考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

水俣病

10記事

【スクープ】死因不明の“福島病”を生み出してはならない
「急性心筋梗塞ワースト1」で福島県が放った奇策

公害事件では、健康被害が懸念されると、原因解明を妨げる動きが出てくる。 急性心筋梗塞に対して福島県が取った対策は驚くべき内容だった。 …

明石昇二郎|2019年5月25日4:56PM

石牟礼道子さんを送る会、一人ひとりの追悼

2月10日に90歳で亡くなった「石牟礼道子さんを送る」会が、4月15日、東京・有楽町のマリオン朝日ホールで開かれた。主催は水俣フォー…

山村清二|2018年5月16日6:48PM

水俣病判断条件の見直し機運止める――大阪高裁、女性の訴え棄却

 大阪高裁(坂本倫城裁判長)は四月一二日、行政上の水俣病認定を熊本県に求める裁判で勝訴した原告女性(大阪府在住)を逆転敗訴とし、一審を覆した…

2012年5月9日4:55PM

福岡高裁が「最終解決」に異議――国の「認定基準」を否定

 水俣病の認定申請をしていたにもかかわらず二一年間も放置され、棄却処分となった溝口チエさん(故人)の次男、秋生さん(八〇歳)が、棄却処分の取…

2012年3月16日6:10PM

水俣病訴訟支援の医師団が調査――多数の潜在患者見つかる

 水俣病特別措置法によって「幕引き」されようとしている水俣病問題だが、一二月五日、水俣病訴訟支援・公害をなくする県民会議医師団(藤野糺団長)…

2012年1月13日5:28PM

水俣病「補償協定」の理念はどこに――症状悪化しても補償額不変

 水俣病認定患者の健康状態が悪化し、補償金増額を必要とする変化が生じた際、金額の変更を申請できる制度(通称「ランク変更」)があるが、患者の状…

2011年10月31日6:23PM

いまだ課題山積の水俣病問題――「特措法」考えるシンポ開催

 シンポジウム「水俣病特別措置法のあり方を考える」(日本弁護士連合会主催)が六月四日、東京の弁護士会館で行なわれ、医師の原田正純さんが二〇〇…

2011年7月4日6:49PM

「水俣条約」という名に異論も――千葉・幕張で水銀条約交渉

 二〇一三年の水銀規制条約成立をめざし、国連環境計画(UNEP)が主催する政府間交渉委員会の第二回会議が、一月二四日から二八日まで千葉・幕張…

2011年2月15日6:32PM

水俣病の責任はどこへ

  水俣病特別措置法のもとでチッソが進めている事業再編計画。これによって、原因者責任を消滅させてはいけないと三日、東京でシンポジウムが開催さ…

2010年11月28日5:14PM

熊本県が水俣病認定棄却の女性、大阪地裁が認定を命じる

 大阪地方裁判所は一六日、熊本県が水俣病だと認定しなかった原告女性について、国の水俣病の基準(一九七七年判断条件)には医学的な証拠が…

2010年8月6日3:03PM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ