‘朝堂院大覚’ タグのついている投稿

取材に応じる朝堂院大覚氏。(撮影/編集部)

 学校法人「堀越学園」の元理事長が一一月三〇日、古美術を横領したとして逮捕された。同学園は東京の堀越高校とは無関係。

 実は、その横領された被害者とは弊社近刊の対談集『悪名正機』に登場する朝堂院大覚氏だった。早速、取材を申し込むと「本では私の息子を関東連合だとか、グレーゾーンで親子は生きているとか、トライアスロンを恐喝したとか書いていたが事実無根ですぞ」と記者はお叱りを受けたが、朝堂院氏は詳細に経緯を語ってくれた。

 朝堂院氏は二〇〇九年一月に熊本の知人を介して元理事長を紹介された。元理事長は学債二〇億円を暴力団に盗まれており、相談を受けた朝堂院氏が全額を回収。その後元理事長は同氏の事務所を日参し、同氏は学園顧問になる。そのうち群馬の学園を訪れると学内に立派な古民家があった。朝堂院氏はそこに空手道本庁を設置し、同年八月には古伊万里と桃山時代と江戸時代の甲冑計三七点を展示。ところが元理事長はそれを借金の担保に入れた挙げ句、翌年の五月に売却までしてしまう。朝堂院氏は高槻警察署に被害届を出すが、警察はなぜか二週間で捜査班を解散、電話にも出なくなったという。

経営者時代の朝堂院氏。「モーレツ経営で冷蔵庫を1年間で1000台」売り、美術品を蒐集したという。腕に突き刺している刀は「関孫六」だとか。(提供/朝堂院大覚氏)

「警察はすぐに逮捕できたのにしなかった。そのため美術品は散逸した。元理事長は俺の身柄は大丈夫だと吹聴していたそうだ」

 今年九月に入り、朝堂院氏は警察があてにならないと前橋地検に乗り込み検事正に直談判。ようやく今回の事件化につながった。

 同法人経営の創造学園大学は、資産不足などから文科省命令により来年三月に解散する。

(本誌編集部、12月7日号)