週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

竹中労に学んだ人斬りの法(佐高信)

「ヘアトニック・ラブで革命ができるか」

不破哲三について竹中労はこう言った。現在の志位和夫のように“共産党のプリンス”視されたころの不破を、プラトニック・ラブをもじって痛烈に皮肉ったのである。

私は悪罵の投げ方を、この竹中に学んだ。竹中は『週刊読売』連載の「エライ人を斬る!」で、時の首相・佐藤栄作の妻、寛子などを槍玉に挙げ、突如、連載を打ち切られる。ちなみに同誌1970年9月25日号掲載の「佐藤寛子を斬る」のタイトルは「“庶民”ぶるネコなで声の権勢欲夫人」だった。

それで竹中は謝罪文要求の訴えを起こしたのだが、その裁判の証人に自らが「反逆の志忘れたハゲ坊主」とバッサリやった今東光(中尊寺貫首、元参議院議員、作家)を申請した。そして、1976年10月27日、病気だった今の“臨床尋問”が行なわれる。

訴えられた読売新聞社側は、竹中の今批判を「下品で野卑で愛情のない、プライバシーを傷つける表現」であり、「取材の対象に会いもせずに、恣意によってメッタ斬りにする、人物評論の常道を逸した低級な記事」と決めつけたが、今自身はそう受け取らなかった。

「竹中クンの人物評には、底意地の悪い不潔感のともなう表現はありませんね。斬られるほうだって、鈍刀でやられるより名刀でスパッとやられたほうがさっぱりする。竹中クンの裁断というか、メスの入れ方というものは非常に明快、痛快で僕は好きですね。それを嫌だ不愉快だというのは、よっぽど了見のせまいヘンな野郎で、そういうのがつまりエライ人ということになるんでしょうな」

名刀ではなく竹中のような妖刀で

弁護士が「体制秩序のタイコ持ち」といった表現を中傷とか個人攻撃と思わなかったかと尋ねても、今は平然と答える。

「日本人というやつはかげにまわると、天皇陛下の悪口だって言うんですから、面とむかってののしられるのは、むしろ幸運だと思わなくちゃいけないんですよ。よい評判しか耳に入ってこないと、人間は堕落しますからね。ハゲといわれるのが嫌ならカツラをかぶりゃいい、タコ坊主、クソ坊主、そんなこたァあんた、銀座のバーの女の子のほうが、よっぽどぬけぬけと不遠慮にいうんダ。竹中が言ったからハラが立つ、ホステスだったらヤニさがってへらへら聞いている、そんなものですよ並のエライ奴ってェ人種はね」

竹中は今を「男根もどきの禿頭を、おっ立てふり立ててマスコミを騒がせにかかった」とも書いている。

弁護士が「そんな表現がありましたね」と挑発しても、
「ああ、ござったござった。ヘッヘッヘッ実に面白いねぇ」
と今は笑いとばす。そして「文体や斬る対象によっての心配り」がなされているかという問いにも、泰然と答える。

「これはねぇ、無意識にというか、言いたい放題に書いちゃいませんよ。文章読めばすぐにわかるけど、竹中ってのは意識過剰な男だからね、それはかなりはっきり意識して工夫して書いていますとも。これね、ちょっと見ると、俺を怒らせよう怒らせようとして、今東光に竹中が挑んでるなと、トーシロは思うでしょうけどね、そいつは間ちがいだな、だいいち僕自身がそうとっていません。逆に悪口はそれでも足りない、もっとやってと言いたいくらいだ。人物評ってもな、そういう毒をふくまなくちゃ、サマになりゃあしません」

竹中によれば、今のこの証言は事前の打ち合わせなどまったくなしに行なわれたものだった。私は名刀ではなく、竹中のような妖刀で、これからも人を斬っていきたい。

(さたか まこと・『週刊金曜日』編集委員、3月31日号)

女性市議はなぜ「炎上」したのか(黒島美奈子)

発端は3月9日夕、沖縄県宮古島市の市議が自身のフェイスブック(FB)にした投稿だった。

陸上自衛隊が米カリフォルニアで米軍演習に参加したことを伝え「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」などと綴られていた。

米軍による性的暴行は深刻だ。米国防総省が2014年に公表した報告書によると、13年度の米軍内での性的暴行件数は5061件で前年度比50%増。同省が数年前から対応を強化しているにもかかわらずにだ。軍別では海兵隊が最も多く、女性海兵隊員の7・9%が被害を訴える。こうした性的暴行の多さは軍隊の構造によると指摘されている。市議の投稿はそうした事実を踏まえ、米軍との共同訓練強化で自衛隊が影響を受けるのではないかと懸念したものだ。

ところがFBには投稿を批判する意見が相次いで寄せられた。いわゆる炎上だ。市議は翌10日、同じFBで「言葉足らずな表現から、私の意図するところとは違う様々な誤解を生んでしまいました」と謝罪。(1)自衛隊や自衛隊員を批判しているわけではない、(2)自衛隊員がみんな婦女暴行事件を起こすと思っているわけではない、と釈明した。投稿の趣旨は「米軍と一体化して訓練することで、本来の自衛隊の専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持った」としたが、誹謗中傷や家族の情報を暴露するような書き込みも増えたことから一連の投稿を削除した。

日本という国で、軍隊による性暴力について認識を共有することは難しいのだろう。72年前の米軍の侵攻と同時に、沖縄では兵士による性暴力が続いている。しかし被害の実証は長い間困難だった。性暴力への偏見が根強い社会で被害者の多くは沈黙し、表面化するのは殺人に至ったケースなど一部の事件のみだ。県内の女性団体が古い警察記録や文献から洗い出した資料によって、米軍の駐留と性被害の関係性が明らかになったのは1990年代後半のことだ。

FB騒動は投稿削除で収まるかに見えたが、その後、舞台は市議会へ。投稿を疑問視した保守系与党会派議員団が市議の辞職勧告決議案を緊急動議で提起し可決。理由は「市議会の品位を著しく傷つけた」からだという。市議が議員継続の意志を示すと翌日、それに反発した議員ら15人が一般質問をボイコットし流会。本会議が2日間も停滞する異例の事態となった。

なぜか。私は、くだんの市議が女性であったということが関係していると思う。ネット投稿で批判を浴びる議員発言は今や枚挙に暇がないが、それに対してほかの議員が一般質問をボイコットするなど聞いたことがない。辞職勧告決議の理由が「市議会の品位を傷つけた」というのも釈然としない。強引な市議会の態度は、国会で野党の女性議員が質問に立つと、男性議員の時とは明らかに異なる態度をとる閣僚たちと重なる。

同様に感じた人は、多かったのかもしれない。次第に市議会の対応への疑問の声が寄せられるようになり、議員らのトーンは急速に低下した。3日目には一転、議会は正常化した。政治をただすのはやはり、市民の声なのだ。

(くろしま みなこ・『沖縄タイムス』記者。3月31日号)

生徒も「国歌斉唱」の強制対象に 都立高校教員らが抗議集会「卒業式はだれのものか」

生徒の起立を何回も促す台詞が記載されている都立高校の「卒業式進行表・台本」(固有名詞は筆者が黒塗り)。(撮影/池添徳明)

2003年に東京都教育委員会が「教職員は国旗に向かって起立し国歌斉唱する」と規定した通達(10・23通達)を出してから14年。卒業式で国歌斉唱の際に起立しなかった都立高校教員を、都教委が事情聴取したことに抗議し、処分させないように支援する教員らの集会が3月31日、東京都内で開かれた。

都教委通達が出た当初は約200人の教職員が不起立などで懲戒処分されたが、処分者数は年々減少している。

今年の卒業式で起立しなかった教員は2人。この日までに処分は発令されていないが、4月中旬以降に処分発令があると見られている。年度内に発令されなかったのは今回が初めてという。

都教委は教職員に国歌斉唱や起立を強いるだけでなく、生徒の行動を制約する動きも見せている。思想・良心の自由に基づいて、生徒には自主的に判断し行動する権利があるはずだが、都教委は、教員が生徒に「内心の自由」について説明するのは不適切だとしている。多数の生徒が起立しなかった学校では、担任や管理職の指導責任が問われたこともある。

この日の集会では、今年の都立高校の卒業式は「生徒への指導」がさらに一段と強化されたことが報告された。

都教委は今年1月に開かれた校長連絡会と副校長連絡会で、「生徒への指導が適正か、教職員の指導状況を確認するように」と指示した。各校が作成し都教委に提出する卒業式の進行表(台本)に、「起立しない生徒がいたら司会が起立を促す」「全員の起立が確認できたら式を始める」といった記載がないと受け取ってもらえず、都教委から強い指導を受けるようになったという。

しかし、中には都教委の指示以上に、何回も起立を促す台詞を記述する学校もあった。以下のような内容だ。

「司会『国歌斉唱』」「起立していない生徒多数の場合には、起立を促すようにする」「司会『ご起立下さい』」「それでも起立しない場合は、副校長が司会席へ移動し、副校長『ご起立下さい』」「生徒、教職員の起立を確認した後、副校長が司会に開始の合図を送る」(実際の卒業式進行表・台本から抜粋)

報告した女性教員は、「都教委通達のターゲットが生徒にあることがはっきりした。卒業式はだれのものなのだろうという疑問を強く感じる」と訴えた。

【「全体主義化見過ごせぬ」】

集会では、国歌斉唱の際に起立しなかった教員2人が心情を語った。

男性教諭(55歳)は今回で4回目の不起立になる。式場に「君が代」のメロディーが流れている最中ずっと、副校長から「あなたは校長の職務命令に従わないのですか。起立できないのですか」と周りの人が振り返るような大きな声で言われ続けたという。

「副校長は都教委の指示通りにやったとのことだが、厳粛な式の進行を妨げているのはどっちなのでしょうか。『君が代』に恨みはないが、人々を管理統制し動員する危険な道具として使われていることに警戒心がある。命令されて個が圧殺される全体主義化を見過ごしてはいけない、黙して語らずではダメだという思いから不起立を続けています」

一方、女性教諭(57歳)は定時制の3年生の担任として、教育課程の弾力化によって早期卒業する生徒1人を送り出した。悩んだ末に起立しなかったという。

「来年は4年生の卒業式に出席するはずでしたが、担任からは外されました。もちろん管理職は不起立のせいだとは言わない。卒業式に出席して生徒の名前を呼んだことには満足していますが、もやもやした気持ちは消えません。担任を外されて生徒には申し訳ないです」

懲戒処分された教員について校長は3年間、「実績・行動記録報告書」を作成し、処分後の行動や改善実績を学校経営支援センターに報告するという。監視・把握され続けて、まるで犯罪者のような扱いだ。

(池添徳明・ジャーナリスト、4月7日号)