週刊金曜日公式ブログ 週刊金曜日ニュース

「スーパー堤防」事業差し止めと慰謝料求めた裁判――あきれたコピペで却下・棄却

裁判所前で「不当判決」へのコメントを出す原告弁護団の大江京子弁護士(右端)。(撮影/樫田秀樹)

1月25日、東京都江戸川区北小岩1丁目の93世帯が国の「スーパー堤防」事業で立ち退いたことで、地権者ら4名が、国に対しては「スーパー堤防事業の差し止め」を、江戸川区に対しては、精神的苦痛への賠償として「1人100万円の慰謝料」を求めた裁判の判決が言い渡された。

東京地方裁判所の岸田日出夫裁判長は、前者は「却下する」、後者は「棄却する」と述べただけでものの10秒で退廷した。

スーパー堤防とは、概ね200メートル前後もの幅を有する巨大堤防で、洪水が越水しても堤防が崩れないのをウリにしている。そのためには河川沿いの住民の立ち退きが必須で、「事業実施前に、住民の移転承諾を得て盛り土工事を行わねばならない」と定められている。だが本件では、誰一人国から承諾を求められておらず、区の区画整理事業との名目で立ち退きを迫られ、更地になったところでスーパー堤防事業が始まった。この事実に住民は、「国に盛り土工事の権限がない」と訴えていたのだ。

判決後、弁護団は入手した判決文に肩透かしを食らった。

スーパー堤防では、造成後に元住民が戻ってくるのは可能だが、二度の移転は特に高齢者には無理だ。つまり、コミュニティ崩壊もはらむ事業なのに、岸田裁判長は「限度を超える権利侵害とは言えない。二度の移転を回避したければ、区の先行買収(土地を売り払うこと)に応じればよかったはず」と判示したのだ。

問題は、この判決文が、住民がこの件で区を訴えた「江戸川区スーパー堤防取り消し訴訟」の2013年12月の判決文の、いわゆるコピペであったことだ。

原告の1人、宮坂健司さんは最後まで立ち退きを拒んだ1人だが、「判決は想定内。だが、裁判所が深い考慮をしていないことが分かった。それでも私は声をあげ続け世論に訴える」と語った。

(樫田秀樹・ジャーナリスト、2月3日号)

いる、いる、まさに8頭──カナダ=エスキモー5(本多勝一)

3人のエスキモーたちは、ひと昔まえの望遠鏡でカリブーをさがす。狩猟のリーダー格は右端のイスマタ。その左にムーシシとカヤグナ。(『朝日新聞』1963年7月の連載「カナダ=エスキモー」第20回目、藤木高嶺記者写す。)

エスキモーたちは天測をするわけでも無論なく、吹雪か曇り日が続くこのころでは、沈まぬ太陽がどこにあるかも分からない。地形の記憶で走りつづける。人間の形をした岩だの鳥のような岩だのは重要な目じるしだから、固有名詞がついている。

1時間ほど走って、イスマタはまた望遠鏡をのぞく。彼がカリブーをその視野に入れて固定してから、私たちものぞく。うん、見えた。3頭だ。靄のかかった灰色のシルエット。首を地表にたれている。それも動いたから分かったのであって、まだ遠い。2キロメートルはあるだろう。あとの5頭はすわりこんでいるらしい。肉眼では、いくら目をこらしても見えない。

さらに20分ほど走ると、小さな湖に滑りおりた。凍結した氷に穴をあけて、ソリ3台を綱でしばりつける。犬が勝手に走りださないためだ。

イスマタを先頭に、その湖をかこむ丘陵へ登る。と、イスマタがそっと指さした。カリブーが1頭だけ立っているのだ。約200メートル先。ここからではこれ以上ちかづきにくい。前こごみの姿勢で、やや低い窪地ぞいに左手へ。窪地と言っても、高度差は数メートル以下。

再び高みへ這い上がる。イスマタが「ここまで来て止まれ」と合図。そこで腹ばいになって頭をあげると、いる、いる、まさに8頭。(敬称略)

(ほんだ かついち・『週刊金曜日』編集委員)

※この記事は現在、本多編集委員がかつての取材をもとに『週刊金曜日』に毎週連載しているものです。カナダ=エスキモーの連載は1963年に『朝日新聞』に掲載され、後に単行本や文庫本にまとめられています。

『石原慎太郎への弔辞』の追伸(佐高信)

2012年2月24日号の『週刊金曜日』アンテナ欄に「瓦礫処理事業を受注する鹿島建設役員に石原知事元秘書」というニュースが載っている。その記事によれば、瓦礫処理について石原は会見で不思議なほど積極姿勢を示し、
「反対する人には黙れ、と言えばいい」
と豪語したとか。

瓦礫処理は鹿島を中心とする大手ゼネコン9社が約2000億円で受注したが、その鹿島には常務執行役員(現専務執行役員)で石原の元公設第一秘書である栗原俊記がいた。この名に覚えのある人も少なくないだろう。1983年の衆議院議員選挙で石原の対立候補の新井将敬の選挙ポスターに、「(昭和)41年北朝鮮から帰化」とシールを貼って公職選挙法違反に問われた事件を主導した人物である。

この時、石原は、
「秘書が勝手にやった」
と、いつもの手で逃げた。

日本一の無責任男である石原の責任転嫁の数々については、拙著『石原慎太郎への弔辞』(KKベストブック)で詳述したので、そちらを参照してほしいが、石原を批判すると、かつては、こんな手紙が舞い込んだ。2000年頃、石原の差別的な「三国人」発言が問題になった時である。当時、私は、作家の宮崎学や人材育成コンサルタントの辛淑玉と共に石原批判の運動を展開していた。

「佐高信 オマエは今すぐにくたばれ 石原知事を選んだ日本人をぶじょくしたな 三国人と言われて おこるのは朝鮮人か、シナ人だからな オマエのようなこの世に必要のねぇカスに 日本人をナメられて だまっていねぇからな
コラ、朝鮮人、いい子ちゃんぶってるんじゃねえよ
オマエの朝鮮顔見てるとヘドが出るんだよ 正義の味方か オマエは 知事にやめろと言う前に この世の中に必要のねぇ佐高、オマエが死ねや
にせ五〇〇円 貴金属荒し強盗 佐高 オマエが被害にあった事がねぇから言えるんだよな
パチンコ荒し 殺人 三国人の犯罪の多さにワシら人間はムカついているんだよ
佐高 オマエが被害者に保障してくれるのか 死んだ日本人を生き返らせてくれるのか
それができねぇんだったらとぼけた事いってるんじゃねぇよ
佐高は朝鮮人だろうが シナ人だろうが どうでもいいんだよ
ようするに 日本人は一日も早く佐高が地獄に行ってほしいとねがってるんだよ たのむから死んでくれや」

臆面もなくテレビに顔を出す猪瀬直樹

この人たちは、いま、ようやく明らかになりつつある“石原慎太郎の犯罪”にはどう思っているのか?

豊洲移転が問題になっている築地市場は、そもそも、銀座の隣の築地市場を移転させて跡地を利権にしようと考えた奴らのもくろみが出発点だった。それで、東京ガスが市場には無理だと拒否するのを強引に説き伏せて、知事の石原と、のちに副知事にまでなる腹心の浜渦武生が移転を強行決定する。

そこで、冒頭の鹿島と石原の関係がクローズアップされるのである。

ちなみに、森喜朗とべったり、いや、森がべったりなのが大成建設だとか。

拙著では石原の「橋下徹と組み、猪瀬直樹を後継指名した罪」も追及したが、不思議でならないのは、徳洲会からの5000万円問題で都知事をやめ、公民権停止となった猪瀬が臆面もなくテレビに顔を出していることである。

公の席に顔を出せる身かと私などは思うが、猪瀬も石原と似た体質なのだろう。
(さたか まこと・評論家、2月3日号)