考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

『原子力時代における哲学』他 書評 2019年12月13日(1261)号

2019年12月20日1:53PM

書評 2019年12月13日(1261)号
(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページにジャンプします。)

【書評】原子力問題の本質とは何か ハイデッガーの哲学と対話から考察(高原 到)
『原子力時代における哲学』
國分功一郎=著
1800円+税

【書評】移民に向き合っている受け入れ地の試行錯誤(永田 希)
『エクソダス 移民は世界をどう変えつつあるか』
ポール・コリア―=著 松本裕=訳
3800円+税

【書評】50年前論じた「タテ社会」再び問わねばならぬ理由(武田 砂鉄)
『タテ社会と現代日本』
中根千枝=著  現代新書編集部=構成
800円+税

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ