考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

トランプ米大統領、コロナ感染逆手にとった巧妙な選挙戦術とは

先川信一郎|2020年10月23日7:34PM

ツイッター上の動画で自身の状況について語るトランプ米国大統領。(10月4日付=日本時間)

米国のトランプ大統領(74歳)が10月2日未明、「今夜、メラニアと私は(新型コロナウイルス感染症)検査で陽性と判定された。隔離と回復のプロセスをただちに開始する。私たちは、ともに乗り越える!」とツイートした。前日には、最側近のヒックス大統領顧問の陽性が判明していた。

米主要メディアは、この衝撃的なニュースであふれかえった。米国内では約742万人がコロナに感染し、死者は約21万人と世界最多だ。それでもトランプ氏は大規模集会を開き、最初のテレビ討論会(9月29日)で「マスクは必要な時につければいい」と言い放つなど、コロナ対策を軽視してきた。皮肉にも、それがブーメランのように自分に返ってきたわけだ。本選挙(11月3日)の行方は、大統領の容体次第となった。

「CNNテレビ」は10月2日、「米政府が直面した最も危機的な時だ。政治が激動する季節に、米国は新たな混乱に陥った」と速報した。3日には、医療関係者の話として「軍医療センターに入院したトランプ氏の症状は思ったより深刻」との見方を示した。

メドウズ大統領首席補佐官は当初、「大統領に軽い症状はでているが元気だ。迅速に回復すると楽観している」と強調したが、翌日には「非常に懸念される状況だった。回復に向けた明確な過程にはまだ入っていない」と述べ、容体が一時悪化していたことを認めた。

米大統領は国家元首であり、行政府の長、軍の最高司令官である。戦争遂行権限や法案への拒否権など、絶大な権力を持つ。CNNは「これは『コード・レッド(緊急事態発生)』だ。軍の最高司令官が隔離され、その職務を果たせない。現時点で政府は非常に脆弱だ」と危機感をあらわにした。

ホワイトハウスでは明らかにクラスターが発生していた。最高裁判事指名発表会(9月26日)には約200人が出席し、これまでに大統領とメラニア夫人、コンウェイ前大統領顧問、共和党のマイク・リー、トム・ティリス両上院議員、取材記者ら8人の感染がわかっている。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ