考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

,

【タグ】

福島原発告訴団の思い(2) 浅田眞理子さん

2012年5月17日5:25PM

「失われた田舎暮らし」 みどりの未来・ふくしま 浅田眞理子さん(63歳)

 17年前、東京から福島県都路村(現在は田村市都路町)に移住した。阿武隈山系にある雑木林の中に家を建て、夢に描いてきた「田舎暮らし」が始まった。

 秋の夕暮れ時、薪ストーブに火をいれる。「森のテレビジョン」と言われるその炎は美しく見飽きることがなく、夫と二人並んで時が経つのも忘れて眺めた。そんな穏やかで平和な時はもう戻らない。薪が放射能で汚れてしまった今、焚くことはできなくなった。

 川口由一さんの提唱する「耕さず、肥料さえも施さない」自然農のたんぼや畑は、私の天国だった。毎日新しい発見があり、そこにいるだけで楽しかった。すべての生き物がいとおしい存在だった。ともに生きているという喜びがあった。そこに種をまき、育った米、雑穀、豆、野菜たちは、それ以上にいとおしかった。わが子のように自慢できた。小さくても、少々形が悪くても、味は抜群だった。兄弟姉妹や友人たちに自信をもって贈ることができた。訪れてくれた友人たちへのもてなしは、山里でとれた幸で十分だった。でも、その喜びはもう戻ってこない。

 それなのに、「年20ミリシーベルト以下の放射線量だから家に戻れ」という。山の中にいながら、山の恵みもいただけず、米や野菜もつくれず、薪ストーブも焚けない……。戻ってどんな生活をすればいいのだろうか。

 避難した石川県金沢市での都会生活の中で、思いまどう日々が続いている。

(まとめ・明石昇二郎〈ルポライター〉、4月27日号)

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ