考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

「共謀罪」で処罰逃れやスパイの“密告”も

2017年2月15日1:08PM

「共謀罪」法案の危険性を訴える海渡弁護士。東京都千代田区にて。(写真/星徹)

通常国会初日の1月20日、犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」法案に反対する集会が参議院議員会館で行なわれ、350人以上の参加者で超満員となった。

共産党・民進党・社民党などの国会議員十数人も参加し、法案の危険性を訴え、法案阻止の決意を語った。

安倍内閣はかつて三度廃案となった「共謀罪」法案を一部手直しし、「テロ等組織犯罪準備罪」法案として今国会に提出する意向だ。切迫した状況にある。

海渡雄一弁護士は、政府が「普通(一般)の人が対象になることはない」と言うことに対し、「ある団体が犯罪を行なったとされれば、もともと適用外でも、組織犯罪集団ということにされる。一種のトートロジー(同義反復)だ」と語った。さらに、1925年に制定された治安維持法と現在の「共謀罪」法案の共通性を指摘し、「体制に抵抗する団体を一網打尽にできるという点で、同じような効果をもたらす可能性が高い」と訴えた。

元法務大臣の平岡秀夫氏は、「もし『共謀罪』法ができれば、いったん犯罪を行なおうと(複数人で)合意したら、後から『やめよう』となっても、処罰されることになる。処罰を逃れるには密告するしかない」と語った。また、「スパイが送り込まれて犯罪を煽り立て、『やろう』と決めた後でスパイが“密告”するというケースも想定できる」とした。

(星徹・ルポライター、2月3日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ