考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

二階幹事長、「ポスト安倍」を画策

佐藤甲一|2019年5月2日7:00AM

 国民民主党と立憲民主党の骨肉の争い、有権者の野党不信などが複合的に重なり、今のところ自民党が政権を失う心配はない。こうした緊張感の欠如が選挙など低調な党活動に結びついている。旧民主党の細野豪志衆院議員を派閥に入会させ、細野氏の選挙区(静岡5区)に派閥の現職議員を抱える岸田政調会長との間で軋轢を生んだと思えば、小池百合子東京都知事の再選に向けた出馬を「支援する」と表明するなど、党の束ねの幹事長が自ら自民党内に波風を立てている。

これらもすべて、安倍一強政治にあぐらをかき、「戦う姿勢」を失った自民党の地方支部に活を入れようとの思惑からだ。自民党は2017年秋に、2回続けて比例区で復活した衆議院議員について、次回の選挙では重複立候補を認めないことをルール化した。

一方で大阪府知事選に俳優の辰巳琢郎氏擁立を企て、大阪維新の会との激突を辞さない姿勢は、憲法改正の思惑から日本維新の会との関係を重視し、国政選挙における重要なパートナーの公明党を「ないがしろ」にしかねない安倍総理や菅義偉官房長官への「警告」とも受け取れる。

考えれば小池都知事を自民が支援すれば一番胸をなで下ろすのは公明党である。二階氏の行動は国政選挙をどう戦うかという観点から見れば筋が通っている。谷垣氏の参議院選挙出馬があるのかないのか。安倍総理には「4選の可能性」をちらつかせ、かたや新たな「ポスト安倍」誕生の画策を進める二階氏の奸智に長けた動きから目が離せなくなってきた。

(さとう こういち・ジャーナリスト。2019年3月22日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ