考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

“改憲派”安倍政権への危機意識高まる――秘密保護法案の成立阻止を

2013年10月23日7:11PM

Resized-田島・北村シンポ1004

「安倍政権でどうなる私たちの人権 監視・管理・統制がすすむ社会」と題するシンポジウムが一〇月三日、東京都内で開かれた。主催は全国労働組合総連合、自由法曹団、国民救援会の三団体。

 コーディネーターの泉澤章氏(自由法曹団事務局長)は「一九八〇年代に国家機密法案が提出された際は、マスコミも学者も、自民党の一部も引き込んで反対運動を展開した。特定秘密保護法案についても、成立阻止に向けた運動に取りかかりたい」と語った。

 パネリストの田島泰彦氏(憲法学)は「『特定』の対象は(1)防衛、(2)外交、(3)特定有害活動(スパイ行為など)の防止、(4)テロリズムの防止に関する事項とあるが、国家の秘密を保護する枠組みは公務員の守秘義務など、既存の法律でカバーされている」とした上で、「特定秘密保護法案はそれをさらに厳重にするというが、何を『特定秘密』とするかは行政機関の各責任者が勝手に決めることができる」と指摘。「憲法を根本的にひっくり返す内容」だと批判した。

 同じくパネリストの北村肇本誌発行人は「同法では『公共の安全と秩序の維持』が謳われているが、たとえば原発などは警察が担当する領域。そうしたものにも『特定秘密』の範囲を拡大させれば、事実上の治安維持法となる」として、メディアを含めた広範な運動の必要性を訴えた。

 一〇月七日には「九条の会」が「集団的自衛権行使による『戦争する国』づくりに反対する国民の声を」との声明を出し、都内で会見を開いた。作家の大江健三郎さんは「自衛隊が米国の言うとおりに働くよう政府が決めることになれば、戦後かつてない大転換。それは日本人にとって後戻りできない不幸な、危険な、悲惨なことへの転換である」と危機感を語った。

 同会は一一月一六日に都内で九条の会第五回「全国交流・討論集会」を開く。

(本誌取材班、10月11日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ