考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

ヘイトスピーチ

22記事

「慰安婦=公娼」ラムザイヤー論文に批判殺到 
学問の顔したヘイトスピーチ

米ハーバード大学のJ・マーク・ラムザイヤー教授が昨年末、戦時中の日本軍「慰安婦」について「(当時合法だった)公娼制度上の売春婦だった…

2021年3月26日5:25PM

ネットの差別書き込みに法整備を 
市民団体がオンライン集会

ヘイトスピーチ解消法施行から4年経つが、ネット上の差別書き込みは放置されたままだ。「デジタル時代の反ヘイト 被害実態とその対策」と題…

片岡伸行|2020年12月11日2:22PM

在特会元幹部の京都朝鮮学園名誉毀損で控訴棄却 
大阪高裁「ヘイトが公益」維持

ヘイトスピーチをしたとして名誉毀損罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)元幹部の西村斉被告(51歳)の控訴審判決で、大…

平野次郎|2020年10月16日2:43PM

大阪「フジ住宅」レイハラ訴訟で原告側勝訴

人種・民族差別をめぐる判例は、被害当事者の身を捩る闘いで少しずつ、確実に前進してきた。反ヘイト裁判の嚆矢、京都朝鮮学校襲撃事件(原告…

中村一成|2020年7月28日4:14PM

新型コロナウイルス騒動で中国人嫌悪を助長する報道も

2019年12月、中国・武漢で集団発生した新型コロナウイルス肺炎は世界的規模で感染が拡大している。 この感染の拡大に伴って、不…

植松青児|2020年2月18日12:18PM

大阪市が条例初、ヘイトスピーチ者の氏名公表もネット発信者特定には法の壁

大阪市は「ヘイトスピーチへの対処に関する条例」(2016年1月15日制定、同18日公布・一部施行)に基いてヘイトスピーチと認定した2…

平野次郎|2020年2月10日9:50AM

蔓延するネット上の人権侵害 
被害救済のためのモデル案提示

目に余るネット上の人権侵害に法の歯止めをと、弁護士と学者らによるグループ「ネットと人権法研究会」の主催する院内セミナーが12月4日、…

片岡伸行|2020年1月7日11:09AM

朝鮮人虐殺追悼集会をつぶす? 
「そよ風」慰霊祭の目的は

1923年の関東大震災から96年となる9月1日、東京・墨田区の都立横網町公園内では三つの追悼行事がほぼ同じ時間に行なわれた。慰霊堂で…

植松青児|2019年9月27日8:46PM

ヘイト解消法受け神戸市が条例制定 
自民の反対覆させた市民運動

神戸市議会は6月5日、外国人に対する差別解消と多文化共生社会の実現に関する条例案を全会一致で可決した。ヘイトスピーチを規制する条例は…

平野次郎|2019年7月2日12:05PM

ヘイトスピーチ解消法と改定入管法を問う 
差別なくすための制度確立を

凶悪事件が起きるたびに飛び交う“ヘイト・デマ”が常態化してしまった日本社会。施行から3年となるヘイトスピーチ解消法と4月に施行された…

片岡伸行|2019年6月17日11:42AM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ