バックナンバー

バックナンバーを見る

  • 書影

    2022年5月20日号

    「身を切る」と言いつつ「身を肥やす」錬金術/「維新はファシズムなのか?」ドイツ現代政治研究者から見た相似と相違/資金集めで「事務的ミス」「謝罪し、訂正」「再発防止に努める」と音喜多・政調会長/「本当は人生そのものを返してもらいたい」/子どもたちの心に種を蒔くために暴力と恐怖のない世界を/招致失敗のレガシー

  • 書影

    2022年5月13日号

    引き継がれる「建議書」/「なくなると思っていた基地が強化されている」/沖縄を平和のハブとしてアジアと結ぶ/健康、環境、研究、交通、金融――新「10K」で自立を/復帰50年の沖縄と向き合うための20冊/返還は佐藤首相自身の功績のためだった/沖縄を再び戦禍の危険に晒す自民の安全保障提言

  • 書影

    2022年4月29日号

    憲法が「空語」で何が悪い/9条と24条で平和と平等を実現/「自衛隊の憲法明記」で兵士と市民の殺し合い=市街戦を隊員にさせるのか!?/「集団的自衛権」行使が改憲の要にあることを知らせるべき/「裁判所が警鐘を鳴らした」判決/なぜあの時、声を上げたのか

  • 書影

    2022年4月22日号

    武器供与も経済制裁も平和をもたらさない!/自民改憲案の「真実」を見抜け /ウクライナ報道に覗く各国事情/再生可能エネルギーから省エネへ/「脱炭素」という大義名分で破壊される暮らし/政府は洋上風力発電へシフト/FITの買い取り価格変更で「駆け込み」参入が急増

  • 書影

    2022年4月15日号

    首都包囲のロシア軍は、近郊撤退前に何をしていたのか?/戦争長期化すれば経済制裁はボディーブローのように効いていく/ロシアが近隣諸国に与えた難民問題という危機/拷問と調書捏造で有罪となった在日ビルマ人映像作家/ウクライナ戦争への断章/「ゼレンスキーも否、プーチンも否。戦争を止めよ」/自分自身も多様な性のうちのひとつ

  • 書影

    2022年4月 8日号

    「核共有」と防衛費増強で日本の安全は守られるのか/戦後秩序の崩壊は始まったのか/ウクライナへ命の応援/「発射実験は武力行使を抑止するための計画的な軍事訓練」/米国目的の発射でも軍拡に利用する日本/手刷りの『寝そべり主義者宣言』で、資本主義社会に対抗する

バックナンバーを買う

雑誌のバックナンバーは、下記の4つの方法で入手できます。
([1275]号以降)

【ご注意】
バックナンバーのご購入は、品切れ号を除きます。
創刊号~2020年3月27[1274]号は「品切れ」です。

(1)『金曜日』に直接注文する

郵便局備え付けの払込取扱票をご利用のうえ下記振替口座にご入金ください。入金確認後、すぐに発送いたします。

お届け

お振込手続き後、1週間〜10日前後でのお届けになります。

振替

【振替】
振替口座 :
00160-5-717087
加入者名 :
週刊金曜日バックナンバー係
通 信 欄 :
号数(発行年月日)と冊数、送料をご記載ください

送料・価格

  • 送料 1〜4冊:誌代×冊数+送料100円、5冊以上:誌代×冊数(送料無料)
  • 価格 600円(税込)

(2)書店で購入する

バックナンバー常備店

一部の書店で、バックナンバーを取り扱っています。

バックナンバー常備店

バックナンバー常備店以外

バックナンバー常備店以外の最寄りの書店からも取り寄せることができます。

お届け:送料等は不要ですが、10日〜2週間程度かかる場合があります。

(3)雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」を利用する

週刊金曜日のバックナンバー」からお申込みください。

お届け

入金確認後1週間〜10日程度でのお届けになります。

送料

別途送料がかかります。

お支払い

クレジットカード、マルチペイメント(コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い)、Web口座振替等がご利用いただけます。

ページトップに戻る