おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

★創刊25周年 記念講演会 ★企画募集中です!

★創刊25周年記念講演会
企画募集中です!


1月26日、札幌での『週刊金曜日』25周年記念講演会「格差と貧困スパイラル~ブラックバイトと奨学金~」(講師・大内裕和中京大学教授)の翌日、旭川でも読者会主催で25周年記念講演会が開かれました。昨年11月16日号の「ヒラ社長が行く」で書いているように小関敬之さんを中心とした旭川地区読者会のみなさんの尽力で、寒波による雪が残るなか、約50人の方々が集まってくださる盛会となりました。この講演会では「市民と考えるジャーナリズム」をテーマに植村隆本誌発行人が講演しました。 本誌では10月まで各地で25周年記念集会を開催したいと考えています。「この人の話を聞いてみたい」など講師の要望にも可能な限り応じたいと思います。指名があれば発行人も駆けつけます。企画段階からご相談にのりますので、ぜひ読者会担当までご連絡ください。


読者会担当・原田成人
03・3221・8521
dokusyakai@kinyobi.co.jp

定期購読料改定のお知らせ

定期購読料改定のお知らせ

日ごろのご愛読、心より感謝いたします。
本誌は、広告に頼らず定期購読主体の雑誌として、また読者のみなさまとともにつくる雑誌として、1993年の創刊以来22年間歩んでくることができました。この間、少しでもご負担のかからないようにと、定期購読料を据え置いてまいりましたが、このたび、まことに遺憾ではございますが、定期購読料改定に踏み切ることといたしました。その最大の理由は「配送方法の変更」です。7月17日(1048)号より、遅配・未着が散見された従来の配送方法から安定感のある日本郵便(株)の「ゆうメール」に変更しました。加えて原材料費等の高騰も内部努力だけでは解消できなくなっており、読者のみなさまに一部ご負担をお願いせざるをえない状況です。つきましては、まことに心苦しくはありますが、2015年12月4日(1066)号からのお申込み分、ならびに既に定期購読をされている方は同号以降で更新となるご契約分から、以下のように定期購読料を改定させていただくことになりました。
これまで以上に質の高い雑誌をお届けできるよう努力してまいります。何とぞご理解をたまわりますよう、伏してお願い申し上げます。

(購読期間)   (現在の価格) (改定後価格)
半年(24冊)    11,760円→12,200円
1年(48冊)    23,000円→23,900円
2年(96冊)    43,200円→45,000円
3年(144冊)   57,600円→60,000円
月々引落し(1冊)        500円→     520円
※月々引落しは1冊の価格×その月の冊数を金融機関から引落し。

『週刊金曜日』発行人
北村 肇

定期購読の方へのお知らせ

お送りした『週刊金曜日』の残り冊数が、購読料金を入金したにもかかわらず残数が増えないというお問い合わせが多数寄せられています。これは定期購読システムの変更にともない、入金実績のシステムへの取り込みが遅れているためです。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。来週お送りする10月16日号で残り冊数に反映いたしますのでご確認ください。よろしくお願いいたします。

配送方法の変更と定期購読料改定のお知らせ

定期購読者のみなさまへ

 日ごろのご愛読、心より感謝いたします。
おかげさまで本誌は、広告に頼らず定期購読主体の雑誌として、また読者のみなさまとともにつくる雑誌として、1993年の創刊以来22年間歩んでくることができました。この間、少しでもご負担のかからないようにと、定期購読料を据え置いてまいりました。消費税増税の際も、内部努力で乗り越えてきました。
しかしこのたび、まことに遺憾ではございますが、定期購読料改定に踏み切ることといたしました。最大の理由は「配送方法の変更」です。経費削減のため、2010年にそれまでの郵送(第三種郵便)からヤマト運輸(株)の「クロネコメール便」に切り替えました。その結果、地域や時期により遅配や未着が相次ぎ、読者のみなさまにご迷惑をおかけすることになってしまいました。また同社が今年4月、個人向けメール便を廃止するなど、今後も不安定な要素があります。そこで、より安定感のある日本郵便(株)の「ゆうメール」に切り替える決断をいたしました。
 また、原材料費等の高騰も内部努力だけでは解消できなくなっており、読者のみなさまに一部ご負担をお願いせざるをえない状況です。つきましては、まことに心苦しくはありますが、本年12月4日(1066)号以降に更新となるご契約分、ならびに同号以降の新規購読のお申し込み分から以下のように定期購読料を改定させていただくことになりました。配送方法の変更は7月17日(1048)号より実施いたします。
 これまで以上に質の高い雑誌をお届けできるよう努力してまいります。何とぞご理解をたまわりますよう、伏してお願い申し上げます。

(購読期間)     (現在の価格)  (価格改訂後)
半年(24冊)  11,760円→12,200円
1年(48冊)  23,000円→23,900円
2年(96冊)  43,200円→45,000円
3年(144冊) 57,600円→60,000円
 月々引落し(1冊)    500円→520円
※月々引落しは1冊の価格×その月の冊数を金融機関から引落。

配送方法変更と定期購読料改定のお知らせ

定期購読の配送に関して

定期購読の配送に関して

台風8号の影響により、7月11日(999)号のお届けに遅れが生じております。申し訳ございません。読者のみなさま様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。

㈱金曜日

読者紹介キャンペーンを7月10日まで延長します!

一人でも多くの方に弊誌を読んでいただきたいと「読者紹介キャンペーン」を行なったところ、たくさんのご協力を得ることができました。深く感謝いたします。7月18号が1000号を迎えることもあり、キャンペーン期間を7月10日まで延長することにいたしました。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

発行人 北村 肇

定期購読を検討していただけそうな方をご紹介ください。
ご紹介いただいた方には、見本誌送付時に紹介者のお名前をお伝えし、その方が定期購読された場合、その方と紹介者のそれぞれに図書カード(500円)を2枚進呈させていただきます。

書式は自由です。紹介者のお名前と購読者番号(定期購読者以外の方は住所・電話番号も)、被紹介者のお名前、住所を明記していただき、FAX・郵便・メールなどで業務部宛お送りいただくか、Webサイト「ご紹介フォーム」https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=siをご利用下さい。

金曜日 業務部

5月末日まで読者紹介キャンペーンを実施中!

5月末日まで読者紹介キャンペーンを実施中!

小誌が社会に少しでも影響力を持つために、定期購読を検討していただけそうな方をご紹介ください。
ご紹介いただいた方には見本誌送付時に紹介者のお名前をお伝えし、その方が定期購読された場合、その方と紹介者のそれぞれに図書カード(500円)を2枚進呈させていただきます。

書式は自由です。紹介者のお名前と購読者番号(定期購読者以外の方は住所・電話番号も)、被紹介者のお名前、住所を明記していただき、FAX・郵便・メールなどで業務部宛お送りいただくか、Webサイト「ご紹介フォーム」https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=siをご利用下さい)。

金曜日 業務部

『週刊金曜日』臨時増刊号のお知らせ

4月17日に臨時増刊号『さらば、独裁者――検証 暴走する安倍政権』(税込700円)を発売します。書店のみの発売です。定期購読には含まれませんので、最寄りの書店でお求め下さい。
※一部、本誌掲載記事を再録しています。
※音訳版も発行します。

20140417-3

定期購読のお届けに関して

消費税増税に伴う、駆け込み需要の荷物増加の影響を受け、物流状況に大きな混乱が生じており、3月28日(985)号のお届けが大幅に遅れました。誠に申し訳ございません。また、現在も物流は回復に至っておらず、4月4日(986)号もお届けが遅れています。重ねてお詫び申し上げます。引き続きご迷惑をお掛けしますが、現状を鑑みて、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

定期購読のお届けに関して

消費税増税に伴う、駆け込み需要の荷物増加の影響を受け、物流状況に混乱が生じており、3月28日(985)号のお届けが大幅に遅れております。誠に申し訳ございません。また、現時点で流通の回復具合が不透明であり、4月4日(986)号以降もお届けが遅れる場合がございます。現状を鑑みて、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。