考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

杉田水脈議員のLGBT発言に自民党本部前で約5000人が抗議

斉藤円華|2018年8月16日11:47AM

自民党本部向かいの歩道は抗議参加者で埋めつくされた。(撮影/斉藤円華)

「杉田は辞めろ」。雑誌に「LGBTは『生産性』がない」などと寄稿した、自民党の杉田水脈衆院議員の辞職を求める抗議デモが7月27日夜に自民党本部(東京都千代田区)前で行なわれた。LGBT当事者らが呼び掛け、主催者発表で約5000人が集まった。

夕方7時から始まったデモは時間を追うにつれて膨れ上がり、自民党本部ビル向かいの歩道を埋めつくした。性の多様性を象徴する「レインボーフラッグ」がたなびき、「私の生き方私が決める」「他人の価値を勝手に決めるな」「This is Pride」「(杉田議員は)恥を知れ」などのコールが響き渡った。

大阪から参加した40代女性は「杉田氏の発言は人権を無視している。自民党は相応の責任を取るべきだ」。横浜市内の30代男性も「杉田氏は基本的人権をまったく分かっておらず、(寄稿の内容は)ナチスの優生思想と同じ。今の日本でそれはない」と話した。

杉田議員は月刊誌『新潮45』(若杉良作編集長)8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題する文章を寄稿。「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」「なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう」などと差別的な主張を展開した。

デモのスピーチで「LGBT法連合会」の林夏生共同代表は、「(差別の)言葉はその言葉に触れた人の心の中にずっと残る」「今回のことはみんなが優しくなれば解決することではない。私たちには制度、ルールが必要だ」などと語り、LGBT差別禁止法を整備する必要性を強調した。

また、LGBT自治体議員連盟は抗議声明を自民党本部に提出しようとしたが、党職員ではなく警備員が預かった。自民党は週明けの30日になってから受領した。

杉田氏は批判噴出後、23日を最後にツイッターでの発言を停止し沈黙(30日時点)。公人として果たすべき説明責任から逃げている。

(斉藤円華・編集部、2018年8月3日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年

斉間満

発売日:2018/03/21

定価:700円

上へ