不具合についてのお知らせ

望月衣塑子が尋ね、金平茂紀が語る

筑紫哲也とその時代

本誌編集委員でもあったジャーナリスト・筑紫哲也さんが亡くなって13年が経つ。筑紫さんが18年間、キャスターを務めたTBSテレビの看板ニュース番組「筑紫哲也NEWS23」は、自由な発想による忖度なしの番組作りが今も語り草になっている。その制作現場で筑紫さんは何とどう格闘したのか――番組編集長を務めた金平茂紀さんが当事者たちに取材し、『筑紫哲也「NEWS23」とその時代』(講談社)を上梓した。テレビ報道だけでなくジャーナリズム全体が社会の信頼を失いつつあるいま、この記録は、ジャーナリズムの根源的な力とその可能性を改めて問いかける。新聞記者の望月衣塑子さんと金平さんが語り合った。

  • 泉健太・立憲民主党新代表、自公政権とどう闘うか
    代表選で可視化したジレンマ
    党勢拡大、野党共闘、原発問題
    本田雅和
  • 武蔵野市住民投票条例案
    デマによる差別煽動を許すな 木村元彦
  • キャラメルボックス 12月に復活公演
    劇団を率いる成井豊が初めて明かす苦闘と活動再開への思い 阪 清和
  • 東京高裁、老健施設側の説明義務違反を認め約125万円の支払い命じる
    知らないと損する介護保険負担限度額認定制度 黒島暁生
  • 〈一橋大生が迫る 渋沢栄一と朝鮮侵略〉(3)対朝鮮認識
    新紙幣の肖像に渋沢を選定したのは過去を否定する基調を反映? 李相眞
  • 不謹慎な旅(42)「松根油」緊急増産 
    戦争を刻んだ松 写真・文/木村 聡
  • 日本の民俗信仰
    祀りをたずねて(19)巨岩信仰 写真・文/山田しん
  • 【時事IN提携企画】尹錫悦氏にまつわる主な疑惑
    召喚して取り調べることもありうる 高濟奎、文翔鉉
  • メディアウオッチ
    人権問題担当の首相補佐官ポスト新設
    産経新聞が“目的”暴露
    早川タダノリ
  • 【提携連載企画】公害『PFOA』01
    大阪・摂津市のダイキン工場周辺で
    検査受けた全員の血液から毒性物質
    Tansa 中川七海
  • たとえば世界でいま
    米国/黒人射殺で白人に有罪評決 片瀬ケイ
    韓国/光州事件と全・盧元大統領の死 北方農夫人

次号予告:2021年12月10日号(第1357号)

【持続不可能なリニア中央新幹線 スピード化は人に幸福をもたらすか】●汽車の文明論|川村晃生
【台湾有事を考える】●台湾の歴史学者・呉叡人さんの問いかけにどう応えるか|藤原辰史
【中国共産党 第三の「歴史決議」】●現在の政権が正しいということをひたすら肯定し続ける|古谷浩一
【製造中止から50年 終わらないPCB公害】●翻弄されるカネミ油症被害者と製造地抱える高砂市民●牧師の犬養光博さんに聞く|平野次郎
【一橋大生が迫る 渋沢栄一と朝鮮侵略】●最終回 渋沢の教えを継承していると思われる一橋の学生|朝倉希実加
【5G】●EUの委員会が5G電磁波の有害性を認定|加藤やすこ
【食】●食品も燃料も何もかもが上がる 値上げラッシュはこれからが本番|垣田達哉
【Tansa】●ダイキン淀川製作所近くで牛47頭が怪死
【自由と創造のためのレッスン】●「中央銀行デジタル通貨」とは何か|廣瀬純
【きんようぶんか・本】●『歴史修正主義 ヒトラー賛美、ホロコースト否定論から法規制まで』|高原到●『格差の自動化 デジタル化がどのように貧困者をプロファイルし、取締り、処罰するか』|永田希●『虐待の子だった僕 実父義父と母の消えない記憶』|寺尾紗穂●『ガールズ・メディア・スタディーズ』|佐倉智美●『料理の意味とその手立て』|山口真紀●『「八月ジャーナリズム」と戦後日本』 |粟野仁雄
【きんようぶんか・映画】●『ジャネット』『ジャンヌ』|五所純子
【きんようぶんか・音楽】●『好きなんだよ』クレイジーケンバンド|藤田正
【きんようぶんか・美術】●グランマ・モーゼス展 ― 素敵な100年人生|薄井崇友
【TVドキュメンタリー】●12月10日からの番組|ワタナベ=アキラ
【強力連載】●それでもそれでもそれでも|齋藤陽道●風速計|中島岳志●凱風快晴ときどき曇り|内田樹●金曜アンテナ●政治時評|佐藤甲一●経済私考|鷲尾香一●たとえば世界でいま●言葉の広場/論考●さらん日記●話の特集|矢崎泰久、中山千夏、松元ヒロ、小室等●読者会から●きんようびのはらっぱで(情報欄)●ヒラ社長が行く|植村 隆

週刊金曜日ちゃんねる

購入

  • amazon
  • Fujisan
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • 定期購読

ページトップに戻る