書籍案内

カテゴリー:「巨大企業の正体」シリーズ

[戻る]

書影
kindle

【電子書籍】電通の正体 新増補版

[詳細]

【内容紹介】 ロングセラー『電通の正体 増補版』発売後に『週刊金曜日』で報じた東京五輪や芸能界の裏面に関わる特ダネ記事や写真、資…〈つづき

発売日:2017/01/20
著者:週刊金曜日取材班
定価:定価1200円、
3月31日まで期間限定価格580円
サイズ:キンドル版
amazonの詳細ページへ

書影

セブン-イレブン 鈴木敏文帝国崩壊の深層

[詳細]

セブン-イレブン追求第三弾、 グループ10兆円企業の内幕を暴く! 産業界を揺るがした鈴木敏文・セブン-イレブン会長の電撃辞任。…〈つづき

発売日:2016/04/29
著者:渡辺仁
定価:1400円+税
サイズ:四六判・並製 192頁
ISBNコード:9784-86572-009-9
amazonの詳細ページへ

書影

日本航空の正体

[詳細]

評論とノンフィクション・ノベルで暴くJALの正体。跳梁跋扈する政財官のトップ。国を巻き込んだ熾烈な人事抗争。その闇を暴き「会社と…〈つづき

発売日:2010/07
著者:佐高信・本所次郎
音訳:テープ版読者会
価格:1300円+税

書影

日本航空の正体

[詳細]

評論とノンフィクション・ノベルで暴く日本航空の正体!JALは加害者なのか?それとも被害者なのか?跳梁跋扈する政財官のトップたち!…〈つづき

発売日:2009/12
著者:佐高 信・本所次郎著
定価:1300円+税
サイズ:四六判並製 324頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-64-4
amazonの詳細ページへ

書影

セブン-イレブンの罠

鈴木敏文の驕りとビジネスモデルの大崩壊 裁かれた日本一の小売業

[詳細]

神のように崇められた鈴木敏文。日本経済の「失われた10年」で日本一になったセブン-イレブンはなぜ独占禁止法で裁かれたのか?本誌連…〈つづき

発売日:2009/10
著者:渡辺仁
定価:1500円+税
サイズ:四六判並製 280頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-62-0
amazonの詳細ページへ

書影

セブン-イレブンの正体

[詳細]

出版業界最大のタブー企業の闇を暴く。年間2兆4000億円を売り上げる世界最大のコンビニチェーン。その高収益の「裏側」はタブーで塗…〈つづき

発売日:2008/12
著者:古川琢也+週刊金曜日取材班
定価:1200円+税
サイズ:四六判並製 128頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-52-1
amazonの詳細ページへ

書影

三菱重工の正体

国策防衛企業

[詳細]

国策防衛企業の暗部を抉る!三菱重工は防衛利権の「主役」である。山田洋行にしても日本ミライズにしても、守屋武昌防衛省前事務次官にし…〈つづき

発売日:2008/03
著者:『週刊金曜日』編
定価:1300円+税
サイズ:四六判並製 144頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-38-5
amazonの詳細ページへ

書影

続トヨタの正体

マスコミが書けないエコな企業のエゴな顔

[詳細]

トヨタを震撼させたベストセラー第2弾。『抜群の迫力と抜群のおもしろさでトヨタを描く。トヨタの「大きさ」が何をもたらし、何をつぶし…〈つづき

発売日:2007/12
著者:『週刊金曜日』編
定価:1000円+税
サイズ:四六判並製 144頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-33-0
amazonの詳細ページへ

書影

原発崩壊

誰も想定したくないその日

[詳細]

新潟県中越沖地震で震源域の真上に建っていた柏崎刈羽原発火災は「想定外」だった。本書は「原発震災」の発生を未然に防ぐために出版され…〈つづき

発売日:2007/11
著者:明石昇二郎 著
定価:1500円+税
サイズ:四六判並製 168頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-29-3
:※品切れのため出荷できません。
amazonの詳細ページへ

書影

JALの翼が危ない

[詳細]

徹底した安全管理が要求される航空業界。ボーイング777型の15機は欠陥エンジンの交換が間に合わず、いまもそのまま飛び続けている。…〈つづき

発売日:2006/11
著者:安田浩一 著
定価:1000円+税
サイズ:四六判並製 128頁
ISBNコード:ISBN978-4-906605-21-7
amazonの詳細ページへ