ラッパ節」など多くの人が一度は聴いたことがあるメロディーは数知れません。

この唖蝉坊を取り上げた単行本『軟骨的抵抗者──演歌の祖・添田唖蝉坊を語る』
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002364.php
の発刊を記念してイベントを開きます。

ゲストは、八重山民謡の第一人者・大工哲弘さんと、共著者の1人ルポライターの鎌田慧さんです。唖蝉坊演歌を味わいにぜひお越しください。

【日時】9月23日(土)午後7時~午後8時半(午後6時半開場)

【会場】韓国YMCAスペースY
(東京都千代田区猿楽町2-5-5、JR水道橋東口から徒歩約5分)

【出演】鎌田慧、大工哲弘

【参加費】1200円(税込み、全席自由)

【予約】電子メール(henshubu@kinyobi.co.jp)で受け付けます。
件名に「唖蝉坊イベント予約」と明記し、本文に予約枚数と氏名を明記してください。予約締切は9月22日(金)午後5時です。

【問い合わせ】『週刊金曜日』編集部・伊田(電話03-3221-8527)

~日中戦争80年共同キャンペーン~ 8月学習会

731 部隊・加害者の戦後
〜隠蔽・免責・復権、政財界での暗躍〜
日時:8月26日(土)18 時〜
場所:文京区民センター2-A 室
講師:加藤哲郎さん(一橋大学名誉教授)
参加費:800円

731 部隊については今まで300 冊近い関連図書が出ていますが、高等将校や高等官についての研究は充分ではありません。加藤さんは今年上梓された新著『「飽食した悪魔」の戦後 731 部隊〜二木秀雄と「政界ジープ」〜』(花伝社)で、二木秀雄(ふたきひでお)という医師の数奇な後半生を通じて、戦争加害者たちの戦後の暗躍、そのおぞましさの一断面を示しました。

主催:日中戦争80 年共同キャンペーン実行委員会
参加団体(順不同)
市民の意見30 の会・東京/週刊金曜日/日中戦争80 年市民フォーラム/日本中国友好協会/日本戦没学生記念会(わだつみ会)/撫順の奇蹟を受け継ぐ会/不戦兵士・市民の会/平和の棚の会

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(7月31日締切)と
8月末締切の投句募集について

●投句一覧(7月31日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年8月25日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

電子版も発行しています

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「枝豆」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4151

兼題「流灯」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4157

●8月末締切の投句募集について

兼題「夜なべ」「柘榴」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4159

緊急講演会のお知らせ 検証 産経新聞報道~安倍応援団の正体を暴く~

さまざまな暴論を書き続けてきた『産経新聞』。
同紙をウォッチしてきた学者やジャーナリストが
一堂に会して事実を突き付けます。乞うご期待!

◆日時 2017年7月24日(月)
18:30~20:30 (開場は18:00)

◆参加費 1000円(予約不要)

◆場所 東京・早稲田奉仕園スコットホール
新宿区西早稲田2-3-1(地下鉄早稲田駅より徒歩5分 地下鉄西早稲田駅より徒歩8分)

◆講演と鼎談
植村 隆(元『朝日新聞』記者)
斉藤 正美(富山大学非常勤講師)
能川 元一(大学非常勤講師)

◆予約は必要ありませんので、お気軽にご参加ください。

◆主催 『週刊金曜日』
問合わせ 『週刊金曜日』TEL:03-3221-8521

チラシ170707-2-1

 

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧(6月30日締切)と
7月末締切の投句募集について

●投句一覧(6月30日締切)
『週刊金曜日』の月1連載「櫂未知子の金曜俳句」は、原則としてすべての投句をネット上で 公開しています。 投句者、読者の皆さまにも選句を楽しんでいただける新しい試みです。
(投句は無料です)

選句結果と選評は『週刊金曜日』2017年7月28日号に掲載します。
どうぞ、選句をお楽しみ下さり、櫂さんの選と比べてみてください。

『週刊金曜日』の購入方法はこちらです。

amazonなどネット書店でも購入できるようになりました。
予約もできます。「週刊金曜日」で検索してください。

兼題「七夕」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4144

兼題「草市」  http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4146

●7月末締切の投句募集について

兼題「枝豆」「流灯」 http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4148