考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

安倍傀儡の岸田内閣から政権交代を実現するには

中島岳志|2021年10月28日3:22PM

中島 岳志(なかじま たけし)・東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授、本誌編集委員。(撮影/渡部睦美)

自民党総裁選で岸田文雄新総裁が誕生し、10月4日に新内閣が発足した。新内閣の顔ぶれは、安倍晋三元首相の意向が色濃く反映されたものだ。実質的な安倍政治が続く中で、野党は政権交代のヴィジョンをどう描けるのか。「もう一隻の船」を出すために、考える。

岸田文雄新総裁は、昨年出版した著書『岸田ビジョン 分断から協調へ』(2020年、講談社)の中で、アベノミクスを批判している。富裕層が潤えば低所得層に富が滴り落ちるというトリクルダウン理論を否定し、結果的に格差が拡大したと指摘している。「異次元の金融緩和」を進めた「黒田(東彦日銀総裁)バズーカ」は、思うように物価をあげられず、限界があったことを論じている。今回の自民党総裁選では、格差を是正し、中間層を分厚くすることを訴え、「新自由主義からの転換」をスローガンに掲げた。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版をアプリで読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ