考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

「米国で非GM食品市場が急成長」 印鑰氏が講演

2016年4月8日10:25AM

遺伝子組み換えの最新事情について講演する印鑰智哉氏。(写真/斉藤円華)

遺伝子組み換えの最新事情について講演する印鑰智哉氏。(写真/斉藤円華)

自然界では起こりえない遺伝子改変を作物などに行なう「遺伝子組み換え(GM)」本場の米国で、非GM食品の市場が急成長しているという。GMをめぐる最新事情について、オルター・トレード・ジャパン政策室長の印鑰智哉氏が3月12日、カフェスロー(東京都国分寺市)で講演した。

講演は「たねと食とひと@フォーラム」が企画。GMはベトナム戦争で枯葉剤を製造したダウ・ケミカルやモンサントなどの化学企業が主導する。除草剤にも枯れないダイズ、害虫を殺す毒素を生成するワタなどが実用化されている。

GM食品に起因する健康影響は立証されていない。ところが米国で近年、GMとがんなど健康影響との関連を示唆する情報が広まっている、と印鑰氏は指摘。20の州で食品にGM表示義務を求める運動が起きている。

こうした中、ゼネラル・ミルズのシリアル「チェリオス」、ベン&ジェリーズのアイスクリームなど非GM食品が登場。キャンベル・スープもGM表示を自主的に始めるという。「非GM食品市場はこの5年で4倍になった」と印鑰氏は話した。

一方、日本では大手ビール各社が発泡酒などの原料に使う糖類を相次いでGMに転換。GM作物の承認数が世界最多の日本はGMの「吹きだまり」になることも予想される。

(斉藤円華・ジャーナリスト、3月25日号)

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ