考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

ジャーナリズム・文化

130記事

「いわおのまどろみ」

李政美さんは「自由に見ること、聴くこと、話すこと、歩くこと、心ふるわすこと、笑うこと、泣くこと。冤罪とは、そのすべてが奪われるということ」と…

小室等|2018年4月12日6:15PM

石牟礼道子さん追悼の夕べ
『苦海浄土』語り、『椿の海の記』演じる

東日本大震災と福島第一原発事故があった3月11日は、水俣病を描いた小説『苦海浄土』の作家で、先月10日に亡くなった石牟礼道子さん(本…

薄井崇友|2018年4月3日12:43PM

すごい27人

二七人のミュージシャンと一人の詩人が集まった。 谷川俊太郎作詞、小室等作曲の「真実・事実・現実 あることないこと」。俊太郎さんの言葉を…

小室等|2018年4月2日6:48PM

作家を殺す「著作権法改正」

日本政府は2月23日、著作権法改正案を閣議決定し、国会に提出した。作家やジャーナリストをはじめとした著作権者を置き去りにしたまま、著作権法が…

明石昇二郎|2018年3月30日7:16PM

石牟礼さんの思い

一九八〇年、環境学者で公害問題研究家の宇井純さんを校長とする市民政治学校なる集まりがあった。その年四月、宇井校長の引率で「市民政治学校“校外…

小室等|2018年3月11日7:00AM

『母』を書いて退行した姜尚中(佐高信)

『創』の3月号で、姜尚中の退行は『母』(集英社文庫)を書いてから始まった、と批判した。あるいは退行して『母』を書いたのかもしれない。 …

2018年3月6日5:38PM

金時鐘さんのこと(小室等)

 金時鐘さんと佐高信さんの『「在日」を生きる ある詩人の闘争史』、息苦しさなくして読み進めない。けど難解でなく、堅苦しくもない。 水戸…

2018年3月5日5:30PM

『産経』『読売』「NHK」優遇する安倍首相(西谷玲)

安倍晋三首相が2月9日開幕の韓国・平昌冬季五輪開会式に出席するという。そのこと自体は望ましいことだ。問題は、それを明らかにした経緯である。 …

西谷玲|2018年2月28日9:17PM

西部邁先生との別れ(中島 岳志)

2018年1月5日。 この日が西部邁先生と会った最後の日となった。 昨年末、先生が1993年に出版した『リベラルマインド』が新装…

2018年2月23日5:14PM

植村隆名誉毀損訴訟の第11回口頭弁論で指弾 西岡力氏の捏造決め付けは「確信犯」

「被告西岡は確信犯」「『慰安婦』問題を報道した原告を攻撃するため、捏造記者扱いした」。1月31日、元『朝日新聞』記者植村隆氏が西岡力…

2018年2月22日11:55AM

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

孤高の法医学者が暴いた足利事件の真実

梶山天

発売日:2018/03/12

定価:1400円+税

書影

原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年

斉間満

発売日:2018/03/21

定価:700円

上へ