考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

<原発事故>指定弁護士、東電元会長らの認識を詳述

2017年6月30日3:01PM

2011年に起きた東京電力福島第1原発の破局的事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の初公判が6月30日午前、東京地裁(永渕健一裁判長)で始まった。元会長の勝俣恒久被告(77歳)が「震災当時、津波による事故を予見するのは不可能でした」と述べるなど、3人とも無罪を主張した。

他に起訴されているのは、ともに元副社長の武黒一郎(71歳)と武藤栄(67歳)の両被告。

冒頭陳述で、検察官役の指定弁護士は、福島第一原発に敷地高さの10メートルを越える高さの津波が襲来することについて、冒頭陳述では〈被告人武藤は平成20年(2008年)6月10日、被告人武黒も遅くとも同年8月上旬には、上記計算結果を実際に認識していました。〉〈平成21年(2009年)2月11日には、当時原子力設備管理部長であったLが「もっと大きな14m程度の津波がくる可能性があるという人もいて」などと発言しているのですから、被告人勝俣も上記事実を知ることができました。〉と断言。〈被告人らが、費用と労力を惜しまず、同人等に課せられた義務と責任を適切に果たしていれば、本件のような深刻な事故は起きなかったのです。〉としている。

指定弁護人による冒頭陳述の全文はこちら。

(伊田浩之・編集部)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】実名告発 創価学会

野口祐介 滝川清志 小平秀一

発売日:2018/12/30

定価:1250円(税込み)

上へ