考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

官邸前での抗議行動後、警察が公道で市民の通行妨害 
法的根拠なし、憲法にも抵触

片岡伸行|2020年10月20日4:34PM

国会記者会館前の横断歩道で市民の通行を妨害する機動隊員と警察官。(提供/清水雅彦)

9月8日夜に東京・永田町の首相官邸前で開かれた「敵基地攻撃能力保有」をめぐる抗議行動終了後、帰路に就くため一部参加者が国会記者会館前から首相官邸前への横断歩道を渡ろうとしたところ、警視庁第7機動隊員と麹町警察署警備課警察官の計4人が公道に立ちはだかり、根拠も示さず通行を妨害する〝事件〟が起きた。

機動隊員らは一方で、抗議行動参加者以外の人の通行を認めていたというので、明らかに参加者を狙いうちにした行為である。通行を妨害された中にたまたま憲法学者の清水雅彦・日本体育大学教授がおり、法的根拠を尋ねたところ、何も返答しなかったという。

清水教授は「警察官の行為は憲法・警察法違反ではないか」として翌日、警視庁の苦情受付窓口に説明を求めるメールを出した。

それに対し約1週間後、麹町警察署から清水教授に電話があり、「不快な思い」への「お詫び」をした上で「法的根拠について、憲法の先生に説明できるようなことはありません」「首相官邸にペットボトルが投げ込まれた事例があり、トラブル防止のために行なっています」「お互い社会正義実現のため行動しており、ご理解ください」などと答えたという。

清水教授は「警察官の法的に説明できない行為は法治主義に反し、警察法2条2項が禁止する『公平中正』違反、国民の権利・自由侵害になります。飲酒検問もコロナ禍での自粛要請活動も警察法2条1項を根拠に行なっていますが、組織法としての警察法は国民に強制力がないのに、多くの人が警察官に従っているのが実態。今回の妨害行為は、憲法(22条・移動の自由、14条・法の下の平等)にも抵触します。警察官の不当な行為には必ず警察の苦情受付窓口に連絡してほしい」と話す。

とすればこの4人の行為は、警察権力の不法な行使であり、「社会正義」どころの話ではない。

(片岡伸行・記者、2020年10月2日号)

 

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ