考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

,

【タグ】

「三鷹事件も原発も歴史的に繋がっている」

2012年2月17日5:47PM

三鷹事件の意味について語る森達也氏。(写真/粟野仁雄)

 国鉄三大謀略事件の一つ「三鷹事件」の支援集会が1月19日、東京・武蔵野市の武蔵野公会堂で開かれた。

 三鷹事件は1949年7月、国鉄中央線三鷹駅で無人列車が車庫から暴走して6人が死亡、20人が重軽傷を負った事件。警察は、人員整理された当時28歳の竹内景助氏らを逮捕し、検察も電車転覆致死罪などで起訴した。

 当時、一橋大学の学生で偶然現場に遭遇した堀越作治氏は、「電車の下には人の体が見えた。必死に救助していたらMP(米軍警察)に追い出された。日本の警察はMPに言われるままで何もしない情けない姿だった」と、当時の日記を手に紹介した。

『下山事件』(新潮文庫)などの著作がある映画監督の森達也氏も登壇。「下山事件では国鉄OBが国鉄マンは絶対に線路で自殺しないと言っていた。三鷹事件は一目瞭然。再審請求すら恥ずかしいという低レベル」と話した。

 時代背景について森氏は「三つの国鉄事件で共産党は大打撃を受けた。リベラリズムは後退し米国支配が強化されていった。そんな頃、中曽根康弘が原子力予算を提案し、正力松太郎の『読売新聞』を筆頭に原発をプロパガンダして安全神話を形成した。三鷹事件などの事件がなければ今、日本に54基の原発なんてない。歴史はすべて繋がっている」などと解説した。

(粟野仁雄・ジャーナリスト、2月3日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版をアプリで読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ