考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

高校生の政治参加考えるシンポ――「中立とは無関心」

2016年6月27日11:01AM

シンポジウムで発言する女子高校生ら。6月1日、東京・千代田区。(撮影/小宮純一)

シンポジウムで発言する女子高校生ら。6月1日、東京・千代田区。(撮影/小宮純一)

選挙権年齢を18歳以上に引き下げた改正公職選挙法が今月19日に施行されるのを前に、文部科学省が高校生の校外での政治活動を認める一方、学校側が生徒の「政治的信条を問わないこと」などを条件に事前届け出制を容認した(今年1月に同省が出した教育現場向けの「Q&A」)点などを考えるシンポジウムが1日、東京・千代田区の弁護士会館であった。

現役高校生や教員、司法関係者ら約150人が参加。届け出制を認めるのは「思想良心の自由」や「政治活動参加の自由」を侵害し、学ぶ機会を奪うのではないか、などの発言が続いた。

シンポは今年の第59回人権擁護大会のプレ企画として東京弁護士会が企画した。問題提起の発言に立った仲里歌織弁護士は、高校生の政治活動を全面禁止していた1969年通知を廃止して、文科省が2015年10月に新たに出した通知は(1)学内の政治活動を禁止し(2)学外の場合も届け出制導入を認めるなど「政治活動や思想良心の自由を侵害する恐れが極めて強い」と指摘した。

現役高校生4人もマイクを取って発言。「学校では『政治的中立性』が強調される。まるで、他人事でいろ-と言われている気がする。僕は無関心ではいたくない。学校の先生たちも自分の言葉で自分の意見を語ってほしい。勉強したい」(私立高2男子)、「新通知やQ&Aは、当事者である私たち高校生の意見を聞かないまま出した。おかしいと思う」(同高3女子)などと発言し、参加者から大きな拍手を浴びた。

(小宮純一・ジャーナリスト、6月17日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ