考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

連合が超党派の政策研究会設立
あの井手英策慶大教授が復活参戦

横田一|2018年3月5日12:26PM

連合フォーラム設立総会で講演する井出英策慶應義塾大学教授。(撮影/横田一)

連合(日本労働組合総連合会)は16日、立憲民主・希望・民進・自由・社民の野党5党の国会議員(152名)が名を連ねる「政策・制度推進フォーラム(略称・連合フォーラム)」の設立総会を開き、枝野幸男立民代表や大塚耕平民進代表ら約100名の国会議員が参加した。

まず神津里季生会長が昨年秋の民進党分裂について「あの不本意な事態に端を発した閉塞感をここで断ち切りたい」と挨拶をすると、次に登壇したのは、前原誠司民進党前代表の肝入り政策となった「オール・フォー・オール」(みんながみんなのために)の提唱者で衆院選向けマニフェスト作成にも関わった井手英策慶應義塾大学教授。前原氏が提案した「民進解体・希望合流」が了承された昨年9月27日を「一生忘れることはできない」と振り返り、当時の心境を次のように吐露した。「政権交代が実現するかもしれない高揚感の一方、皆様と作ってきた政策がこれで木端微塵になる不安を感じた」。

不安は現実のものとなった。前原氏が28日の両院議員総会で「民進党の政策は引継がれる」「公認申請者は排除されることはない」と公言した翌29日、希望代表(当時)の小池百合子東京都知事が「排除」発言をする一方で憲法改正と安保法制などの“踏み絵”を迫る中、井手氏の政策は雲散霧消してしまったのだ。

【野党連携の気運高まる】

失意の井手氏に「軸はぶらしません」とメッセージを送ったのは神津氏。「(昨年3月12日民進党大会挨拶)学者生命をかけて」「魂を込めて皆様(民進党関係者)と練り上げた」という井手氏の政策を連合が引取り、政策論争を通して野党連携を促す「フォーラム設立総会」での挨拶も依頼したのだ。

しかし井手氏は「消えかけている情熱の灯火に薪をくべるような貴重な機会」に感謝しつつも、「戦いに敗れた学者が居座り続けるのは無様であり、生き恥を晒すのに等しいと思う」「敗北者である僕が本当に皆様と共に歩みを進めていいのでしょうか」と問いかけた上で、こう呼びかけ、お願いもした。

「価値観が多様になった時代、外交・安全保障・憲法・原発にさまざまな考え方の違いがあるのは仕方がない。しかし、たとえ思想の違いがあったとしても、すべての人間が生きていく土台には働くことがあり、暮らしがあり、日常があります。この事実だけは絶対に変わりません。何が共通なのかに思いをはせながら対話を続けていくことが大事だと思います」

「老いを楽しむのではなく、明日の暮らしに怯えながら死ぬまで働き続ける。それを『一億総活躍』と呼ぶような社会。大勢の人達が不安に押し潰されそうになっている社会がここにあるのではないですか。『オール・フォー・オール』であれ名前は何でもかまいません。どうか連合を中心とする皆様が本当の意味で働く人たちの幸福を追い求めるような政治の土台を作ってください」

挨拶が終わると、参加議員からは拍手が沸き起こり、会場出口で井手氏と握手する国会議員が相次いだ。大同小異を否定する小池氏の「排除」発言で一度は消えかかった「オール・フォー・オール」が息を吹き返し、森友・加計問題に象徴される“アベ友ファースト政治”に対峙する旗として再び掲げられた瞬間のようにも見えた。

井手氏は「野党が合流するのは器の話にすぎない。器の形は地道な議論の結果」とも強調。野党が働き方改革関連法案や原発ゼロ法案や憲法9条改正(改悪)などで議論を積み重ね、安倍政権との違いを明確化し対峙すれば、再び政権交代への期待や気運が高まってくるというわけだ。

折しも14、15日には「働き方改革虚偽データ疑惑」で野党が合同で厚労省からヒアリング、確定申告開始の16日にも、野党5党は森友問題虚偽答弁疑惑の佐川宣寿国税庁長官に面会を求めた後、国税庁前の「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」主催の集会で共同街宣をした。統一会派構想や民進党再結集は進まなくても、政策ごとの野党連携の気運は急速に高まっているのだ。

(横田一・ジャーナリスト、2018年2月23日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年

斉間満

発売日:2018/03/21

定価:700円

上へ