考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

「人権後進国」可視化したウィシュマさんの死

望月衣塑子|2021年5月6日4:30PM

これらの事態を受け、政府が今国会で審議入りを目指す入管法改正案では、長期収容化の解決を目的にあげる。だが実態は、入管庁にさらなる裁量を与える「改悪法案」だ。

難民認定を3回以上申請した人には原則、送還停止を認めない。同時に、送還を拒否した場合に処罰する「送還忌避罪」を創設する。また、弁護士や支援者らが仮放免後の受け皿を担う「監理措置制度」も用意するが、元収容者が逃亡したり就労許可なく働いたりした場合、監理者も元収容者も罰則を適用される内容だ。

指宿昭一弁護士は「入管が監理をより強化できる制度。誤った対応で死者を出しながら、制度の改善ではなく、組織の『焼け太り』を狙っている。絶対に成立させてはならない」と批判する。

日本はいつまで「人権途上国」を続けるのだろうか。もはや、外国人の労働力と経済活動がなければ日本は立ち行かない。共生と人権擁護のビジョンを示せない菅政権が、自国民の人権を大切にするわけがない。

(望月衣塑子・『東京新聞』記者。2021年4月9日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ