考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

『国民国家と不気味なもの 日露戦後文学の〈うち〉なる他者像』他 書評 2020年5月22日(1281)号

2020年5月27日10:24AM

書評 2020年5月22日(1281)号
(画像をクリックするとアマゾンの詳細ページにジャンプします。)

【書評】コロナ禍にも通じる、フロイトの「不気味なもの」と日露戦争後の国家(高原 到)
『国民国家と不気味なもの 日露戦後文学の〈うち〉なる他者像』
堀井一摩=著
3800円+税

【書評】「コロナのせい」にしてはいけない安倍政権の責任(武田 砂鉄)
『令和日本の敗戦 虚構の経済と蹂躙の政治を暴く』
田崎基=著
860円+税

【書評】スマホの普及で変わる“写真”(永田 希)
『新写真論 スマホと顔』
大山顕=著
2400円+税

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ