週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

獲物にみせる余裕な態度──カナダ=エスキモー4(本多勝一)

3人のエスキモーたちは、広大な雪面をはうようにしてカリブーたちに近づく。カメラを抱いて後を追うのは写真記者の藤木高嶺氏。

だがしかし、カリブーの一群を見つけたからと、すぐ追撃を始めるのは「エスキモー流」の態度ではない。獲物がリッパならリッパなほど、余裕のあるところを示さないと。まずはタバコ。次は雪をとかしてお茶だ。またタバコ。

3台のソリが追跡を始めたのは1時間あとだった。小高い丘から盆地状の低地へと、エスキモーたちは声をひそめるわけでもなく、いつものように犬をりつける。

突然、先頭のイスマタの犬ゾリが視野から消えてしまった。驚いて近づくと、10メートルほどの崖から墜落して、ソリが逆立ちしている。空と地平とが白一色で区別できないから、こんなことも起きる。イスマタは大笑いしながらソリを直し、そのまま走りだす。つづく2台は遠まわりして崖を避ける。崖のふちに、カリブーの足跡が点々と続く。

いったい、どの方角へ走っているのか。もはや磁針は北をささない。北磁極(磁石の示す北極)が、ここから僅か800キロメートルほど北西にあるためだ。その角度からすると、およそ東北東に進んでいる。

北磁極は、1831年にJ=C=ロスが発見した当時、ブーシア半島南西部の陸上にあったが、現在(1963年)は実際の北極から1600キロメートル南だ。年に8キロメートル(当時)ほど移動する。(敬称略)

(ほんだ かついち・『週刊金曜日』編集委員)

※この記事は現在、本多編集委員がかつての取材をもとに『週刊金曜日』に毎週連載しているものです。カナダ=エスキモーの連載は1963年に『朝日新聞』に掲載され、後に単行本や文庫本にまとめられています。