おしらせブログ 週刊金曜日から定期購読者の皆様へのおしらせを掲載しています。

週刊金曜日主催「『資本論』講座──第1巻を読み解く(全6回)」
受講生募集のお知らせ

鎌倉孝夫

【講師】
鎌倉孝夫(経済学者)
佐藤優(作家)

【内容】『資本論』がわかれば社会の仕組みがわかる!

マルクスの『資本論』全3巻のうち、第1巻「資本の生産過程」をわかりやすく解説します。資本主義経済の基礎となる商品の研究からはじめ、貧富の差がなぜ拡大してゆくのかなど、私たちが生きている社会の仕組みをとらえます。

【日時】
8月8日(水)13:15~17:30(開場13:00、途中休憩あり)
8月9日(木)13:15~17:30(開場13:00、途中休憩あり)
8月10日(金)13:15~17:30(開場13:00、途中休憩あり)

9月19日(水)13:15~17:30(開場13:00、途中休憩あり)
9月20日(木)13:15~17:30(開場13:00、途中休憩あり)
9月21日(金) 9:15~12:00(開場9:00)

佐藤優

【定員】70人(先着順)

【特典】受講者は、各回の講義映像を講義後にインターネットで観ることができます。

【申し込み】下記の「Peatix」サービスから申し込みが可能です。

弊社に直接申し込まれる方は、ファクスかメールで連絡をお願いします。
受講者の氏名と連絡先電話番号、電子メールアドレスを記入してください。
FAX 03-3221-8522
メール henshubu@kinyobi.co.jp
(メールのタイトルに〈『資本論』講座申し込み〉と明記してください。

【全6回受講料】一般5万4000円(税込み)、学生3万2400円(税込)
下記のサービスから申し込みとお支払いができます。(クレジットカード、コンビニ、ATMなどでお支払いが可能です)

弊社に直接申し込まれた方は、弊社から「仮受付」の返信を差し上げます。指定の口座に受講料を振り込んでいただいた段階で「申し込み完了」となります。

【会場】スペースたんぽぽ
東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4F
(JR水道橋駅から徒歩5分)

※9月19日のみ日本教育会館 第5会議室(901~902)

【参考文献】
*持参していたく書籍
『資本論(全9冊)』(マルクス著、岩波文庫)のうち第1巻にあたる1~3巻

*持参していただきたい書籍
『資本主義の経済理論──法則と発展の原理論』(鎌倉孝夫著、有斐閣)
同書は古書市場で品薄ですが、有斐閣でオンデマンド出版をしています。
価格は6500円+税+送料です。下記のサイトを参考にしてください。
http://www.yuhikaku.co.jp/static/ondemand.html

*持参するには及ばないが、入手して読んでほしい書籍
『はじめてのマルクス』(鎌倉孝夫・佐藤優著、金曜日)
『21世紀に『資本論』をどう生かすか』(鎌倉孝夫・佐藤優著、金曜日)

【講師紹介】
鎌倉 孝夫(かまくら たかお)
1934年生まれ、経済学博士・埼玉大学及び東日本国際大学名誉教授。埼玉大学文理学部を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程を修了。埼玉大学助手、講師、助教授、教授、学部長を歴任。2000~2006年、東日本国際大学学長を務める。向坂逸郎(1897~1985年)、宇野弘蔵(1897~1977年)に師事、宇野経済学を継承、発展させている。『資本主義の経済理論―法則と発展の原理論』(有斐閣)など著書多数。

佐藤 優(さとう まさる)
1960年生まれ、作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館や本省国際情報局分析第一課などに勤務。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕・起訴され、09年最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2013年6月に執行猶予期間が満了し、刑の言い渡しは効力を失った。浦和高校生時代に、鎌倉孝夫さんの『資本論』勉強会に参加している。マルクス経済学のほか、外交・安全保障問題やインテリジェンス、思想、勉強法など多彩な分野で精力的な評論活動を展開している。