考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

経済

144記事

〈強欲〉より〈共感〉の資本主義を

強欲を意味する「グリード(greed)」は、しばしば市場原理主義者を象徴する言葉として用いられるようになった。転じて、資本主義の特性を表すキ…

佐々木実|2019年5月16日7:00AM

景気減速、日銀は追加金融緩和に踏み切るのか

国債発行残高に占める日本銀行の保有比率が、大規模な金融緩和政策「量的・質的金融緩和」の開始以来、初めて低下した。 日銀が発表した201…

鷲尾香一|2019年5月15日12:00PM

くたばれGNP

戦後日本におけるGDP(国内総生産)の推移をたどると、敗戦後の焼け野原から戦前の水準に復帰するまで10年を要した。復興期を経て高度成長期に入…

高橋伸彰|2019年5月14日5:14PM

中国「一帯一路」構想の危うさ

「スモール・イズ・ビューティフル」というフレーズについてはご承知の通りだ。いや、いまや、実はそうでもないかもしれない。念のために申し上げてお…

浜矩子|2019年5月6日7:00AM

『資本主義と闘った男』宇沢弘文

新自由主義が時代を牽引する思潮に格上げされたのは1980年代からである。もっとも大きな理由として、英国のマーガレット・サッチャー首相(在任1…

佐々木実|2019年5月4日7:00AM

豊かさの源泉は消費
ではなく労働

経済の世界における主権は誰にあるのか。 主流派の経済学者なら迷うことなく消費者に在ると答えるだろう。自由化や規制緩和による競争促進は1…

高橋伸彰|2019年4月28日7:00PM

規制緩和勢力の既得権化を体現する竹中平蔵氏と大田弘子氏

新自由主義の潮流は、英国のサッチャー首相(1979年就任)、米国のレーガン大統領(1981年就任)が「小さな政府」を掲げ、市場原理主義的な政…

佐々木実|2019年3月10日2:58PM

安倍首相は将来世代へのツケ回しを止めよ

1月4日、安倍晋三首相は恒例の年頭記者会見を行なった。 この中で、首相は10月から幼児教育の無償化を実施することに触れ、これは、戦後、…

鷲尾香一|2019年2月22日7:00AM

アベノミクスは1勝5敗

名目1勝5敗、実質2勝3敗1分け。アベノミクス6年間に及ぶ政府経済見通しの星取り表だ。実際、2013年度から18年度にかけて政府見通しの成長…

高橋伸彰|2019年2月1日7:00AM

これでいいのだ、イギリスのEU離脱

イギリスがEU(欧州連合)から出て行こうとしている。2019年3月29日がその期限だ。波乱万丈の交渉を経て、離脱条件について何とか合意に漕ぎ…

浜矩子|2018年12月30日7:28PM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ