考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

『ハバナ零年 世界浪蔓派』他 書評と本箱 2019年6月21日(1237)号

2019年6月25日5:38PM

書評と本箱 2019年6月21日(1237)号
(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページにジャンプします。)

【書評】90年代の真実と虚構が交錯 社会主義キューバの飢餓の日々(伊高 浩昭)
『ハバナ零年 世界浪蔓派』
カルラ・スアレス=著 久野量一=訳
2700円+税

【書評】NHK記者の過労死 組織の隠蔽に抗する(武田 砂鉄)
『未和 NHK記者はなぜ過労死したのか』
尾崎孝史=著
1900円+税

【書評】移民受け入れではなく「外国人材」政策を検証(田沢 竜次)
『移民政策とは何か 日本の現実から考える』
高谷幸=編著 樋口直人ほか=著
2000円+税

【本箱】渡辺 妙子(編集部)/選
『満腹の情景 “日本の食”の現在』
木村聡=文・写真
1700円+税

『台湾と山口をつなぐ旅』
栖来ひかり=著・絵
1500円+税

『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』
渡辺雄二=著
1500円+税

『「反緊縮!」宣言』
松尾匡=編  池田香代子、井上智洋、梶谷懐ほか=著
1700円+税

『左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議』
松尾匡=著
1500円+税

『黒い匣(はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命』
ヤニス・バルファキス=著 朴勝俊、山崎一郎、加志村拓ほか=訳
2700円+税

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ