編集委員

編集委員について

『週刊金曜日』の基本的な理念は、編集委員と編集部の話し合いによって決めています。このため、年に1〜2回程度、編集委員が出席する拡大編集会議を開きます。さらに、編集委員からは随時、誌面への意見や企画の提案などをいただいています。編集委員責任編集の特集(随時)を掲載することもあります。
連載では、編集委員はそれぞれの担当コラムを執筆し、また持ち回りで「風速計」を書いています。

編集委員紹介

ページトップに戻る

雨宮処凛(あまみや かりん)

格差や貧困が広がる先に、「究極の貧困ビジネス」としての戦争がちらつくように思える私は、少数派なのだろうか? そんな方向に行かないために、皆さんとともに知り、学び、そして行動していきたいと思っている。

略歴

1975年北海道生まれ。愛国パンクバンドなどを経て、2000年『生き地獄天国』(太田出版、後に同名書でちくま文庫)で作家デビュー。著書に『生きさせろ!――難民化する若者たち』 (太田出版)、『怒りのソウル』(金曜日)、『14歳からの原発問題』(河出書房新社)など多数。現在は主に貧困問題や若者の生きにくさの問題に取り組んでいる。

ページトップに戻る

石坂啓(いしざか けい)

今はもう「戦時」だと私は思っています。もはや前の大戦の「戦後」でも次の戦さの「戦前」でもない。この国は新しい戦争を始めつつあります。

反戦ビラを配った人が逮捕され、「君が代」を歌わなかった教師が処罰される。「従軍慰安婦」も「南京虐殺」もなかったこととされようとしている。

角を曲がりきったあとでその方向をもとに戻すことは相当に困難です。しかしこの上憲法から「平和」を捨てるわけにはいかない。連携しましょう。「金曜日」にはまだその場があります。

略歴

1956年名古屋市生まれ。78年に上京し、故・手塚治虫氏に師事。翌年独立。マンガ家。99年、『I'm home』で第3回文化庁メディア芸術祭大賞を受賞した。『キスより簡単』はテレビドラマ化・映画化されている。他の主な作品に『さよなら家族』『俺になりたい男』『セカンドベスト』など。エッセイ集に『赤ちゃんが来た』『お金の思い出』『学校に行かなければ死なずにすんだ子ども』など多数。対談に『尾木ママと考える大震災後を生きる希望のヒント』(金曜日)。

ページトップに戻る

宇都宮健児(うつのみや けんじ)

米国発の金融危機に端を発する未曽有の経済不況により、今、貧困が急速に日本中に広がっています。貧困は、人間としての誇りや生きる希望を奪い去り、ときには命さえも奪い去ります。貧困の広がりは、わが国社会を分裂させ崩壊させる危険性をはらんでいます。貧困が広がる社会は、誰もが人間らしく暮らせる社会とはいえません。貧困のない社会は、全ての人々にとって生きやすい社会です。

『週刊金曜日』を通じて、貧困に抗する市民のネットワークが広がっていくことを期待しています。

略歴

1946年愛媛県生まれ。
地下鉄サリン事件被害対策弁護団団長、年越し派遣村名誉村長、日本弁護士連合会会長などを歴任。2012年12月と2014年2月の都知事選に出馬。
弁護士として、クレジット・サラ金問題に早くから取り組み、多重債務に苦しむ多くの人を助けてきている。現在、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会副代表幹事、全国ヤミ金融・悪質金融対策会議代表幹事などを務める。
また反貧困ネットワーク代表世話人、人間らしい労働と生活を求める連絡会議(生活底上げ会議)代表世話人として、貧困問題の解決に向けた運動にも取り組んでいる。
その他現在、週刊金曜日編集委員、脱原発法制定全国ネットワーク代表世話人、TPPに反対する弁護士ネットワーク共同代表、のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)共同代表などを務める。
著書に『消費者金融 実態と救済』(岩波新書)、『大丈夫、人生はやり直せる−サラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社)、『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店)、『反貧困−半生の記』(花伝社)、『弁護士冥利−だから私は闘い続ける』(東海教育研究所)、『わるいやつら』(集英社新書)、『希望社会の実現』(花伝社)、『「悪」と闘う』(朝日新書)、『自己責任論の嘘』(ベスト新書)、『秘密保護法--社会はどう変わるのか』(共著・集英社新書)など多数。
(2014.12.19更新)

ページトップに戻る

落合恵子(おちあい けいこ)

「あなた」を生きることができるのは、「あなた」です。

「わたし」は「あなた」を生きることはできません。

「あなた」も「わたし」を生きることはできません。

「あなた」が誰であろうと、どの社会に暮らしていようと「わたし」がどの時代を生きていようと、「あなたがあなたであること」「わたしがわたしであること」は決して明け渡すことのできない事実であり、 尊厳そのものです。

だからこそ、平和です、人権です、反差別です。

なによりも「個」であることをベースに、ゆるやかにつながっていきましょう。

略歴

1945年栃木県生まれ。作家。子どもの本の専門店クレヨンハウス、女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウス、オーガニックレストランなどを主宰。
「月刊クーヨン」発行人。『Woman's EYE』編集人。女性問題・環境問題・新しい家族論、介護の問題など少数派の声に焦点をあてた作品を描き続ける。フェミニズムについて「女とともに男をも解放するラブレター」と表現するフェミニスト。近著に『自分を抱きしめてあげたい日に』(集英社新書)、『てんつく怒髪』(岩波書店)、『「わたし」は「わたし」になっていく』(東京新聞出版)など。

ページトップに戻る

佐高信(さたか まこと)

日本にはさまざまなタブーがある。威勢がいいように見える週刊誌でも、たとえば、トヨタやパナソニック(旧松下電器産業)のことは書けない。政治についてのタブーより、スポンサーとなっている会社についてのタブーの方が大きいのである。しかし、『週刊金曜日』だけは、それらのタブーに真っ向から挑戦する。そこに小誌の重要な存在理由がある。

略歴

1945年山形県酒田市生まれ。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『安倍晋三と翼賛文化人20人を斬る 佐高信の新・政経外科』(河出書房新社)、『佐高信の昭和史』(KADOKAWA/角川学芸出版)、『絶望という抵抗』(辺見庸さんとの対談・共著、金曜日)など多数。現在、まぐまぐでメルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

ページトップに戻る

田中優子(たなか ゆうこ)

人が地に足をつけて生きていた時代から見ると、今はほとんどが、ありもしない風船をつかまえようと、ぴょこぴょこ飛び上がっていますね。そんな風だから「日本」という幻想にもしがみつきます。「一体感」とやらをほしがります。歴史から目をそむけます。無知に逃げ込みます。人々のそういう欲望を利用して、利益をむさぼる人も出てきます。そのために戦争もするでしょう。私は、自分の足もとをみつめながら、孤独に落ち着いて生きる方途を探したいのです。それを探すために、誤魔化しの向こうの事実を少しでも知りたいと思っています。

略歴

1952年横浜生まれ。法政大学社会学部教授、国際日本学インスティテュート(大学院)教授。2014年法政大学総長に就任。江戸時代の生活文化、東アジア・インド・東南アジアと江戸の交流などを研究。1986年に『江戸の想像力』で芸術選奨文部大臣新人賞、2000年に『江戸百夢』で芸術選奨文部科学大臣賞・サントリー学芸賞を受賞。他にも『グローバリゼーションの中の江戸』(岩波ジュニア新書)、『日本人は日本をどうみてきたか──江戸から見る自意識の変遷』(編著、笠間書院)など。

ページトップに戻る

中島岳志(なかじま たけし)

いまの日本には、石橋湛山のような気骨のある保守政治家が必要です。若い世代からそのような政治家を輩出するためには、勇気と寛容の精神をもって、左右の「バカの壁」を崩していかなければなりません。保守リベラルの視点から『週刊金曜日』に新しい風を吹き込みたいと思います。

略歴

1975年大阪府生まれ。東京工業大学教授。テレビ朝日「報道ステーション」のレギュラーコメンテーター(毎週水曜日)。大川周明の存在を通じて近代日本の政治思想に興味を持ち、20歳の頃からR・B・ボースの生涯を追いかけ、1999年はじめてインドへ。ヒンドゥー・ナショナリストとの共同生活を通じて宗教とナショナリズムの問題を追求する。著書に『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』(2005年、白水社)、『パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義』(07年、白水社)、『「リベラル保守」宣言』(13年、新潮社)、『アジア主義 その先の近代へ』(14年、潮出版社)など。

ページトップに戻る

本多勝一(ほんだ かついち)

日本のマスメディアは、自称民主主義国たるアメリカ合州国ほどの多様性さえもなく、本来の批判精神を失って単に体制補完物たる情報産業に堕しています。状況への対応に鈍くなってニセモノを見抜く力を失い、いわんや巨悪の根源を徹底的に追及・批判する本来のジャーナリズムなど望むべくもありません。ただし、ホンモノかニセモノかは、いわゆる「右」か「左」かとは全く関係ありません。ホンモノのジャーナリズムをめざす私たちの週刊誌では、ニセモノの政治体制やニセモノの文化人を称揚することはありえないでしょう。ニセモノの充満する現代日本にあって、私たちはホンモノのジャーナリズムのために微力を尽くします。

略歴

1931年信州・伊那谷生まれ。元『朝日新聞』編集委員。「殺される側」の視点を貫いている。近著に『石原慎太郎の「狂った果実」──衰退するジャーナリズム(貧困なる精神25集)』『「英語」という"差別"「原発」という"犯罪"──米国に心も命も収奪された日本人(貧困なる精神24集)』『南京大虐殺と日本の現在』(いずれも金曜日)、『日本語の作文技術』『中国の旅』『戦場の村』『マスコミかジャーナリズムか』(いずれも朝日新聞出版)などがある。

歴代編集委員

石牟礼 道子(いしむれ みちこ)

『月刊金曜日』1号(1993年7月23日号)〜『週刊金曜日』20号(1994年4月1日号)

略歴:1927年熊本県生まれ。作家。『苦海浄土』(講談社文庫)など著書多数。

井上 ひさし(いのうえ ひさし)

『月刊金曜日』1号(1993年7月23日号)〜『週刊金曜日』68号(1995年3月31日)

略歴:1934年山形県生まれ、2010年4月逝去。作家・劇作家。72年、『手鎖心中』で直木賞を受賞。戯曲、小説、エッセイなど著書多数。

久野 収(くの おさむ)

『月刊金曜日』1号(1993年7月23日号)〜逝去まで

略歴:1910年大阪府生まれ、1999年2月逝去。戦前・戦後を通じて市井の哲学者として活躍。

筑紫 哲也(ちくし てつや)

『月刊金曜日』1号(1993年7月23日号)〜逝去まで

略歴:1935年大分県生まれ、2008年11月逝去。ジャーナリスト、ニュースキャスター。

椎名 誠(しいな まこと)

『週刊金曜日』創刊号(1993年11月5日号)〜同684号(2007年12月21日・2008年1月4日合併号)

略歴:1944年東京都生まれ。作家、エッセイスト、写真家。88年、 『犬の系譜』 で吉川英治文学新人賞受賞。著書多数。

辛 淑玉(しん すご)

『週刊金曜日』334号(2000年10月6日号)〜同379号(2001年9月14日号)

略歴:1959年東京生まれ。人材育成コンサルタント、作家。『鬼哭啾啾』など著書多数。

ページトップに戻る