考えるタネがここにある

週刊金曜日オンライン

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

【タグ】

年金受給を遅らせる政府の思惑

鷲尾香一|2019年12月30日12:00PM

政府は「全世代型社会保障」に向け年金制度の改正に着手した。柱は3つ。現在の公的年金制度は、受給開始年齢は原則65歳で、60~70歳の範囲で選択できる。受給開始を1カ月早めるごとに基準額から0.5%減額され、遅らせるごとに0.7%増加する仕組みとなっている。

柱の第1は、公的年金の受給開始年齢を75歳まで選択できるようにすること。もし、年金受給を75歳まで遅らせた場合は、1カ月あたりの年金額は最大で基準額の84%増になる。

第2は、年金を受給開始年齢の65歳より前倒しで受け取る場合の減額制度を見直す。現在は60~64歳で年金受給を開始すると、基準額から最大30%の減額となるが、これを24%に圧縮する。

第3は、在職老齢年金の見直し。在職老齢年金は、年金を受け取りながら仕事をして収入を得ると、年金支給額が減額される制度。

【タグ】

●この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • Hatena
  • google+
  • Line

電子版で読む

  • Download on the App Store
  • Google Playで手に入れよう

金曜日ちゃんねる

おすすめ書籍

書影

『週刊金曜日』2019年11月28日臨時増刊号

まるごと山本太郎 れいわ新選組

発売日:2019/11/28

定価:800円(税込)

書影

エシカルに暮らすための12条 地球市民として生きる知恵

古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)

発売日:2019/07/29

上へ