週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

将棋連盟が隠す解任された理事の賛成票数を公開

日本将棋連盟本部が入る将棋会館。(東京都、2月27日、撮影/編集部)

「やはり解任動議をめぐる採決の数字を日本将棋連盟が隠しているから、ことが軽くなるんです。理事も恥になるから自ら数字は言いません」

そう指摘するのはかつてNHK杯の優勝経験もある櫛田陽一七段である。三浦弘行九段の将棋ソフト不正使用疑惑は結局、「シロ」に終わり、公益社団法人日本将棋連盟執行部の責任が問われることになった。連盟会長と常務理事は1月に自ら辞任したが、居残った5人のプロ棋士理事に対しても28人の連盟正会員のプロ棋士から解任動議が出されることになり、2月27日に3人が解任された。櫛田七段は解任動議を提案した28人の1人である。

動議の数字は非公表扱いで棋戦のスポンサーである新聞社にも知らされていない。そこで小誌は情報公開することにした。連盟の会員は234人。当日は18人が棄権したため投票数は216人(委任状含む)。109票が解任ラインとなった。櫛田七段は続ける。

「出席者216人のうち東京(関東)と関西の比率は3対1ほど。私達提案側は関東だけで100は入るのではないかと考えてました」

以下、賛成の得票数だという。括弧内は東京票。

・青野照市九段125票(109)

・中川大輔八段111票(100)

・片上大輔六段112票(104)

・佐藤秀司七段101票(91)

・東和男八段107票(101)

「東京と関西の投開票は別々で先に東京を開票します。青野九段については東京を開票した時点で決まり、驚きました。今後は4月10日から11日の2日間で理事の立候補の届け出があり、27日に選挙が実施される予定です。28人からは立候補の予定は現状ありません。解任理事の1人が再び理事選挙に出るという話も聞こえてきます。解任されたという事実を重く受け止めていないのではないか」

ファンのためにも棋士には勝負師らしい姿を見せてほしいものだ。

(平井康嗣・編集部、3月31日号)