考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

環境省

11記事

違法な「闘鶏」の禁止求める陳情を沖縄県に提出

逃げ場のない小さな囲いに雄の軍鶏を入れ、闘わせ、致命傷を負わせ、金をかけ、楽しむ。闘鶏は環境省が定める定義によれば、動物を闘わせる虐…

岡田千尋|2019年7月29日10:24AM

福島県外の避難者借り上げ住宅支援打ち切り――「支援法」生かしてと継続要望

 東京電力福島第一原発事故の被災者およびその支援を行なう市民団体らで結成した「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」は一一月二八日、…

2012年12月21日5:04PM

栃木県矢板市長に拒否された最終処分場候補地――問題山積の高濃度汚染ゴミ

 環境省は九月三日、栃木県矢板市塩田にある国有林野を、放射性物質汚染対策特措法で「指定廃棄物」と呼ばれるゴミの最終処分場の候補地に選定したと…

2012年10月4日7:10PM

「警戒区域」を解除された南相馬市小高区――水道・ガス使えず困惑する住民

 福島第一原発から二〇キロ圏内に設定されていた「警戒区域」指定が、四月一六日に解除となった福島県・南相馬市小高区と原町区の一…

2012年6月4日5:34PM

水俣病判断条件の見直し機運止める――大阪高裁、女性の訴え棄却

 大阪高裁(坂本倫城裁判長)は四月一二日、行政上の水俣病認定を熊本県に求める裁判で勝訴した原告女性(大阪府在住)を逆転敗訴とし、一審を覆した…

2012年5月9日4:55PM

「がれき受け入れ」導くアンケート調査の裏側――環境省・部会長が経営する会社が実施

『山陽新聞』(本社・岡山市)の三月一五日付朝刊に、「震災がれき『受け入れ賛成』87%」という見出しの記事が掲載された。それによると、「アンケ…

2012年4月23日1:17PM

水俣病「補償協定」の理念はどこに――症状悪化しても補償額不変

 水俣病認定患者の健康状態が悪化し、補償金増額を必要とする変化が生じた際、金額の変更を申請できる制度(通称「ランク変更」)があるが、患者の状…

2011年10月31日6:23PM

微粒子の飛散で内部被曝拡大――環境省が放射性廃棄物焼却の方針

 環境省は、東京電力と国による福島第一原発事故、汚染水の海洋投棄に続き、第三番目の大きな過ちとなる放射能汚染廃棄物(=がれき)の焼却処理を決…

2011年7月22日6:59PM

「水俣条約」という名に異論も――千葉・幕張で水銀条約交渉

 二〇一三年の水銀規制条約成立をめざし、国連環境計画(UNEP)が主催する政府間交渉委員会の第二回会議が、一月二四日から二八日まで千葉・幕張…

2011年2月15日6:32PM

熊本県が水俣病認定棄却の女性、大阪地裁が認定を命じる

 大阪地方裁判所は一六日、熊本県が水俣病だと認定しなかった原告女性について、国の水俣病の基準(一九七七年判断条件)には医学的な証拠が…

2010年8月6日3:03PM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ