考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

農薬

9記事

農薬散布で体調悪化 
マンション住民が名古屋地裁に中止申し立て

名古屋市のマンションに住むAさんが4月16日、管理会社の三菱地所コミュニティ(東京都千代田区)と管理組合に対し、植栽への農薬の定期散…

岡田幹治|2019年5月17日12:06PM

除草剤グリホサートと健康被害、
因果関係を示唆する結果が続々

除草剤の主成分であるグリホサート。2Aにランクする発がん物質ですが、 がん以外にも健康への影響が大きいと、世界各地で実験や検査が行なわれて…

天笠啓祐|2018年2月17日6:23PM

“無農薬”をうたう
植物工場の野菜から
基準値の17倍の農薬が検出!

近ごろ台頭してきた植物工場。農薬の類を使わなくても栽培できるのがウリのひとつですが、そうした植物工場製野菜から農薬が検出。それも基準値の17…

植田武智|2017年12月15日1:05PM

グリホサートが
妊婦や子どもにもたらす
見逃せない健康被害

グリホサートが妊婦と新生児に健康被害をもたらすことが、米国の調査でわかりました。 さらに米国ではIARC(国際がん研究機関)に対して圧力を…

天笠啓祐|2017年5月19日1:07PM

輸入農産物への
グリホサートの残留基準
現行の5~150倍に
大幅緩和か?

輸入小麦やそばなどで、除草剤グリホサートの残留基準が緩和の動き。 国産よりも輸入もののほうが心配なのに、こんな基準じゃ安心できない! …

植田武智|2017年4月21日1:06PM

住友化学株主総会で――「脱ネオニコ」訴える

ミツバチの大量死が世界中で進み、原因にネオニコチノイド系農薬が指摘されている。同農薬はすでにヨーロッパをはじめとして使用規制が広がっており、…

石原謙治 グリーンピース・ジャパン食と農業担当|2016年7月22日5:46PM

ネオニコ系農薬の規制等求め――住友化学株主総会で訴え

花粉を運んで農業を支えるミツバチが大量死する原因となっていることから、ネオニコチノイド系農薬は、2013年にEU(欧州連合)で使用禁…

2015年7月16日11:36AM

青梅の梅林、ウイルス対策でネオニコ散布だが――害虫より人に危険な農薬

たった一種類の害虫、アブラムシを根絶するために、東京の青梅市で今年4月からネオニコチノイド農薬(以下ネオニコ)の大量散布が始まった。…

2015年6月12日1:11PM

厚労省が農薬残留基準引き上げへ――危険性認識しながら基準作成

 欧州で進む農薬規制とは逆に、日本では食品への農薬の残留基準が大幅に緩和されようとしている。そこで国際環境NGOグリーンピース・ジャ…

2014年2月25日5:22PM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

追悼 石牟礼道子

毒死列島 身悶えしつつ

石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美

発売日:2018/07/02

定価:1000円+税

書影

【電子書籍】実名告発 創価学会

野口祐介 滝川清志 小平秀一

発売日:2018/12/30

定価:1250円(税込み)

上へ