考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

「働き方改革」の過ち

鷲尾香一|2018年4月7日8:08AM

安倍晋三首相が迷走している。森友学園問題に象徴されるように、その答弁は一転二転している。経済政策面でも、「働き方改革」に関する答弁は、あまりにも杜撰だ。

「働き方改革関連法案」の「裁量労働制の拡大」に関連して、厚生労働省が提出したデータに不備があり、「データの捏造」との疑惑も浮上した。このデータを基にして国会答弁を行なった安倍首相は、その後、答弁を撤回し謝罪する事態となった。

問題となった安倍首相の答弁は1月29日の衆院予算委員会でのもので、立憲民主党の長妻昭代表代行から裁量労働制で働く人の労働時間を問われ、「平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短いというデータもある」と答えた。

首相が答弁の根拠としたのは、厚生労働省の「13年度労働時間等総合実態調査」。この中で、裁量労働制で働く「平均的な人」の労働時間は9時間16分で、一般労働者より1日約20分短いという結果をもとに、問題となった答弁を行なった。

だが、この調査には落とし穴があった。一般労働者には「残業時間が最も多い1日」を尋ね、裁量労働制で働く人には単なる労働時間を聞いていたのだ。質問そのものが違うのだから、正確なデータとは言えない。そこを野党から厳しく追及された。2月14日午前の衆院予算委員会で、「精査が必要なデータを基にした答弁は撤回しおわびしたい」などと謝罪した。

データが間違っていたにしろ、首相が自らの政策の柱と据える「働き方改革」の国会答弁でこれだけの過ちを犯すことは、その政策に問題があると言わざるを得ない。

裁量労働制とは、企業の労使協定で定めた「みなし労働時間」で定額賃金を支払う制度。労働基準法では、1日8時間の法定労働時間を超えれば残業代が出る。一方、裁量労働制はたとえば、「1日の労働時間は8時間とみなす」と労使間で合意すれば、何時間働いても8時間分の賃金となる。

「労働時間に関係なく、仕事の成果で評価する」というのが表向きの理由で、したがって、成果が上がれば、2時間しか働かなくとも8時間分の賃金が出ることになる。

現在は研究開発職やシステムエンジニア、企画・立案などの業務に携わる人が対象だが、対象を一部の営業職まで広げようというのが、安倍首相の働き方改革の狙い。

しかし、実態面では、「裁量労働制にすることで、残業代を支払うこともなく、何時間でも働かせることができる」ことから、裁量労働制を盾に違法労働が罷り通る可能性がある、との指摘は多い。

このように、安倍首相の労働問題に対する考え方には、疑いの目を向けざるを得ない。

1月22日の安倍首相は施政方針演説で、「同一労働同一賃金をいよいよ実現する時がきた。雇用形態による不合理な待遇差を禁止し、『非正規』という言葉をこの国から一掃していく」などと意気込みを語った。

しかし、アベノミクスがスタートした2012年から16年までの4年間で、非正規雇用者が207万人も増加したにもかかわらず、正規雇用者の増加はわずかに22万人にとどまっている。

(わしお こういち・経済ジャーナリスト。2018年3月16日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

孤高の法医学者が暴いた足利事件の真実

梶山天

発売日:2018/03/12

定価:1400円+税

書影

原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年

斉間満

発売日:2018/03/21

定価:700円

上へ