考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

『ある精肉店のはなし』、アンコール上映

2014年11月26日12:07PM

纐纈あや監督は、「この機会を活かして、ぜひ、ご覧いただきたい」と話す。(写真/内原英聡)

纐纈あや監督は、「この機会を活かして、ぜひ、ご覧いただきたい」と話す。(写真/内原英聡)

「北出家の仕事を撮らせていただくうちに、この営みこそ“生きる”ことの基本なのだろうと、心が納得したんです」

こう語るのは『ある精肉店のはなし』(ドキュメンタリー映画)の纐纈あや監督だ。11月29日から12月19日まで東京のポレポレ東中野でアンコール上映される。

本作品は2013年11月に同館で公開され、全国計55館の劇場で上映された。自主上映会も各地で頻繁に行なわれており、5万人超の観客を動員。また、本年度の文化庁映画賞「文化記録映画大賞」をはじめ数々の賞も受賞した。

舞台は大阪の貝塚市。纐纈監督はこの地で仔牛の買い付けから飼育、屠畜、精肉、販売まで一連の作業を家族で営む「北出精肉店」の暮らしを撮影した。初監督作の『祝の島』(2010年)では、中国電力・上関原子力発電所の建設に約30年にわたり反対を貫く祝島(山口県)の人々を映像に収めた。纐纈監督は「撮らせていただいた方々や、その空間に漂うある種の“懐かしさ”、細胞に刻まれている記憶が目覚めるような感覚」に導かれるように製作に取り組んだと語る。「原発」や「被差別」といったテーマに寄り添いつつ、人間として、生き物として、「命の根源」を問い続ける。

『ある精肉店のはなし』の詳細は、URL http://www.seinikuten-eiga.com/で。

(内原英聡、11月14日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ