考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

強行成立から5年、国会前で「総がかり行動」集会 
「戦争法廃止、改憲許すな!」

和賀昼夢|2020年10月19日5:50PM

国会前集会であいさつする小田川義和さん(左)と菱山南帆子さん。(撮影/和賀昼夢)

9月19日、国会正門前で「戦争法強行からまる5年 戦争法は廃止!いのちをまもれ!改憲発議とめよう!9・19国会正門前行動」が「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」などの主催により行なわれた。

同委員会は安保法制の強行成立以来、毎月19日に国会議員会館前で「19日行動」を行なってきたが、今回は成立からまる5年とあって、行動場所を国会正門前に移動。奇しくも、安倍晋三首相の辞任直後の開催となった。

はじめに主催者から、憲法共同センターの小田川義和さんがあいさつ。安倍亜流の菅政権に終止符を打つ決意を述べた。

次に立憲野党各党から、社会民主党の福島みずほ党首、立憲民主党の辻元清美副代表、日本共産党の志位和夫委員長が登壇。ともに、安倍政権下での改憲を阻止したことを成果としつつ、敵基地攻撃論などの軍事力強化に警鐘を鳴らし、また5年前の安保法制成立に端を発する野党共闘の、この間の深化を確認し合った。

後半、市民の連帯あいさつでは「学者の会」の上西充子さん、辺野古埋め立て国会包囲実行委の木村辰彦さん、「ママの会」の町田ひろみさんが登壇した。国会パブリックビューイング、辺野古埋め立てへの意見書提出など、民主主義実現を図るためのさまざまな市民活動が紹介された。

最後に、憲法9条を壊すな!実行委員会の菱山南帆子さんによる行動提起が行なわれた。今後の日程紹介とともに、この5年間を「政治風土の変革を伴う闘いの日々であった」と総括していたのが、印象に残った。

行動にはソーシャルディスタンスを取りつつ約3500人の市民が参加。「ポスト安倍」とはいえ本質が何も変わらない政権の下、市民の願う平和志向の政治が実現するまで、この取り組みは粘り強く続けられていくことだろう。

(和賀昼夢・フリーライター、2020年10月2日号)

 

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ