考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

山田涼介さんら、香港ロケで反日抗議に遭遇

2012年10月3日5:24PM

地元紙の報道。(撮影/編集部)

「ここは中国だ。日本人は撮影するな!」

 9月12日、トラム(二階建路面電車)が市場の中に乗り入れるエキサイティングな光景で有名な香港島北角で、日本テレビ系の番組「金田一少年の事件簿」のロケ隊が、地元露天商の抗議で立往生する事件があった。

 地元紙の報道を総合すると、事件はトラムの進入路にあたる市場内の魚蛋屋台との間でおこった。

 撮影は山田涼介さんが二つの饅頭を乳房に模し胸に当て卑猥な動きで悪ふざけするのを、川口春奈さんが耳をつねってたしなめるシーン。リハーサルは10回に及び、100人近いファンが道路の両側をふさいでいた。このため、自動車やトラムが進入するたび、現場は大混乱。

 商売を邪魔された屋台の親父たちは怒り心頭。たまりかねた一人の親父が飛び出して、「ここは中国の領土だ。日本仔(日本人の蔑称)が撮影する所ではない」とまくし立てた。かけつけた警官のとりなしで親父はその場を離れたが、再び戻ってきて、営業妨害への抗議を続けた。他の屋台の親父たちも加勢して大声で騒いだため、一帯は騒然とした。

 いっぽうロケ隊は、地元記者らの取材も妨害。手をかざしてレンズをふさぎ、ストロボをこづくなどして、小競り合いが続いた。

 この混乱で、日本人スタッフが怪我をしたとも伝えられる。日本のロケ隊が同日報じられた日本政府の尖閣諸島購入を認識していたのかどうか不明だが、尖閣問題で中国国内の反発が、芸能界に及んだ形だ。

(和仁廉夫・ジャーナリスト、9月21日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版をアプリで読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ