考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

なかにし礼さん

小室等|2019年6月12日7:00AM

海が山濤(やまなみ)となってあまたの命を浚(さら)っていったあの日以来、放射能が居すわり帰る人のない無人駅で、この異郷の詩人は、忘却の背中に、失われた言葉をまさぐり刻んでいく。私たち日本人の魂と相まみえるために。
        ――なかにし礼

これは、二〇一八年初版の『背中の地図 金時鐘詩集』(河出書房新社)の帯のために、なかにし礼さんが寄せた文章。

なかにし礼さんとは一九八四年の四月から一年ほど、NHKテレビ「あなたのメロディー」で審査員をご一緒させていただいた。審査員はもう一人、荒木とよひささん。たのしい仕事だった。

収録が終わると、礼さんの声かけで、毎回三人で飲みに行った。

礼さんにとって、同業だし、荒木さんと飲みに行くのは当然の成り行きとして、僕はお二人とは若干“職場”が違うというか、棲息圏が違うので、臆するところがないではなかったが、同席させてもらえば、話題は文化、文芸、諸事にわたり、酒席はさながら礼さんを師範とする「なかにし塾」と化し、喧々囂々(けんけんごうごう)実にたのしいものであった。

荒木さんの文芸への思いの深さもさることながら、なかにし礼というヒット曲の作詞家の“底”に埋蔵された諸事万端への造詣の深さに感嘆しきりで、この仕事をもって礼さんは僕の尊敬する人となった。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ