考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

ハンガリー、「ジェンダー学」廃止へ

小林智香子|2018年12月26日7:05PM

右派ポピュリストのオルバーン・ヴィクトル首相の下で10月13日に発効された政令により、ハンガリーではジェンダー学を教える大学がなくなる。ジェンダー学のコースに在籍中の学生は学位を取得するまで残ることが許されるが、2019年からはジェンダー学科への入学や同学科の新設が禁じられることになった。

ハンガリーで現在、ジェンダー学科がある大学院2校のうち1校は、首都ブダペストにある中央ヨーロッパ大学(CEU)。政権はこのリベラルな学風の大学を狙い撃ちする法整備(外国大学の登録規定厳格化)を昨年4月に行ない市民やEUからも批判を浴びた。今年12月1日、CEUはオーストリアのウィーンに移転し9月の新学期を迎えることを決定。政権との妥協策を探ったが、政権が存続を認めなかったことを明かした。

首相の報道官はCNNの取材に対し「政府は、人間は男か女かに生まれるという立場を取っており、生物学的な性別ではなく、社会的概念のジェンダーを議論することを容認できない」と回答。AFP通信によるとシェムイェーン・ジョルト副首相も「ジェンダー学は科学ではなくイデオロギーであり、大学で教えるようなものではない」と断言したという。

ハンガリー政府の対応をCEU側は「学問の自由に対する目に余る侵害」だと非難し、「ヨーロッパにとっても、ハンガリーにとっても失意の日だ」と訴えた。

(小林智香子・ライター、2018年12月14日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ